海外で出会う人々を笑顔にするたった一つの魔法の日本語

ありがとうを使うと笑顔になる

みなさん、突然ですが質問です。私が海外に行ったときに必ず使う日本語は何だと思いますか?

「こんにちは」「おいしい」「いただきます」ではありません。

それは「ありがとう」です。

今回は私が海外に旅へ出た時に「ありがとう」を必ず言う3つの理由をご紹介します。

私が海外で「ありがとう」と言う3つの理由

海外のスーパーやレストランに行ったときには、もちろん「thank you」も使います。

他にも中国では「谢谢」、韓国では「カムサハムニダ」、マレーシアでは「テリマカセ」などと現地の言葉を使用することも多いです。

では、なぜ私が海外で、しかも日本語で「ありがとう」を使うのでしょうか?

 

日本人が最も使いやすい言葉

ありがとうを使うと笑顔になる

日常的に日本人はコンビニでお茶を買ったときや友人からプレゼントをもらったときを思い出してみてください。

きっとあなたは無意識に「ありがとう」と言っていることでしょう。笑顔で「ありがとう」と言っているのです。

この笑顔で感謝することが大切なのです!

現地の言葉や英語で「thank you」と言うこともありますが、普段から使っていないため、日本語の「ありがとう」と同じように自然に笑顔で感謝の気持ちを伝えることが難しいです。

そこで笑顔で「ありがとう」と私たち日本人が日常的に使用していると言葉で感謝することで気持ちが伝わり、お互いがHappyな気持ちになれるのです!

 

「ありがとう」がcool!

ありがとうがcool

私が「ありがとう」と言うと、ほとんどの人が笑顔になったり「アリガトウゴザイマス」「コンニチハ」「トーキョー」とカタコトの日本語で返してくれるのです。

また、これがコミュニケーションのきっかけにもなり、一気に距離が縮まるチャンスにもなりえるのです。

私自身、旅行中笑顔で「ありがとう」と感謝したことで友人になり現地のローカル情報を教えていただいたり、すぐに顔を覚えてくれるようになりました。その後、食べ物や飲み物をサービスしてくれたことが何度もあります!

そして、世界各国、多くの国籍の方とコミュニケーションをとり、感じたことがあります。

「ありがとう」は誰もが笑顔になる世界共通の言葉であり、最もcoolな日本語なのです!

 

世界平和・国際交流につながる

ありがとうが世界を平和にする

最初はウソだと思うかもしれませんが、本当なのです!

「ありがとう」と言うことで、外国の方はあなたのことを日本人だと意識してくれます。これだけでも様々な効果を引き出すことができます。

具体的には突然、フレンドリーにコミュニケーションをとってくれる。ほかにも日本や東京のことに対して質問をしてくれるなどと興味を持ってくれることがほとんどです。

これは反日感情があると言われている中国でも同様に親切に接してくれるのです。

その結果。普段の生活の中で交流するチャンスのなかった国々のへのイメージが180度ガラリと変わります。そして、好印象を抱くことができ世界平和、国際交流にあなたが貢献できます!

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

まずは実践あるのみ!

あなたが日本にいても簡単に行動に移せますよ。訪日外国人や留学生、コンビニのスタッフなど街のあらゆるところに外国人がいるのです。

そのときにちょっと勇気をだして、ぜひ笑顔で「ありがとう」と言ってみてくださいね。

ここでできたら、次は実際に海外で挑戦してみましょう!

あなたが海外の方は想像している以上に笑顔でフレンドリーに接してくれますよ!

みなさん、一緒に海外で「ありがとう」と感謝して、簡単に世界平和、・国際交流を深めましょう!!

おすすめ記事▷

  1. プチ移住体験もできる?ゲストハウスでしか得られない7つのこと
  2. 旅の醍醐味は一人旅!女性の私が一人旅を進める3つの理由!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
松田一輝

松田一輝

投稿者プロフィール

2016年3月、國學院大學中国文学科卒業。 4月より首都圏で某大手旅行会社の旅行コンサルタントとして勤務。 過去に中国・天津(南开大学)に留学し、台北にて留学斡旋会社でインターンシップを経験。 夢は「多くの日本人を海外へ!世界平和を実現!!」

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. プライスアラートがヤバい!カンタンに格安航空券をゲットする方法
  2. インドで部屋探し
  3. 海外でインスタントラーメンを買おう
  4. ニュージーランドの治安
  5. ドゥルセ・デ・レチェ
ページ上部へ戻る