海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外在住歴10年の海外転職のプロが監修・運営しています。

オランダで個人事業主のビザを自力で取得方法~その②~

  • 公開日:
オランダの雑貨

前回は、日本出発前と在オランダ日本国大使館での書類申請についてお伝えさせて頂きました。

それらはビザ申請の中での最初の一歩です。ここまでは日本語も通じますし、長い時間待たされることもありません。しかし、今回からは、完全にオランダの機関とのやり取りになります。

インターネットでアポイントが取れるものから、電話でしかアポイントが取れず、しかも自動案内音声がオランダ語のものも。また、アポイントが1か月取れないなんてこともあるかもしれません!

それでは、外務省とオランダ移民局でのやり取りを確認していきましょう。

外務省でリーガリゼーション(認証)の申請と取得

在オランダ日本国大使館で二つの書類を出してもらったら、外務省に向かいましょう。

  • FAMILY REGISTER CERTIFICATIE(家族についての証明)
  • CERTIFICATE(個人についての証明)

外務省は、デン・ハーグ中央駅の目と鼻の先にあります。

外務省についたら、回転ドアを通って真っ直ぐ進みます。そうすると、番号札を取るところにスタッフさんがいるので、リーガリゼーションを申請したいと伝えれば番号を取ってくれます。

私のときは、balie(窓口)1~4のうち、1か2で呼ばれるということでしたので、窓口の前のイスに座って待ちました。10~15分くらいで呼ばれ、窓口で要件を伝えて在オランダ日本国大使館で受け取った二通の書類を提出します。

この時に、一通につき10ユーロ手数料が必要なので、あわせて20ユーロ支払います。支払い方法は、クレジットカードでも現金でも可能です。

支払いが終わると、また同じ番号を呼ぶので、それまで待っているように指示されます。20分後には呼ばれて、書類を受け取って終わりです。

このリーガリゼーションの申請は、郵送でもできるようですが、外務省に書類が到着してから2週間ほど時間がかかること、支払いが銀行送金であることから、住民番号を取得して、銀行口座を開設していないと難しいです。

直接出向いた方が早く済ませることができるでしょう。

オランダ移民局へのアポイント

次は、一時滞在許可のために、移民局とやり取りをする必要があります。ここからはアポイントが必要になります。今までのように、突然行っても対応してくれませんのでご注意ください。

私は一度、外務省の隣にあったデン・ハーグの移民局にアポイントなしで突撃しましたが一蹴されました。電話番号が書かれた紙を渡されて、「電話してアポイントを取ってください。」以上。

無駄に落ち込まないためにも、事前に、移民局に電話でアポイントを取りましょう!そのためには、携帯電話が必要ですので、それまでにプリペイド式のsimカードを手に入れることをおすすめします。

移民局へのアポイントは、忍耐との戦いです。10分ほどは余裕でつながらないでしょう。オランダは移民の受け入れに積極的で、移民局は忙しく電話がとっても混み合っています。その間、ひたすらオランダ語のアナウンスが流れるだけです。

電話では、アポイントを取りたい旨を伝えればよいのですが、私はオランダ語の自動音声の意味が全く分からなかったため、民泊でお世話になっているオーナーさんに電話をしてもらいました。

電話では、自分のフルネームのスペルと生年月日、携帯の電話番号、何のためのアポイントか確認されます。電話してくれたオーナーさんには「フォーマル」なアポイントかどうか確認されました。

相談ではなく、正式な申請なので、「フォーマル」なアポイントで依頼しました。アポイントが取れたら、確認のコードをもらえるので、それを控えておきます。

移民局は、オランダ全土にいくつかあります。

オランダ移民局のリスト

オランダ移民局のマップ

私の場合は、その時はロッテルダム周辺で民泊をしていたので、ロッテルダムの移民局に行きました。

営業時間はどこも9:00~16:00(月~金)です。宿泊している、あるいは住所に近い場所でアポイントを取るようにしましょう!

移民局ホームページ:https://ind.nl/

オランダ移民局での書類の申請

アポイントは非常に取りずらいため、遅刻は致命的です。電車やバスが遅れることは、よくあります。なので、少なくとも30分以上は前に到着できるように計画しておくといいです。

オランダ移民局

必要書類

  • パスポート原本
  • パスポートコピー(顔のページはカラー)

※コピーするのは記載のあるページとスタンプがあるページのみで大丈夫です。

  • VISA申請用紙(移民局のホームページから印刷)
  • 外務省でリーガリゼーションしてもらった書類2通
  • ビジネスプランを印刷したもの
  • 英文の残高証明書

ロッテルダムの移民局はロッテルダム中央駅から歩いて5分以内です。移民局に着いたら、受付でアポイントのときに伝えられたコードを伝えてパスポートを提示します。そうすると番号を渡されるので、自分の番号が呼ばれるのを待ちます。

これは、外務省でも移民局でも市役所でもそうですが、番号はディスプレイにわかりやすく表示されるので見逃すことはありません。ただ、結構な勢いでどんどん番号が流れていくので、注意して見ておきましょう!

自分の番号が呼ばれたら、その窓口へ行きます。前の人の申請状況で多少の遅れはありますが、前後しても10分ほどでしょう。私は、10分ほどアポイントの時間より遅れました。

窓口に行ったらパスポートを提示して、準備していた書類一式を提出します。担当者はわからないところがあれば質問してきますが、不備がなければ必要な書類をコピーしたりして15分ほどで書類の確認は終わります。

申請が終わると、次のステップについて教えてくれます。特に不備がなければ、5日~10日で移民局からの手紙が届くとのことでした。

そこに、「V-nummer」という番号が記載されているので、それをもとに次のアポイントをインターネット上で取ることができるとのことでした。

データを印刷できる場所

ここで、個人的に困ったのが書類の印刷です。私はオランダに来てからビジネスプランを作成したので、事前に印刷をしていませんでした。

移民局に書類を提出する際に、印刷したビジネスプランと申請書類が必要だったので、印刷機がどうしても必要でした。日本なら24時間コンビニに行けばどこでも簡単に印刷ができたので盲点でした。

オランダは、スーパーマーケットに印刷機があることが多いです。大手スーパーマーケットの「Albert Heijn」ならたいがいあります。ただ、駅構内にある様な「go to」と書かれている小型店舗にはないです。

他にも「PLUS」というスーパーマーケットでも見かけます。印刷機はリコーやキャノンなど日本のメーカーなので、使い方は大体日本と同じです。小銭が必要になるので、用意しておきましょう!

価格は、A4サイズで白黒1枚/10セント、カラーで1枚/50セントです。ちょっと日本より高いですね。ですが紙類が日本より高いことを考えれば納得の価格です。参考にしてみてくださいね。

移民局からの手紙受け取りとインターネットでのアポイント

手紙

私が移民局に行ったのは4月11日(水)でした。手紙が届いたのが、4月20日と21日に1通ずつで合計2通届きました。

一通目は、

  • 移民局で申請を受けた日にちの確認
  • いつまでにビザを出すかどうかの判断をできるように努めるというスケジュール感を示したもの

※ちなみに私の場合は、7月10日まででした。

二通目は、

  • ビザの申請料金について

※2018年4月21日時点では1336ユーロでした。(2018年5月以降は1325ユーロに変わっているようです。)

どちらの手紙にも「V-nummer」が記載されており、それをもとにインターネット上でアポイントを取ることができます。移民局のホームページから希望の移民局デスクを選択して、アポイントを取りましょう。

私は、4月24日にアポイントを取ることができました。また、この際に指紋採取のアポイントも取ることができます

ただ、書類申請の際に、指紋採取は一時滞在許可証受け取りの際に一緒にできると教えてもらっていたので、一応は予約しましたが、同じ4月24日が空いていなかったので、受け取りの際に聞いてみることにしました。

移民局でのステッカー受け取りと支払いと指紋採取

申請した時と同じように、移民局に着いたら受付でパスポートを提示して、名前を伝えると番号札をもらうことができます。

呼ばれるまで待って、窓口に行ってパスポートを渡します。そうすると一時滞在許可証のステッカーを貼ってもらう間に、違う窓口で支払いをするように指示されます。

ロッテルダムの場合は、1番と2番が支払い用の窓口でした。そこで、名前を伝えると支払いが可能です。クレジットカードでは支払いができないようなので、現金で支払いをしました。

支払いを済ませて、元の窓口に戻ると、パスポートに一時滞在許可証のステッカーが貼られています。最後に質問があるか聞かれるので、指紋採取をしたい旨を伝えると、大丈夫とのこと。違う窓口に案内されて、すぐに対応してくれました。

パスポートを提示すると、機械に向かって順番に指を置くように指示されます。指紋は、すべての指から採ります。続けて証明写真を撮ったら終わりです。ものの5分もあれば終了します。

インターネット上で予約が取れていなくても、一時滞在許可証受け取りの際にお願いすればすんなりできそうです。ただ、他のデスクではどうか分からないので、申請の際に確認しておくことをおすすめします。

なにはともあれ、これでステッカーを受け取った日から6か月間は滞在をすることができるようになります。その期間中は、シェンゲン協定締結国内なら自由に旅行もできるようです。また、日本への一時帰国も可能とのこと。

必要書類

  • パスポート原本
  • 1336ユーロ(現金で用意)

まとめ

一時滞在許可証が取れれば、6か月間の猶予があるので一安心です。しっかりと書類を用意してさえいれば難しくはありません。アポイントを取るのが一番大変かもしれません。

では、大切なポイントをおさらいしておきましょう!

ポイント!

  • アポイントの時間は遅れないように時間に余裕をもって行く
  • 携帯電話を手に入れておく
  • 移民局のアポイントはすぐに取れないと考えておくこと

つぎは、市役所で住民番号(BSN)の取得に行きましょう!それには家探しが必須になってきますので、これまでの期間に家探しに専念することをおすすめします!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る