Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

韓国で働くことになったら?韓国と日本の働き方の違いを比較してみた

韓国での働き方

韓国でいざ働こうと思ったときに、学生向け情報はインターネットや雑誌など非常に多く、探すのも容易です。しかし、社会人向けの情報は意外に少ないようです。

そこで今回は、「実際に韓国で働くことになったら?比較!韓国と日本の働き方の違い」というテーマで、韓国で働こうと考えている方に参考にしていただきたい韓国就業関連情報についてご紹介します。

韓国企業の雰囲気を知りたい方はこちらの記事もあわせてどうぞ!

韓国は入社試験から実際に出社するまで本当にスピーディー

韓国は、大企業などが毎年定期的に行う「公開採用」をのぞき、面接から実際に出社するまでの期間が非常に短いのが特徴です。

もちろん企業によって差はありますが、多くの場合が採用決定後、1週間以内に出社できる人材を探していたりします。そのため、韓国で就職を考えているなら、現地で就職活動をする方が有利といえそうです。

韓国では、就職活動時に日本にはない自己紹介書を提出する必要があります。あわせて読んでおくと便利です。

韓国の給料は基本的に年俸制

韓国では、アルバイト以外は基本的に年俸制となっています。また、給与項目を見ると基本給以外に日本ではなかなか見られない「昼食代」という項目が含まれていることがよくあります。

「昼食代」といっても実費計算ではなく、毎月定額となっています。逆に日本ではよく見られる「交通費」を支給する企業は、韓国ではあまり見られません。

もちろん外勤など通勤以外の交通費は、ほとんどの場合、会社に別途請求できます。

韓国の祝日は何日間?

2016年基準、韓国の祝日は18日間、日本の祝日は、15日間となっています。韓国の方が日本よりお休みが多い?!

いえいえ、こことには落とし穴があります。日本は、「振替休日」がありますが、韓国は今のところありません。

そのため、年によっては祝日が土日に重なってしまうとせっかくの祝日もただの週末……となってしまいます。しかし今年は、一部を振替休日にする「臨時公休日」が登場。

今後、日本のように「振替休日」制度も導入することが検討されているそうです。ちなみに日本ではあまり見られなくなった「残った有給休暇の買取」ですが、韓国では、今でも多くの企業で行われています。

韓国企業の福利厚生はどうなってるの?

福利厚生の内訳は企業ごとに異なりますが、韓国も日本と同じく大きな企業は福利厚生がしっかりしています。

まず、会社の規模を問わず、韓国の4大保険と言われ、正社員や契約期間が1年を超える場合、加入するのが、国民年金、健康保険、雇用保険、産業災害保険となっています。

1年以上働く場合は下記の4つに加入

  1. 国民年金(外国人でも義務)
  2. 健康保険
  3. 雇用保険
  4. 産業災害保険

国民年金は、日本と同じく外国人の場合でも加入が義務化されています。大企業になると、子供の学費補助金、社員旅行、資格取得支援などを行っている企業が多いようです。

その他の福利厚生

  • 子供の学費補助金
  • 社員旅行
  • 資格取得支援

アルバイトは?

韓国にも日本と同じく「アルバイト」という就業形態があります。

韓国のアルバイト募集要項を見ると多くは、“がっちり”系。というのも時間や日数、期間が多め・長めのアルバイトが目立ちます。

<大手コンビニの求人広告一例>

  • 平日(月〜金)午後3時から10時:時給6,300ウォン(約557円)
  • 週末(金〜日)午後10時から午前8時:時給7,500ウォン(約645円)

ちなみに日本は、地方ごとに最低時給が異なりますが韓国は全国統一です。2016年韓国の最低時給は、6,030ウォン(約532円)となっています。

まとめ

基本は日本の会社システムと変わりませんが、少しずつ異なる部分がやはり多いようです。安心して働けるよう、事前にしっかり調べておくことをおすすめいたします。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

韓国での現地採用はどうなの?就職あれこれ(職種、職業、給与など)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

ページ上部へ戻る