海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外在住歴10年の海外転職のプロが監修・運営しています。

フランス・パリの電源Wi-Fiスペース!「Unicorners」をご紹介

  • 公開日:
  • 更新日:
コワーキングスペース

仕事に趣味に、ノートパソコンやタブレット端末は今や欠かせない存在です。こういった普段使えて当たり前のものが、海外で電源やWi-Fiの問題で突然使えなくなると焦ってしまいますよね。

また、仕事の作業があるけれど、せっかく海外に来たのにホテルにこもって過ごす時間がもったいない……ということも。

今回は、そんなパリへ出張のある方や、世界中を移動しながらお仕事されているノマドワーカーの方、はたまた観光で来たもののホテルのWi-Fiが弱くて調べ物ができず困っているという方に、ぜひおすすめしたいコワーキングスペース「Unicorners(ユニコーナーズ)」をご紹介します。

持って行くべきもの

日本で使っている電子機器をフランスのコンセントに接続する場合には、基本的に下記の2つが必要です。出国前に用意しておきましょう。

  • 変圧器(コンバーター)

日本の電圧は100/200V、周波数は50/60HZ、フランスの電圧は220V、周波数は50HZです。

フランスのコンセントには日本より高い電圧の電気が通っているため、電圧を変換せずに電子機器をコンセントに差し込むと機材が壊れてしまったり、火災になったりしてしまうことがあり、とても危険です。

ただし、海外対応になっているパソコンやデジカメなどは変圧器が必要ないこともあるので、事前に自分の機材の対応情報を確認しておきましょう。

  • 変換プラグ

日本のプラグはAタイプ(2本ピン)、フランスのプラグはCタイプ(2本ピン)またはSEタイプ(3本ピン)です。また、トイレやドリンクを取りに行く時など、席を立つ際に貴重品を入れ持ち歩く小さなバッグなどもあると便利です。

これらを用意できたら、あとは自分のノートパソコンやタブレット端末を持って準備完了です。早速行ってみましょう。

コワーキングスペース「Unicorners(ユニコーナーズ)」おすすめポイント6つ

おすすめポイントその1:立地

パリ中心地にほど近い、3区にあります。芸術文化施設「ポンピドゥセンター」という目立つ建物のある大通り沿いにあり、観光や仕事で来る方にもアクセスしやすいエリアです。

細い路地などに入らずアクセスできるので、道に迷うのが心配な方や、治安の面で気を使う女性一人旅の方も安心して行くことができます。

おすすめポイントその2:雰囲気

デスク

豚の置物

白を基調とした外観や内装は、清潔感たっぷり。若者から年配の方まで幅広い年齢層の利用者がおり、落ち着いた雰囲気です。

また、大通り側は大きなガラス面になっているので閉塞感はなく、街の風景を楽しみながら作業をすることができます。

スペース名になっている「ユニコーン」が、ロゴや店内の小物としていたるところにあり、その統一されたブランドの中にあるゆるさが、居心地の良い空間をさらに演出しています。

おすすめポイントその3:英語OKの親切なスタッフ

ショップのスタッフさんは基本的に英語が通じます。また、コワーキングスペースらしい自由でオープンなマインドを持ったスタッフの方ばかりで、初めての訪問で多少手間取っていても、話に耳を傾けてくれる印象でした。

“お客様”扱いというよりも、対等に迎え入れてくれる温かさと安心感がある場所です。

おすすめポイントその4:予約・登録なしで即利用OK

利用のために事前に電話やネットで予約をする必要はありません。また、受付でカードを作ったり、名前や住所を書いたりするような登録の手間は一切ありません。

初めて行く方も、受付で利用を希望すると即作業に入ることができます。

おすすめポイントその5:手頃な料金設定

利用料金がシンプルで手頃なのも嬉しいところです。最初の1時間は5ユーロ、それを過ぎると15分ごとに1ユーロずつ加算されていきます。

1日中利用する場合は20ユーロです。5時間以上利用する場合は、1日利用にしておいた方がお得です。さらに、学生さんや就活中の方は15%割引がされます。

他にも、フリーランスオフィスとして毎日使いた方向けには7日で85ユーロ、30日で285ユーロで利用できるようになっていたり、ノマドとしてあらゆる場所で仕事されている方向けには6ヶ月間有効な10日分のチケットが170ユーロ、40日分のチケットが570ユーロで購入できます。

おすすめポイントその6:無料フード&ドリンク

フードエリア

棚

受付のあるカウンター横には無料のスナックやちょっとしたパン、飲み物が用意されていて、自由に取ることができます。有料のフードやドリンクも用意されているので、追加で注文することもできます。

コーヒー類は、エスプレッソが2ユーロ、カプチーノが4ユーロです。またフード類では、タルトが3.5ユーロ、大きめのサラダやスープが7ユーロで注文できます。

まとめ

今回は予約なしですぐに利用できるオープンスペースを紹介しましたが、会議室など他の設備もあるので、大人数で利用される場合などにはこちらを検討されることをお勧めします。

その場合は、電話やメールでの予約が必要です。

パリで電源Wi-Fiスペースがすぐに必要なときは、ぜひコワーキングスペース「Unicorners(ユニコーナーズ)」で電源を確保しながら、素敵な居心地の良い時間も楽しんできてくださいね。

基本情報

  • 名称:Unicorners
  • 住所:67 rue Beaubourg – 75003 PARIS(3区)
  • アクセス: [地下鉄] 3番線・11番線 Arts & Metiers駅 11番線 Rambuteau – Ligne駅 4番線 Etienne Marcel駅 [バス] 29番・38番・47番・75番 Grenier Saint-Lazare / Quartier de L’horloge 下車
  • 営業時間: 月〜金 : 9h00 – 20h00 土日祝: 10h00 – 19h00
  • 電話番号:01 40 24 03 76
  • メール:mailto:contact@unicorners.fr
  • 公式サイト:http://www.unicorners.fr/

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

フランスで働くには?フランスでの日本人の就職方法や仕事・求人の探し方

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る