海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

滞在してわかったアムステルダムの魅力と文化の違い

  • 公開日:
アムステルダム

将来はオランダに住みたい!そう思いながら何度か足を運んでいるアムステルダム。海に丸太をたくさん埋めて人の手によって造られた歴史があります。

海面より低い位置にあるといわれる地形は山がなく平坦で、自転車に乗って走るのにぴったり。石畳の道やどこまでも続く運河は、別世界に来たように感じることができます。

今回はそんなアムステルダムの魅力と、滞在してみて感じた文化の違いをご紹介します。

アムステルダムは自転車大国!

自転車

平坦な地形を生かし、自転車に乗っている人がとても多いアムステルダム。街の中心部では駐輪場の確保ができず、運河の上にボートで駐輪場を作ってしまうほど。

中でもたくさんの人が利用するアムステルダムの中央駅では、2階建ての駐輪場があり、さらに2段に分かれた駐輪スペースがずらりと並んでいます。

アムステルダムでは、自転車の盗難防止のため、自転車自体がとても重くつくられています。防犯用のチェーンキーも、日本のプロレスラ―が首に巻いているような太くて重いものが主流です。

上り坂がないのは楽ですが、日本の軽くて漕ぎやすい自転車が恋しくなります。自転車専用レーンもあって走りやすいですが、原付バイクもこのレーンを使用することができるので、注意が必要です。

アムステルダムは建物が傾いている?

アムステルダム

アムステルダムといえば運河沿いに家が建ち並び、家の上部にフックがついているのが印象的ですよね。古い建物がそのまま使用されており、前に倒れてきそうに傾いている建物もあります。

「どうしてこんなに傾いているのに直さないの?」とオランダ人に聞いても、「古いから傾いてきてるけど仕方ないね」という返答しか返ってきませんでした。でも実は、アムステルダムに住んでいた先人の知恵だったのです。

貿易産業が盛んだったアムステルダムでは、運河を利用して物資を倉庫に運び込んでいました。ですが、家の幅によって税金が課せられていたため間口が小さい建物が多く、物を上層階に運び込むのが難しかったのです。

そんな時、家についているフックを利用するのですが、家を少し傾けて設計することによって、物資が家にぶつからずに済むような工夫がされています。

アムステルダム在住者はみんな身長が高い?

アムステルダム

インドネシアやスリナムを植民地にしていたオランダには、インドネシア人やスリナム人も多く住んでいて、移民や難民が多く住む街でもあります。そのため、全員が欧米人のように身長が高いわけではありません

ただ、欧米人が今も過半数を占めているためか、トイレの便器が高い位置にあったり、カバンを掛けるフックが背伸びをしないと届かない位置にあります。私の身長は160cmあるのですが、なんだか子供に戻った気分です。

自転車も彼らに合わせてサドルがとても高く、止まるときは足が地面につかないので「となりのトトロ」に出てくるカンタ君が大人の自転車に乗っているような感じになります。

オランダの自転車は後ろ向きにペダルを漕ぐとブレーキがかかる仕組みになっている自転車が多く、漕ぎ出しやすい位置にペダルをもってくるのに苦労します。

オランダのホームドクターって?

アムステルダム

オランダでは基本的にどれだけ具合が悪くても病院には行かずに、最初はホームドクターに診てもらいます。ホームドクターは内科、皮膚科、耳鼻科など日本では細かく分類されている所を1つの診療所で診てもらえるようになっています。

オランダでは小さい頃から家族でお世話になるのが主流なので、親戚の人に会ったような感覚で「大きくなったね!」「久しぶりだね。君の家族は元気かい?」という会話を交わされることも多く、フレンドリーです。

具合が悪いなと思ったら、まずホームドクターのところに電話をかけて病状を説明し予約を取ります。予約が埋まっていて、病状がそこまで深刻でないと判断された場合は予約が取りにくいことがあります。

病院で詳しく検査した方がいいと判断されると、紹介状を書いてくれるので、この時はじめて病院に行きます。

アムステルダムは英語が通じるのか?

電車

ヨーロッパの中でもオランダは英語が通じる事でも有名です。私は見た目でオランダ人ではないと判断されているようで、街を歩いていても英語で話しかけられます。

お店などで働いているオランダに移住して来た人はオランダ語を話すことができない人が多く、「オランダ語が話せなくても仕事は見つかるかな?」と聞くと、決まって「英語が話せたら十分だよ」という心強い言葉が返ってきます。

そんなオランダですが、バスのアナウンスや交通標記はオランダ語のみです。英語の本のみを扱っている本屋さんはありますが、アムステルダムで一番大きな図書館でもオランダ語の本しかありません。

また、薬のパッケージもオランダ表記しかないので買うたびにメモをして箱に貼るようにしています。

まとめ

オランダの大都市アムステルダムは世界各国からやってくる観光客で賑わっていますが、実際に数か月滞在してみたところ、そこで暮らしている人たちは日本と比べると時間に追われていない生活を送っているように感じました。

英語しか話せないので、すこし不自由なところはありますが、移民が多い街なので同じような境遇の人と出会うことができ、たくさんの学びと力をもらえる街です。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Micheal

投稿者プロフィール

フリーランスイラストレーター。芸術や古い建物やその背景にある歴史が好きです。ニュージーランドへ語学留学、オーストラリア、カナダでワーキングホリデー生活経験あり、旅行として訪れた国は17か国。現在はオランダに移住予定。

海外移住・生活のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 旅行バッグ
  2. 海外就職求人サイト
  3. リクルートエージェント
  4. グッドポイント診断
  5. シティ
ページ上部へ戻る