ネパールの食事は毎日カレー?ネパールの食文化のあれこれ

ネパールのカレー

旅行でも移住でも海外に行く時に楽しみな事はやはり、その国の料理ではないでしょうか?

ここネパールにもネパールならではの美味しいものが沢山あります。

そこで今日はネパールの食文化をご紹介します。

基本、毎日毎食がカレー!!

ネパールのカレー

ネパールの定番と言えば、ダルバート!簡単に言うとカレー定食です。

何種類かの野菜や肉のカレーにアチャールと言うネパールの漬物とご飯と、ダルスープと言う、豆のかけ汁のセットです。

ネパールの人はこれと一緒にモイという、甘くないヨーグルトに水をいれたヨーグルト水を飲みます。辛いものに良く合います。お腹にも良さそうですね。

このダルバート(カレー定食)、おかずのカレーの材料は変わるものの、毎食これを食べます。

そうなんです、ネパールの人達は、毎日・毎食・毎回カレーを食べているのです。

最初はビックリしましたが、日本食に味噌、醤油を使うようにネパールの調味料がマサラ(スパイス)なだけで同じような感覚かもしれませんね!

食に対してのタブーが多い

食事に対するタブーの多いネパール

ネパールでは食に対してのタブーがとても多いです。

まず、人が口にしたものは汚れているとされ、人が一度口にしたものは食べません。唯一平気なのは夫婦間のみです。

ペットボトルなどの口移しももちろんしないので、回し飲みの際は器用に口を付けないで飲みます。

その他、ヒンドゥー教徒がほとんどのネパールでは、牛は神様と同等な存在なので食べません。逆に豚は汚いイメージなので食べない人が多いです。

食べるお肉は、鳥肉か、たまに水牛。でもやはりネパールの人が一番好きなお肉はヤギの肉です。

様々なカースト(民族)が沢山あるので、カーストによっても食文化も違っているのでとても興味深いです。

ベジタリアンが多い

ネパールはベジタリアン

ネパールでは日本に比べると、毎日はお肉を食べないようです。肉を食べる頻度は一週間に数回あるかないか程度です。

ネパール人にはベジタリアンの人も多いようです。卵や玉ねぎ、ニンニクも食べない、ピュアベジタリアンの人も少なくはありません。

1番の理由は、やはり宗教的な理由で、生き物を殺してまでお肉を食べないという考え方によるものです。

ベジタリアンの人が多いので、お店に売られているものでベジタリアン専用の表記の商品もたくさんあります。

食事の際は、味付けがカレーなので、お肉なしの料理も種類が豊富で食べやすいです。ベジタリアンの人には優しい国ですね!

日本とは違う、ごはんを食べる時間帯

食事の時間帯

ネパールでの食事の時間帯は、日本とは少しずつちがいます。

  • 朝起きて、軽くチャイ(チャイとはミルクティーのこと)とビスケットやパンなどを食べる
  • 10時から11時位にガッツリ目に朝ごはん
  • 3時30分から5時位にカジャという軽食
  • 8時から9時位に夕飯
  • 食べたら割とすぐに就寝。

10時すぎには就寝するので、ネパール人の朝はとても早起きです。

また、3時ずぎに食べるカジャ(軽食)をオヤツの感覚で考えていましたが、結構ボリュームがあるのでたまにそのまま夕飯になってしまう事もよくあります。

日本とはごはんを食べる時間帯がちょっと違うのです。

お店での食事の値段は?

ネパールのレストラン

場所によっても様々ですが、ダルバートなら約200円から400円位で食べることができます。

しかも、ほとんどのお店でご飯やたまにおかずも食べ放題です。しかし、初めから山盛りなのでお代わりの必要もない位ボリューミーです。

本当にネパール人のお米の量はヒマラヤ級です。

ネパールの名物は何と言ってもモモ!

モモ

ネパールの名物はやはりこのモモです。

見た目は餃子か、小籠包のようですが、中身はカレー味です。これにトマトベースのチャットニーという、ピリ辛のソースを付けていただきます。

例えて言うならカレー味の餃子です。モモを食べた時、さすが!インドと中国の間にある国のだなと、思いました。

一皿10個入りで大体100円前後とリーズナブルです。

お店によって値段や味も少しずつ違うのでネパールにお越しの際は色々な店のモモを是非、食べ比べて見て下さいね!

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

初めの頃は、正直、毎日続くカレー風味がつらくて頭の中は常に、日本食でいっぱいでしたし、ベーカリーのパンやピザなど、辛くないものを求めていました。

しかし、今では慣れ、様々な美味しいものど出会えたことによりダルバートや様々なネパール料理を心から美味しい!と思えることが増えました。今では以前より日本食を思い出すことは無くなってきました。

移住して1年を過ぎた頃から食べ物の問題が大丈夫だと気づき、今後このネパールでの長い生活もやって行けると確信できました。

慣れてしまえば、どんな国の料理も美味しいものばかりですね!皆さんも海外にいく際は、世界中の美味しい食事をを是非ご堪能くださいね!

おすすめ記事▷

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
izumi

izumiライター

投稿者プロフィール

アパレルのデザイン会社でイラストレーター、デザイナーを経てフリーランスに。
ネパール人の旦那さんと国際結婚。子供には無理なく英語を覚えさせたいと思い、子供の学校入学のタイミングにネパールに移住。
現在、二児の母でもあり、ここネパールで異文化と自然に囲まれながらイラストレーター、デザイナーとして活動中。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 本のオブジェ
  2. ロンドン
  3. 事務員
  4. レストラン
  5. フランスで働く
  6. プーケット

おすすめ記事

  1. スーパーマーケットGiant(ジャイアント)
  2. 台湾の携帯電話とSIMカード
  3. 海外転職しようと思った時に、求人サイトに頼らないで仕事を探す3つの方法
  4. イギリスでカメラマン
  5. GAYANG Seafood Restaurant(ガヤンシーフードレストラン)
ページ上部へ戻る