海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

安全な旅のために。フランスで気を付けたい犯罪と対策

  • 公開日:
  • 更新日:
フランス

世界に出て行く日本人が痛感することの一つに、いわゆる「平和ボケ」があると思います。治安の良い日本から海外に出てはじめて、いかに日本が平和かということに気付くのです。

多くの日本人が訪れるフランスでも、安全面の用心は怠ることができません。お金がありガードがゆるいと思われている日本人は、狙いやすいターゲットだと言われているからです

また、フランスは貧しい国からの移民を多く受け入れている国であり、そんな背景のある国ならではの日本では考えもしないような危険もあるのです。

では、楽しい旅、快適な滞在のために、フランスではどんなことに気を付けたらよいでしょうか?代表的な犯罪と、その対策をまとめました。

悪質なスリ、ひったくり

ポケットの財布

フランス、特にパリでは様々な手口でのスリが横行しています。いくつか例を挙げると……。

  • 観光名所近くでニセの署名運動・アンケート・寄付集めなどを行ない、ターゲットが気を取られている隙にポケットやカバンから所持品を抜き取る。
  • 混み合っている電車の中で数人でターゲットを囲み、スリを働く。
  • ATMでの出金直後の手に持った現金、財布をひったくる。
  • 改札口で、ターゲットの前後に入って挟みうち。

こんな具合に大抵がグループで、それぞれの作戦をもってスリを仕掛けてきます。しかも子どもたちから年配者までスリグループにはいろいろな年齢層があり、油断できません。

スリ被害を防ぐには

まず基本中の基本は、ターゲットにされても被害に遭いにくくする持ち物管理です。ズボンの後ろポケットから長財布やスマートフォンが丸見えなんて、言語道断!貴重品は前ポケットにしっかり入れましょう

バッグ類はファスナーで口を閉じられるものが安心です。ファスナーをしっかり閉めた上で、体の前側か、肩にかけてしっかり脇に挟み込む形で持つと、スリの予防効果がアップします。

到着直後の空港などで、大きなリュックサックを背中に背負って、両手も荷物でふさがっている人もよく狙われるようです。背中に背負う荷物には、簡単に開けられないような対策が必要だと思います。

観光名所でのサイン・アンケートは、とにかく無視にかぎります。足早に通り過ぎましょう。改札口へは前後を確認して進入したいですね。急に前に割り込んでくる人がいたら、思い切って列を変えるのも良いかもしれません。

それから最後に、服装について。花の都パリを、おしゃれをして歩きたい気持ちはよく分かるのですが、少し地味目な格好のほうが安全度は上がると言えると思います。

ATMは危険!

atm

ご存知の方も多いかもしれませんが、フランスのATMは街角にむき出しで設置されており、これが本当に危険スポットなのです。上記のスリの項でも書いたように、出金直後の現金や財布を狙った盗難事件は後を絶ちません。

さらに怖いのが、暗証番号とカードのダブル盗難。人が行き交う雑踏で、ATMを操作している人の手元から暗証番号を盗み見し、その後カードも盗んで、預金を引き出すという手口です。

実際、筆者の家族(フランス滞在4年目)も最近この手口の被害に遭い、あらためて油断は禁物ということを思い知らされたのでした。

ATMでの安全対策

特に短期の旅行では、できるかぎりATMを使わないで済むように計画するのがいちばんの対策でしょう。

長期滞在者などどうしても日常的に使わざるを得ない場合には、家族や信頼できる友人などと一緒の時に、見張りをしてもらいながら出金するのが良いと思います。

現金とカードはすぐに財布にしまい、安全な場所に入れて、速やかにATMを後にしましょう

タクシー・レストランでのぼったくり

タクシー

フランス語はもちろん英語も自信がないという人の多い日本人は、タクシーやレストランでのぼったくり被害に遭うことも多々あります。

最初は起動していたタクシーのメーター表示が気付いたら消えていて高額請求されたとか、頼んでもいない料理が出てきて、コースの一品だと言われて食べてしまってから、レジで別料金を取られるとか、こういった被害です。

そもそも注文の段階からメニューの記載がよく分からず、聞こうにも聞けず、おかしいと思ってもきちんとした抗議ができず、といった具合で結局ぼったくられて泣き寝入り……。ということになってしまうケースが多いようです。

少しの準備と心がけで安心

言語面で不安があるなら、行ってなんとかなると思わずに、事前に情報を調べておくようにしましょう。

大抵のレストランのメニューはネットで見ることができますから、行く前に頭に入れておくと安心して頼めます。余裕があるので、万が一頼んでいない料理が出てきた時にも手をつける前に拒否できると思います。

タクシーの場合は、正規タクシー以外には乗らないこと、メモなどを使って目的地を明確に伝えること、車内で居眠りをしないことなどを心がけたいですね

まとめ

平和に慣れた私たち日本人には、ちょっと気が重くなるような話ではありましたが、華やかなフランスに内在する現実ですから、しっかり受け止めなければなりませんね。

ここで取り上げたように、フランスで日本人が遭う危険のほとんどは金銭・物品の被害です。しかし、スリやひったくりも一歩間違えば大ケガにつながることもあり得ます。

さらに、場所によってはもっと重大な危険が及ぶ可能性があるエリアもあります。予測困難なこととはいえ、テロのリスクも見逃せません。

十分な下調べとできる限りの対策が、今のご時世でのフランス旅行には必要だと言えるというわけです。

楽しい旅行は、安全と健康があってこそ。準備万端で出かけたいものです!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る