日本の裏側の国の大定番といえばアルゼンチン?(前編)愛されるマテ茶

そもそもマテ茶って何?

こんにちは、Guanxi [グアンシー]編集部です。
 
日本でも数年前から、某ドリンク会社からマテ茶風のドリンクが発売されていますね。
なんだかウーロン茶に似ている?ような味の冷えた飲み物のイメージですが、本物は全然違うんです!
 
そもそもオーソドックスなマテ茶は温かい!今回はアルゼンチンを始め、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジルの南の一部地方で愛飲されている飲むサラダと言われるくらい栄養価の高い、本場の本物のマテ茶を紹介したいと思います。
 
 
▼目次
1、そもそもマテ茶って何?
2、国によっての飲み方が違うのがマテ茶の特徴
3、ボンビージャとポロンゴ?
4、マテ茶はみんなで分け合うもの
5、実はマテ茶は種類もいっぱい!
6、まとめ
 
 
▼後編はこちら
マテ茶、それは日本の裏側の国の大定番(後編)
 

▽ 1. そもそもマテ茶って何?


そもそもマテ茶って何?
出典:xn--ecki4eoz1277j
 
マテ茶は南米でも南の方の国、アルゼンチンを始め、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジルの南の一部地方で愛飲されているお茶で、飲むサラダと言われるくらい栄養価の高いお茶です。
 
日本ではパラグアイ産やブラジル産の茶葉が主に販売されていますが、インターネットショッピングでとても種類は少ないですがアルゼンチン産の茶葉も販売されています。
 
肉食文化のアルゼンチンの人が、脂肪分の高い食事をとっていても肥満体になりにくいのはマテ茶のおかげ!と言っても良いくらいダイエット効果があるお茶で、あの国際的大スター・マドンナも愛飲しているとか。
 
もちろんかのキューバ革命を成し遂げたあのチェ・ゲバラも、現ローマ法王フランシスコも、マラドーナもメッシもマテ茶が大好きです。
 

▽ 2. 国によっての飲み方が違うのがマテ茶の特徴


国によっての飲み方が違うのがマテ茶の特徴
出典:blogspot.com
 
国や地方によって、マテ茶も飲み方が違います。
 
アルゼンチン、ウルグアイは80度くらいのお湯で淹れて飲みますが、パラグアイやブラジルやアルゼンチンの北の暑い地域では氷水で淹れて飲むのが主流です。
 
氷水で淹れたマテ茶は’’テレレ’’と呼ばれ、オレンジの皮やレモンの皮、レモンの木の葉やフレッシュミント等で風味をつけて飲むのが主流です。
 
もちろんお湯で淹れたマテ茶も好みでオレンジの皮を入れたりもしますが、本当にたまにしかフレーバー付きマテ茶を飲むことはありません。どちらも共通しているのは、一人で飲むものではなく、家族や友人と回し飲みをすることです。
 

▽ 3. ボンビージャとポロンゴ?


ボンビージャとポロンゴ?マテ茶
出典:mercadolibre
 
マテ茶を飲む専用のストローをボンビージャ、伝統的な容器をポロンゴと言います。ボンビージャは鉄性のものが主流で、茶こしとストローが一体化しているもので、茶葉に浸して飲みます。
 
ひょうたんでできた容器をポロンゴと言いますが、最近は木製のカップやガラスの容器の物がありデザインも豊富にあります。
 

▽ 4. マテ茶はみんなで分け合うもの


マテ茶はみんなで分け合うもの
出典:misionesonline.
 
勿論一人で飲む人もいますが、マテ茶は家族やカップルや友人と分け合って飲むものです!
 
食事の後に、みんなでTVを見ながら、ティータイムに・・・。公園へマテ茶を持って行ってピクニック、仕事中に隣の席の同僚と(!)、アルゼンチンでは普通に見られる光景です。
 

▽ 5. 実はマテ茶は種類もいっぱい!


実はマテ茶は種類もいっぱい!
出典:ambito
 
スーパーに行くと目移りするくらい種類のあるマテ茶。最近はフレーバーのついたマテ茶も種類が豊富にあります。
 
個人的なお勧めはCBSE(セーベーセ)のノーマルか、Rosamonte(ロサモンテ)ですが、どれも美味しいんです!
 
インフレの影響で値段がどんどん上がっていますが・・・日本円にすると500gで200円くらいです。
 
お土産や、気軽に楽しみたいという方は、ティーパックタイプのものも販売されているのでお勧めです!
 

▽ 6. まとめ


いかがでしたか。
 
地球の裏の国の生活に欠かせないマテ茶。
 
最初は苦く感じるかもしれませんが、基本的にお砂糖を入れて飲む上に何度もお湯を足して飲むので、初心者の方には3杯目くらいが丁度いいかもしれません。
 
マテ茶に関して他にも色々注目したいことがあるので、後編へ続きます。
海外求人サイトGuanxi[グアンシー]
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. サントニーニョ教会
  2. フィリピンの育児
  3. ミャンマーの観光地
  4. セブ島で驚く
  5. カンボジアでSIMカードを買う
ページ上部へ戻る