海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

オランダの見どころ!がギュッと詰まったユトレヒトの魅力

  • 公開日:
  • 更新日:
ユトレヒトのタワー

ユトレヒトはオランダの第4の都市であり、規模は小さいながら商業が盛んな活気のある街です。しかし、昔ながらの景色を多く残しているため、落ち着いた雰囲気の美しい街並みです。

街には多くの見どころがありますが、規模は小さいため1日あれば歩いて観光できます。オランダ国内からは特急列車を使って短時間で移動できます。オランダ旅行の日程にユトレヒト観光を日帰りで設けることも難しくありません。

これから紹介するユトレヒトの魅力をぜひ知っていただき、ユトレヒトへ行ってみたいと感じてくだされば何より嬉しいです!

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

ユトレヒトってどんな街?

ユトレヒト

ユトレヒトへは電車で訪れる方が多いでしょう。ユトレヒト中央駅はモダンなショッピングセンターと一体化しており、オランダっ子の買い物先としても人気があり賑わいがあります

しかし駅を出て5分ほど歩くと、とたんに雰囲気が変わります。アウデグラフト川というユトレヒトの中心を流れる川があり、その周りには古い建物が並びます。

ユトレヒトの中心地には様々なお店が軒を連ねています。お店の建物自体はとても古く、商店街はレトロでヨーロピアンな雰囲気があります。しかし入っているのは流行りのファッションやコスメの店舗が多く、気軽に買い物を楽しむことができます。

ユトレヒトの歴史は古く、16世紀のオランダ独立戦争ではオランダの独立に向けての拠点となりました。今のオランダがあるのは、ユトレヒトという街の活躍があったからといっても過言ではないでしょう。

そのような歴史的背景を知ってからこの街を歩くと、一段と歴史の重みを感じることができます。

景色が美しいユトレヒトをお散歩

ユトレヒト

ユトレヒトの美しい街の景色に、アウデグラフト川は欠かすことができません。この川沿いを南に歩いていくと、ドム塔やドム教会のあるドム広場、ディック・ブルーナ・ハウスなどの見どころにたどり着くことができます。

古い建物で囲まれた石畳の道は、川の方から心地よい風が吹き、とても気持ちよく歩くことができます。私は、歩きながら気になったお店に入り、ショッピングを楽しみました。

ユトレヒトの水路

途中、ドム広場でドム塔をバックに写真を撮り、ドム教会の中を見学しました。ドム広場は街の人の憩いの場になっているようで、観光客だけでなく地元に住んでいるらしき人たちが飲み物を片手におしゃべりをしていました。

のどかな雰囲気のある場所なので、飲みものをテイクアウトして現地の人のようにドム広場で休憩するのもおすすめです。

ドム広場を満喫した後、私はドム広場に近いレストランで休憩を兼ねてランチをし、アウデグラフト川に沿って景色を見ながらディック・ブルーナ・ハウスへと向かいました。

街のシンボル、ドム塔はオランダ一の高さを誇る

ドム塔

1300年代に建築されたドム塔はオランダで一番高い塔であり、112mあります。比較的高い建物が少ないユトレヒトでは、街のどこにいてもこの塔が視界に入ります。

街のシンボルとして古くからそびえ立っているドム塔には強い存在感があり、つい見入ってしまうほどでした。建物のデザインも美しく高さがあるため写真映えします。ユトレヒトの旅の思い出写真の撮影スポットとしてもおすすめです。

ドム塔はガイド付きツアーに参加すれば、102mの地点まで歩いて登ることができます。せっかくの機会なので、眺めの良い場所からユトレヒトを一望してみてはいかがでしょうか?

基本情報

  • 住所:Domplein 21, 3512 JE Utrecht
  • 営業時間:11:00~16:00(その年や曜日、季節で変化あり。公式サイトで要確認!)
  • 公式サイト:https://www.domtoren.nl/nl/de-domtoren
  • 電話番号: +31 30 236 0010

休憩は川沿いのカフェがおすすめ

川沿い

アウデグラフト川は地面から4~5メートルほど下を流れる川なのですが、ところどころ階段があり水面の近くまで降りることができます。その水面に面したところにカフェが多く見られます。

川のぎりぎりのところにも椅子が置かれているので、川の真横でせせらぎを聞きながらランチをしたりお茶をしたりできます。昼間でもロマンティックな雰囲気があり、多くのカップルが2人の時間を過ごしていました。

私も散歩の休憩も兼ねてお店に入ってみました。そしてロマンティックでオシャレな雰囲気と川と木々の美しさをたくさん写真に収めました。

珍しいロケーションのカフェなので特別感があります。これぞ海外のオシャレカフェ!というような画になるので、素敵な旅のみやげ話になるでしょう。

街にはミッフィーがたくさん

ミッフィー

ユトレヒトは、世界的に有名なキャラクターである「ミッフィー」で知られる街です。作者であるディック・ブルーナの出身地がユトレヒトなのです。

日本人でユトレヒトという街を知っている方は、おそらくミッフィー関連の情報からこの街を知ったのではないでしょうか。

ミッフィーは日本でも人気のあるキャラクターであり、ブルーナのファンの方も多いので、日本人の観光客も珍しくないようです。

ユトレヒトの街を歩いていると、たくさんのミッフィーに出会うことができます。ミッフィーの大きな像があるのですが、それはかわいいたたずまいで、何枚も何枚も写真を撮ってしまいました。

どんなミッフィーに出会うことができるの?

ユトレヒト中央駅から徒歩8分の所にあるナインチェ広場には、彫刻家であるブルーナの次男マルクが作ったミッフィーの鉄製の像があり有名です。

ナインチェ広場の看板にもミッフィーが描かれています。シンプルな看板ではありますが、広場はこぢんまりしているため注目しやすくわかりやすいです。

基本情報

  • 名前:Nijntje pleintje(ナインチェ広場)
  • 住所:1e Achterstraat 1,3512 VL Utrecht

世界で一つしか存在しないミッフィーの信号機もあります。「デ・バイエルンコフ」というデパートの前にある信号機のライト部分がミッフィーになっているのです。青く光るミッフィーも赤く光るミッフィーもどちらも見ておきましょう。

かわいいのは信号機だけではありません。そのミッフィー信号がある横断歩道は、白黒ではなくカラフルな色が使われています。ブルーナ作品のイメージのあるオレンジや緑・青といった様々な色が使われているのです。

こんなにかわいくて注目を浴びる横断歩道と信号は、きっと世界でここだけでしょう。他ではお目にかかれないので、お散歩がてら見に行ってみてください!

基本情報

  • 名前:de Bijenkorf Utrecht(デ・バイエルンコフデパート)
  • 住所:St Jacobsstraat 1A, 3511BR Utrecht

ディック・ブルーナ・ハウスに行ってみよう

ディック・ブルーナ・ハウス

ディック・ブルーナ・ハウスはミッフィーの美術館です。建物は1階と2階に分かれています。

建物の中はどのようになっているの?

ミッフィー関連物の展示ブース

1階は子どもが楽しめるような工夫が多く施されているミッフィー関連物の展示ブースとなっています。読書室ではオーディオシステムによる絵本の読み聞かせがあり、きっと子どもたちは喜ぶことでしょう。

グッズ販売のコーナーも1階にあります。絵本や絵葉書はもちろん、食器や衣服、日常で使える雑貨類も売られています。本当にどれもかわいいものばかりで目移りしてしまいます。

かわいらしい色使いの小物たちは、インテリアのアクセントになりそうなものも多いので、子どもだけでなく大人にも魅力的です。

日本ではなかなかお目にかかれないグッズもあるので、ミッフィーファンの方にはたまらなく嬉しいショッピングとなるでしょう。

ディック・ブルーナ

2階はディック・ブルーナについての紹介が主です。ブルーナのアーティストとしての感性を感じることができます。ミッフィー以外のブルーナの作品のほか、ブルーナの創作風景や貴重な原画も展示されています。

行けばもっとミッフィーが、ブルーナの作品が好きになること間違いなしです。ディック・ブルーナの魅力をたくさん発掘できる美術館です。

ディック・ブルーナ・ハウスへの行き方

ユトレヒト中央駅から徒歩20分の場所にあります。少し距離がありますが、ユトレヒトの美しい街を楽しみながら歩けばあっという間に到着します。道のりは単純で、ヨーロピアンで綺麗な通りを歩くため、徒歩での移動をおすすめします。

ディック・ブルーナ・ハウスへ行く予定がある方は、開館時間が10:00~17:00と少し短めであることと、定休日が毎週月曜日であることにご注意ください!

基本情報

  • 名前:Dick Bruna Huis
  • 住所: Agnietenstraat 2, 3512 XB Utrecht
  • 電話番号:+31 30 236 2399
  • 公式サイト:https://nijntjemuseum.nl/

オランダの首都アムステルダムからユトレヒトへ行くには?

鉄道

オランダ旅行をされる方は、旅の拠点がオランダの首都アムステルダムである場合が多いと思います。アムステルダムからユトレヒトまでは「IC」というヨーロッパの新幹線のような特急列車で移動することができます。

所要時間

所要時間は30分程度なので、アムステルダムからの日帰り旅行も十分可能です。アムステルダム中央駅はとても多くの人で賑わっており、多くの観光客と地元の人々の交通の拠点となります。

駅の中には券売機がありますが、券売機での購入に不安がある方はスタッフのいるチケット窓口で購入されると良いです。

スタッフは観光客に慣れている方がほとんどなので、「日帰りでユトレヒトに行きたい」と伝えることができれば、時間と座席を選ばせてくれます。

ICは全席指定です。チケットをよく確認して座席番号を把握しておきましょう。

ヨーロッパでは、電車が駅に着く直前に到着ホームが急に変更になることが度々あります。電車を待つホームにきちんと乗りたい電車が来るかどうか、こまめに電光掲示板を見て確認してください!

遅延もよくあるトラブルです。英語で放送もありますが電光掲示板にも表記されるので、時間もよくチェックしましょう。

まとめ

ミッフィーが好きな方にとって、ユトレヒトは訪れるべき旅行地と言えるでしょう。その魅力に触れてきっとさらにミッフィーが大好きになります。

そうでない方も、ぜひのどかで美しい景色を堪能しに訪れてみてください!ショッピングも楽しめる街なので、ヨーロッパの大都市ではなくあえて小さなユトレヒトでじっくりと買い物を楽しむのも良いですね。

小さな街ユトレヒトにはたくさんの魅力が詰まっています。オランダを訪れた際はぜひユトレヒトまで足を運んでみてください!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

海外移住・生活のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. シティ
  2. 楽天カード
  3. 旅行バッグ
  4. 海外就職求人サイト
  5. リクルートエージェント
ページ上部へ戻る