荷物が出てこない!フランスでロストバゲージになったらどうするの?

フランスでロストバゲージ

特にトランジットして来られる方に、極たまに訪れてしまう悲劇、ロストバゲージ……。

だいたい聞かれることを解っていれば、ロストバゲージになってしまった時の不安も少し和らぐのではないでしょうか?

今回は、フランスで初めてロストバゲージになった時の対応をまとめたいと思います。

ロストバゲージになった経緯

今回は私の母がパリに来た時に母のスーツケースがロストバゲージになりました。母はフランス語も英語も話せないながら、近くの係員を呼び、一旦到着ロビー迄、係の方とやってきました。

「もう他の人は出て来たのに、どうして出てこないのかな」と不安に思ってた矢先の出来事……。

不安そうな母と目が合い、次に係の人を見ると、その方がすかさず、「Bonjour」と話しかけてきました。

続けて、「あなたのお母さんのスーツケースは今モスクワにあります」と……。

”うっそ〜……”と思いながらも「まず、お母さんのスーツケースを探すので、こちらの紙に一緒に記入してください」とのことでした。

ロストバゲージを出来るだけさける為には?

荷物

なるべくロストバゲージは避けたいですよね!今回は母の荷物がロストバゲージになってしまった原因も盛り込みながら、ならない為のポイントを紹介したいと思います。

今回私は母にモバイルバッテリーを持って来てとお願いしていました。母はそのバッテリーをスーツケースの中に入れていた為に荷物チェックの後呼び出されて、バッテリーを機内手荷物に入れるように言われました。

そして今回は直行便ではなく経由便、ということで母のスーツケースはバッテリーを抜いた後、最後の方に飛行機に積み込まれ、みんなと同じ場所に置いてなかったようで、モスクワに取り残されてしまったのです。

なので、飛行機に荷物を預ける際に本当にスーツケースの中にいれても良い物なのか、特に経由便の方は注意して下さい。

そして、他のスーツケースと混ざらないようにシールを貼ってみたり、いらない布を巻いてみたり、とにかく目立つように工夫して下さい。

ロストバゲージになってしまったら

まさか自分の荷物が出てこない日がくるなんて……。

とりあえず全ての荷物が出てくるのを確認して、出てこない場合は速やかに近くの係の方にお願いして下さい。そんなとき使える簡単なフランス語をご紹介致します。Bonjourもしくは夜の場合はBonsoirと話しかけましょう。

・私の荷物が見つからないので、確認してもらえませんか?

Je ne retrouve pas mes bagages, pourriez vous vérifier s’il vous plaît?(ジュヌ フトローブ パ メ バガージュ プリエ ブ ヴェリフィエ シルブプレ?)

もし発音が解らなかったら、この文だけ見せて下さい、係の人はすぐに状況を解ってくれます。

最初は本当にスーツケースがないのか再確認をされるので、一緒に本当に出てこないのか確認してください。

その後出てこなかった場合には、係の方と書類を作っていきます。その項目は次に詳しく紹介させて頂きますね。

ロストバゲージ用の書類を作ってもらう

書類作成

スーツケースを探して貰う為に書類を作ります。その為にまず最初に書くのは、日本の現住所、パリでの宿泊先、そして何日間の滞在かを記していきます。

その後細かく聞かれる項目は、バックに何か目印はついているのか?何色で、固いスーツケースかそれとも布製なのか?です。

その為にもスーツケースに目印と名前のついたカードがついていると良いと思います。

その書類を元に、正式な書類を作ってくれます。

そこには、名前とReference numerが書いてあります。これはお問い合わせ番号です。

その後説明書きとして、私の母はアエロフロートでしたので、アエロフロートは最前を尽くして貴方のスーツケースを見つけますと書いてあります。

係の人の話では翌日にスーツケースを届けてくれるそうです。ただ荷物を受け取る迄は安心できません!この紙大切に保管して下さいね。

とにかく確認すること

次の日に、絶対にスーツケースのお問い合わせを午前中に電話でするように言われ、一回電話しました。ホテルに泊られる方はここは、ホテルの方にお願いされると良いと思います。今回は自宅のため、私が問い合わせしました。

「昨日スーツケースが受け取れなかったので、詳細知りたいのですが」と聞いた所「今スーツケースはパリに着いていますが、届ける詳細についての会議を開いてから、時間等またご連絡します」とのこと。

「会議……。」と心の中で思いながら電話を切りました。

会議しなくて良いから、すぐにスーツケースを届けて欲しいのに……。と思いながら、数時間、一向に電話がきません。再度電話すると、今日届けてくれるとの事、少し安心です。

その後配達の人から電話があり「今日の5時から8時の間に行くけどいいかな?」との事、「もちろん」と答え母と二人、家で待機……。

するも8時過ぎても来ず、不安が募る中9時頃にまた電話が、「今下にいます」との事、1時間遅いじゃん!待ちくたびれたし、と思いながらも、無事にスーツケースを受け取れました。受け取った際の安心感といったら言い表せません。

ということで、ここはフランス、自分から「いまどうなったの?」と聞かなければならないのです。とにかく問い合わせる!のが大事なんですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、フランスでもしロストバゲージにあったらを、私の体験を含めて紹介させて頂きました。

これも旅のハプニング、重い荷物を自宅迄運んでくれるんだから、ラッキーくらいにに楽しめれば、少し気も楽になりますが、やはり受け取る迄は不安ですよね。

でも、もしスーツケースが出てこなくても、一連の流れはこのような感じです。この記事が皆様の参考に少しでもなれば幸いです。

海外求人

【採用担当者の方へ】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

フランス人ってどんな感じ? 移住して感じた魅力と驚き6つ

フランスで携帯電話を快適に!SIMカードを契約(購入方法・必要書類)

フランスでワーホリ、思いがけないパリでの歯科治療体験

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 青島54広場
  2. イギリス
  3. ミャンマー語
  4. サウナ
  5. ディズニーランドパリ
  6. 台湾でのワーホリ

おすすめ記事

  1. 中国大連
  2. 多国籍の友人
  3. ドイツ就職
  4. 韓国人との国際結婚
  5. アルゼンチンの国籍別のお仕事の特徴
ページ上部へ戻る