海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

【国別保存版】海外転職するために必ず読んでおきたい情報まとめ

ビジネス

「海外で働く」「海外へ転職する」ことを一つの目標にしている日本人も増えてきました。

海外で活躍する日本人も数多くおり、「アジアで働く」「アメリカでキャリアアップする」「ヨーロッパ流の働き方をする」などなど選択肢の幅も広がってきています。

今回は、海外転職を考えている方に、最初に知っておきたい情報についてまとめていきます。

転職の5つのポイント

  • 海外への転職状況・特徴を知る
  • 海外転職のメリット・デメリットも知る
  • 英語を勉強し幅を広げる
  • 海外で働く自分をイメージする
  • 転職サイトを活用する

おすすめ転職サイト】

海外就職、海外転職、海外で働くに関する記事をまとめたページです。
はじめての海外就職への就活から海外で働くために必要なことなどを紹介しています。
海外就職・海外転職についての記事をもっと読む 海外への移住に関する記事を国ごとにまとめたページです。
ここから気になる国を探すと便利です。海外移住・生活についての記事をもっと読む

はじめての海外転職の進め方

初めての海外転職なら、わからないことがあるのは当然です。

海外就職・転職活動を進めるには5つのステップがあります。「在職中の方向け!効率的な海外転職活動の進め方マニュアル」では、初めての海外転職ができるようにステップごとに解説をしています。

全てをいっぺんに進めようとせずに1つずつ順番に進めていき、海外海外転職を成功させましょう。

  • ステップ1.転職サイトに登録し、求人を調べる
  • ステップ2.自己分析をする
  • ステップ3.自分のスキル・経験を確認する
  • ステップ4.興味のある国、会社、生活の様子を調べる
  • ステップ5.転職エージェントに詳細を詰めてもらう

年齢別のおすすめ海外転職サイト

海外への転職を考えた時には、国選びだけではなく、自分の年齢にあった転職サイトや転職エージェントを使うことが大切です。年齢によって求人数、職種、業種、ポジション、年収が異なってきます。

まずは自分の年齢にあった転職サイトに登録し、どんな仕事があるのか、どんな求人があるのかをチェックしてみましょう。

アジア就職・アジア転職

日本以外に在留する日本人の総数は、近年増え続けています。

その中で北米に次いで多いのが、アジアに在留する日本人。日本からの距離が比較的近いことや、国によっては文化が近いことなどもその理由として挙げられるのではないでしょうか。製造業、卸売業、外食産業など様々な企業の海外進出も目立ちますよね。

アジアは世界の中でも有数の経済成長を見せる地域。「これからはアジアだ!」といわれるようになって久しいですが、現在も変わらず日本人の活躍の場が多く、チャンスがたくさん転がっている魅力的な地域です。

現地採用とは

海外の日系企業や外資系企業に直接雇用されて働くのが現地採用です。

現地採用の魅力は、何といっても「海外で働きたい!」と思った時に、その夢を実現できる可能性が高いこと。日本から駐在員として海外へ赴任するのは狭き門ですし、希望の国へ赴任できるかどうかも会社の意向次第です。

現地採用であれば自分の希望する国で、希望する期間働ける可能性が高くなります。

ただし、海外駐在に比べれば給与面などで劣ることや、その後のキャリアを自分で切り開いていく必要があることは、あらかじめ考慮しておく必要があるでしょう。

今働いている会社に海外駐在のポストがない人や、あったとしても自分が選ばれるのはいつになるのかわからない、という人は現地採用で海外転職のチャンスを掴むのがおすすめです!

海外駐在員とは

日本の企業や外資系企業の日本法人に雇用され、海外拠点に赴任して働くのが海外駐在です。海外駐在員は待遇面で優れていることが大きな魅力。

住居費に加え海外赴任手当なども支給される場合が多いので、赴任先によっては日本より大きな住居で快適に暮らすことができ、非常に人気があります。

その一方で、赴任するタイミング、国、期間などは全て会社の意向次第。現地採用に比べると自由度が低くなることは否めません。

今在籍している会社に海外駐在のポストがあり、帰国後も同じ会社で働き続けたい、と考えている人は、海外駐在として海外で働くことをおすすめします。

アジア転職のメリット

「アジアで働くことは面白い!」メリットもデメリットもあるアジア転職についてご紹介しています。

海外での経験はかけがえのないものになるはずです。初めての海外転職はアジア転職が「基本」といっても過言ではないでしょう。新しい価値観や体験を通して成長できる環境があります。

韓国

韓国就職

日本のお隣の国、韓国。韓国転職のメリットの一つは「日本への帰国のしやすさ」です。

他の国と比べると地理的にも日本に近く、気持ち的な安心感がありますよね。そんな韓国は、現在のところ他のアジア各国に比べ好況とはいえません。

しかし、そのような状況でもチャンスはあります!

現在比較的求人が多く、良い待遇が期待できそうなのは、エンジニアなどの専門技術が必要なポジションです。そのほかには半導体や電子部品などのメーカーの求人や、日系企業の営業職、カスタマーサポート、日本語教師などにチャンスがありそうです。

韓国へ転職した場合、大企業でなければ待遇はそれほど良いとはいえません。とはいえ、贅沢をしなければ十分生活できるレベルのお給料を得ることができます。

勤務時間は9時〜18時が一般的ですが、祝日が日本より少ないこと、土曜日も午前中は出勤という会社が多いことから、日本より休みが少なく感じるかもしれません。また、有給も日本より少ない企業が多いです。

韓国向けのおすすめ転職サイト

中国

中国就職

世界一の人口を誇り、経済大国となった中国。在留邦人の数はアメリカに次いで世界第二位(香港・マカオ含む)です。中国で働く日本人は多いのです。

いま注目したいのは、武漢や成都など内陸部での求人。多くの企業が人件費の安さを求めて内陸部に拠点を移しているため、武漢や成都などの地域での求人が多く見られるようになっています。

上海などの沿岸部にこだわらず、内陸部へ目を向けることで中国転職のチャンスがぐっと広がります!

それから、上海・北京・深センなど日本人が多い地域では、不動産、コンサルタント、物流など日本人を対象にしたサービスを提供する会社の求人もまだまだあります。そのほかには日系企業の海外駐在員としての募集も見逃せません。高待遇な海外駐在員のポストも、見逃さないようにしましょう。

日系企業の現地採用で働く場合、お給料の相場は6,000元(約9万6,000円)〜2万元(32万円)ほど。技術職などであれば3万元(48万1,000円)という場合もあります。

住居費や食費で調整すれば、十分生活していける金額といってよいでしょう。社宅付きの企業を選べば、さらに節約することも可能です。

また、中国系企業でエンジニアなどの専門職では年収4,800万円という求人もあります。

おすすめ転職サイト

台湾

台湾就職

親日国として有名な台湾。日本から距離も近く、旅行で行ったことがあるという人も多いのではないでしょうか。治安もよく、食べ物が美味しい・人が親切・物価もそれほど高くないということから、日本人が過ごしやすい国であるといえます。

そんな台湾では日本企業の進出も活発なため、中国語ができなくても仕事を見つけることは可能です。

  • カスタマーサポート
  • 日本人や日系企業向けの営業
  • 日系企業での管理職・事務スタッフ
  • 技術者・エンジニア
  • 日本語教師

などが狙い目の職種です。日系企業では日本人専用のポジションを募集していることが多いので、見逃さないようにしましょう。

外国人が台湾で就労ビザをとって働く場合、最低賃金は月給47,941台湾元(日本円で約168,000円)と定められています。

また、勤務時間はだいたい8時半か9時〜17時半か18時というところが多いようです。残業する人が少ない文化なので、終業後の時間を有効に活用できそうですね。

おすすめ転職サイト

香港

香港就職

東東アジアの金融都市、香港。高層ビルとマンションが立ち並び、人も街もエネルギーに溢れています。コンパクトな国土は交通網が発達して移動に便利ですし、人も親切です。

そんな香港では昨今就労ビザ取得が難しくなり、今や日本語のみで仕事を探すのは難しいかもしれません。しかし、中国語や英語ができれば求人は見つかります。

日本人にしかできない仕事をする人や専門的スキルのある人であれば、就労ビザは問題なく取得できます。

業種としては

  • ホテル
  • 金融
  • 電子部品
  • 貿易
  • 商社
  • 飲食店

など。

職種としては

  • マネージャー(管理職)
  • エンジニア
  • カスタマーサービス
  • 営業
  • 事務・経理
  • 秘書
  • 通訳

などの求人を見つけることができるでしょう。

ごく一般的なオフィス事務の場合、お給料は1ヶ月HKD15,000〜17,000(約23万〜26万円)スタートという場合が多いようです。エンジニアやマネージャークラスはHKD50,000(76.6万円)を目指すこともできるでしょう。

おすすめ転職サイト

インド

インド就職

中国と双璧をなす巨大国家インド。経済発展が進み、GDPも順調に伸びてきています。文化の面では日本と異なる点が多いですが、そのようなところも含め、エネルギッシュで魅力的な国ですよね。

経済成長の著しいインドには毎年多くの日系企業が進出しています。

それに伴い、日本人の求人需要も高まっています。求人が多い業種は製造業、保険、物流など。職業では、エンジニア、営業、カスタマーサポート、マネージャー、技術者などです。

インドでは外国人を雇用するには年間2万5,000ドル(約275万円)を支払わなければならないことになっており、これは現地の日系企業にも当てはまります。

月給で言えば2,000ドル(約22万円)から、といったところです。住居にもよりますが、十分生活していける金額といえるでしょう。

おすすめ転職サイト

カンボジア

カンボジア就職

近年、高い経済成長率を誇るカンボジア。

輸出向け縫製業を中心とする製造業や、観光業を中心とするサービス業が経済成長の牽引役です。中国やタイの「プラス・ワン」生産拠点として、人件費の安いカンボジアへ進出する事例が増えているのです。

国連の人口予測では労働力人口が2070年まで増え続けると予想されているので、これからの発展も期待できますね。それに伴い、日本人の現地採用需要も高まってくるのではないでしょうか。

おすすめ転職サイト

シンガポール

シンガポール就職

アジアの中心地、シンガポール。

転職が一般的なので、転職を繰り返し、キャリアアップを狙うのが一般的です。多国籍国家な雰囲気でグローバルな仕事環境で働くことができます。

おすすめ転職サイト

タイ

タイ就職

ASEAN諸国の中でも、バンコクなどの都市部は発展している印象のあるタイ。アジアのデトロイトと呼ばれるほどの、自動車生産国です。経済的には比較的安定していると言えるでしょう。

今後は外国からの投資が周辺国へ分散する可能性もありますが、インフラが整い、暮らしやすいタイは日本人の移住先としても大人気!タイ語不問の転職先も多いので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ転職サイト

フィリピン

フィリピン就職

2012年以降の経済成長率はASEAN主要国の中でもトップクラス。明るい国民性、日本から近いこと、英語を話せる人が多いことなど、魅力がいっぱい詰まった国です。

お米の現物支給、衣類や医薬品代の補助、朝食や昼食の提供などユニークな福利厚生を各社が行なっています。あなたが働く会社にはどんな福利厚生があるか、楽しみですね。

おすすめ転職サイト

ベトナム

ベトナム就職

経済成長を続けるベトナムは、中国の「プラス・ワン」として外資系企業が続々と参入しています。全人口の64%が40歳未満(2014年の統計)ということもあり、これからも経済が発展していきそうな勢いのある国です。

英語やベトナム語ができなくても挑戦できる企業は多くあります。同じASEANでもタイヤマレーシア、シンガポールなどよりワーキングビザが取りやすいと言われているので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

おすすめ転職サイト

マレーシア

マレーシア就職

ASEAN諸国の中でも経済的に安定して成長し、発展しているマレーシア。それでいてシンガポールほど物価が高くないので、とても住みやすい国だといえます。

マレーシア語が話せなくても英語が話せれば仕事は問題ありませんし、コールセンターなどでは英語が話せなくても採用される場合があります。移住先として大人気のマレーシアで働いてみてはいかがでしょうか。

おすすめ転職サイト

インドネシア

東南アジアでも高い経済成長率を誇るインドネシアでは自動車産業も好調です。日本人に対するイメージもよく、親日の国と言えます。

日本の企業が約1500社も進出しており、現地採用としても海外駐在員としても働くチャンスがあります。

おすすめ転職サイト

北米就職・北米転職

アメリカ

自由の国アメリカ。広大な国土に様々な人種が集まり、世界でも経済・産業・エンタメなど多くの分野を牽引する存在です。

そんなアメリカで働くには、「私はこんなことができます」「こんな成果を出してきました」としっかりアピールすることが大切。日本人の勤勉で努力家なところが、アメリカでは強みになります!

おすすめ転職サイト

カナダ

カナダ就職

ロシアに続き、世界第二位の国土面積を誇るカナダ。多くの移民を受け入れてきたこの国は、多種多様な人種であふれています。また、第二言語としてフランス語が採用されており、ケベック州ではフランス語のみが公用語です。

英語力(ケベックではフランス語力)の他に、何らかのスキルや経験があれば就職の際に強みになります。まだスキルがないという人は、ボランティアやワーキングホリデーで経験を積み、人脈を得るのもアリですね。

おすすめ転職サイト

メキシコ

メキシコ就職

あなたはメキシコにどんなイメージをもっていますか?治安が悪いと思っている人もいるのではないでしょうか。でも、リスク管理をして危ない場所を避け、安定した仕事を得られればメキシコ生活を不安に思う必要はありません。

実は今、メキシコは日本企業の進出ブーム。通訳や事務などが人気ですが、その職種の経験があればより高く評価してもらえますので、まずは日本で経験を積むとよいでしょう。

おすすめ転職サイト

ヨーロッパ就職・ヨーロッパ転職

イギリス

イギリス就職

古い歴史をもち、ヨーロッパでも存在感を放つイギリス。最近はEU離脱を決めたことでも注目を集めていますね。

労働ビザの取得難易度は高いですが、有給消化率や病気休暇などの福利厚生が良いのは魅力的です。イギリス文化を受け入れ、proactive(=自ら進んで行動すること)であれば、イギリスで働く道が開けるでしょう!

おすすめ転職サイト

ドイツ

ドイツ就職

ヨーロッパでのビザ取得には難しそうなイメージがあるかもしれませんが、ドイツは他のヨーロッパ諸国と比べると、そこまで難しくないと言われています。

英語やドイツ語ができる人はどの都市でも仕事が探せますが、日本人向けの求人が多いのはデュッセルドルフやフランクフルトです。そのほかに、まずは職業訓練を受けるという方法もあります。

おすすめ転職サイト

フランス

2016年現在、日本の3倍以上の失業率となっているフランス。

フランス人でも職を見つけるのが困難な状況ですので、日本人の転職が難しいのも当然といえるかもしれません。フランスで働く日本人は料理人、旅行関係、研究者、芸術家、スポーツ選手など専門的な職業の人が多いのが現状です。

そんな中でフランスでの転職を勝ち取るには、まず言語を磨くことです。日系企業であっても同僚はフランス人なので、フランス語が少しでも多く話せるに越したことはありません。ちなみに、モロッコは格安でフランス語が学べるとあってフランス語の語学留学先として人気です。

バカンスの国であるフランスは有給休暇が多く、労働者の権利が守られており、オンとオフがきっちりしているのでプライベートを充実させることも可能です。フランスで働き、人生をもっと豊かなものにしませんか?

おすすめ転職サイト

オセアニア就職・オセアニア転職

ニュージーランド

映画のロケ地にもなるほどの美しい大自然が魅力のニュージーランド。移民を多く受け入れていて、日本人を含むアジア系の移民も一定数住んでいます。

ワークライフバランスが重視されている点は、働くにあたって嬉しいポイント。長時間残業はありませんし、長期休暇も取りやすい環境です。

おすすめ転職サイト

オーストラリア

オーストラリア就職

日本との時差がほとんどなく、親日家も多い国オーストラリア。都市での生活も大自然もどちらも楽しめて、ワークライフバランスも取りやすく、おすすめの国です。

物価が高いのが特徴ですが、同時に世界一最低賃金が高い国でもあります。日本人が多く働いているのは観光業で、職種はツアーガイドやドライバー、ヘルプデスクなどです。ウェディング関係や外食産業で活躍する日本人も少なくありません。

おすすめ転職サイト

海外へ転職するための資格

海外就職の資格

海外で働くためには経験があることが一番です。

しかし、資格を持っていれば役立つこともあるので、専門的な仕事をするなら資格についても一度考えてみると良いでしょう。

まとめ

今回は海外転職するための最初に知っておくべきことを紹介しました。初めての海外転職ではわからないことがたくさんあります。

とにかく情報を集めることが大切なのです。

新しい挑戦には常に苦労がつきものですが、自分の目標に向かってチャレンジしてみてくださいね!

海外転職をするには

海外の求人状況は日々変化しています。海外転職が気になっている人は、まずは転職サイトでどのような求人が出ているかを見てみましょう。

求人を見れば、求人職種や給与、待遇の傾向がつかめてきます。そうすると海外で働くあなたのイメージが具体的になるので、転職の成功率はぐっと高まりますよ!

以下は海外転職成功者の利用実績がある転職サイトです。待遇がしっかりしている求人が多いので、安心して求人を探せます。いずれも登録は3分程度、サイトの利用料は無料です。

今しかできない海外生活をあなたもはじめませんか?

登録したからといって、必ずしも転職する必要はありません。「海外転職が気になる」という人は、いい条件の求人やスカウトがないか、まずは気軽に探してみましょう!

海外転職を成功させ、人生をもっと面白くしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

ページ上部へ戻る