Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

コンビニのみで生活可能!ベトナム・ホーチミンのコンビニ生活ガイド

ビール

ベトナム・ホーチミンでの生活を始めようと考えている人の多くは、ベトナム語は読めないししゃべれないからまずはベトナム語を勉強してそれから転職や留学を考えていると思います。

でも、実際には、ここ数年で日系の24時間営業のコンビニが多くなり、とりあえず生活を始めるにあたってはコンビニ生活からでも大丈夫なくらい増えつつあります。

そこで、今回はそんなホーチミン市内におけるコンビニ事情をご紹介します。


ホーチミン市内にはどんなコンビニがあるの?


ホーチミン市内は歩いているとよくコンビニを見かけます。その中でも多く見かけるのは、Coopfood(ベトナム系)、Circle K(アメリカ系)、Familymart(日系)です。

他にも幾つかあるようですが、最近は特にファミリーマートをよく見かけるようになりました。


コンビニではどんなものが売っているの?


基本的に日本のコンビニとほぼ品揃えは変わらないように思います。日本のコンビニの場合は携帯・スマホ関連の商品も多く見かけます。

しかし、そういう商品はホーチミン市内のコンビニでは多少あるお店もありますが、店によってはまったく取り扱っていないところもあります。


やっぱりベトナムのコンビニで買うと値段は高いの?


ざっと見た限り、特に他で買うのと比べて高いと感じるほどではなく、ビールや炭酸飲料も含め、それほど高いと感じる値段設定ではありません。近所の商店との価格差は単品で買うとほとんどないのではないでしょうか。

どうしても、スーパーでまとめて買うのと比べると少々高くなりますが、生活費を圧迫するほどではありません。ただ、どうしても日本から輸入されている商品は他の商品に比べて値段が高いので購入時は要注意です。


最近はミニストップがポケモンとコラボ


最近はミニストップもホーチミン市内への進出が激しくポケモンとコラボしたりしています。

日系のFamilyMartとミニストップはいずれも店内でカップラーメンにお湯を入れて食べることができるスペースが全店で確保されています。

また、ホーチミン1区は特にコンビニ激戦区となっており、後発のミニストップはお弁当の品揃えも他と比べて豊富です。


まとめ


いかがでしたか。

最近多く見かけるホーチミン市内のコンビニ・ファミリーマートは店内に飲食スペースもあり、フリーのWi-Fiもあるので、ベトナム人の人たちもカップラーメンを買ってお湯を入れて食べながら、スマホをいじっている人が沢山います。突然のスコールのときの雨宿りにも重宝しています。

ローカルの食堂での食事は言葉の壁があって不安という方も、まずはコンビニ生活からでもホーチミンなら新生活をスタートできますね。

あわせて読みたい

安全対策はどうするの?行く前に知っておきたいホーチミンの治安

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

ページ上部へ戻る