憧れのメルボルンで働きたい!留学やワーホリで働ける仕事と給料

憧れのメルボルンで働きたい!留学やワーホリで働ける仕事と給料

世界の住みやすい都市ランキングで5年連続一位という圧倒的な指標を集める、オーストラリアのメルボン。

緑豊かでアーティスティック、西洋の文化も入り混じった魅力溢れる街なので日本人にとっても留学先、ワーキングホリデーの滞在先として大変人気の都市です。

では、実際にそのメルボルンで働こうと思った時にどういった職種に就けるのか、給料はいくら貰えるのか、気になるところですよね?

今回はその点について具体的にお伝え致します!

オーストラリアには(1日限定100人の島、オーストラリア・ノーマンビー島の海がキレイすぎる)などメルボルン以外にもいいところがたくさんあります。

英語初心者の方はカナダやオーストラリア留学生活で使い勝手の良かった4つの英語表現も合わせて読んでみてください。

一番「人気」はバリスタのお仕事

憧れのメルボルンで働きたい!留学やワーホリで働ける仕事と給料

一言でオーストラリア・メルボンで働くと言っても様々な働き方があります。

  • 一日中フルタイムで働くのか
  • アルバイトのようにパートタイムで働くのか
  • ホームステイしているお家にいながら働く(オーペアと呼ばれるシステム)のか
  • ファーム(農場)で働くのか

この中でも圧倒的に多いのはパートタイムジョブ。やはり留学生は語学学校に通っていて時間が限られる上、また外国人としての仕事の働き口で入りやすいのがパートタイムジョブだからです。

ビルや学校の清掃業もあるのですが、そちらは何故だか南米の人に人気の職種です。(よく映画でも南米人がビルの清掃をしている映像を見かけますよね!)

また日本人を含めアジア人に圧倒的に多いのがそれぞれの郷土料理を出す、各国のレストランでのウェイター・またはキッチン補助・皿洗いです。

日本人留学生の9割がジャパニーズレストラン(通称ジャパレス)で働いています。

また、やはりカフェが多いメルボルンですので一番人気なのはバリスタの仕事ですが、あまりの競争率の高さで雇用されるのはかなり難しいようです。

あなたの英語力次第で給料が高くなる?

メルボルン・あなたの英語力次第で給料が高くなる

では実際に給与はいくら貰えるのか。これが実は英語力次第で雲泥の差なのです。

先ほどの日本人留学生の9割が働くジャパレス。残念ながらこちらは時給が最も低いです。

他の韓国レストラン、タイレストラン等も同様ですが、やはり英語力の無い人でも働ける為、単価も外国人用で低く、大体時給$9~$11が相場です。

更にこういった外国人レストランはTAX(所得税)が控除されず、給与は現金を手渡し、というような正規のルールでしていないところもほとんどなので要注意です。

その他、南米人に人気の清掃業は約$11~$13。

ファーム(農場)は施設や待遇によって差がありますが約$15~$20程(ただしファームの場合はかなり田舎の方で住み込みで働くところが多い)。

オーペアは語学学校に行く前後の朝と夕方から夜にかけてホームステイ先の子供たちの面倒を見る変わりに滞在費や食費を賄って貰える、というシステムなので具体的な給与は各家庭によりますが、費用を抑えて留学やワーホリをしたい方にはオススメです。

仕事 時給 特徴
ファーム  20ドル 時給は高いが田舎でのお仕事
ビル清掃員 13ドル 南米人に人気
ジャパニーズレストラン 11ドル とにかく時給が安い

結局、一番給料が高いところはどこ!?

メルボルンはローカルレストランの時給が高い

さて、気になる最も高い給与の職種ですが・・・。

それは何と言ってもローカルのお店で働く事です。ローカルのお店というのは、地元民が普通にアルバイトとして働いているお店です。

レストランでウェイターという同じ職種でも、ローカルレストランだと最低時給が$16~$17

こんなにも違うんです!

先ほどのジャパレスなどは日本語で書かれた日本人用のサイトで多く募集されていますが、ローカルのお店はもちろん地元の英語のサイトで募集されています。

なーーんだ!それならローカルのお店に行くよ!と思ったあなた。そんなに甘くは無いんです。

少し考えてみましょう。

もしあなたがネイティブほどのペラペラな英語が話せるまらまだしも、初めての留学、初めての英語環境です。そんな意思疎通も間まならない外国人がネイティブ相手にスラスラ面接日程を連絡し、また面接を受けれるでしょうか?

そして雇用側は雇用しようと思うでしょうか?

厳しいことを言うと、「雇ってもらうのは難しい」これが現実なのです。

仕事を見つける一番の近道はずばりコネ!!!

メルボルンで仕事を見つけるにはコネ

安心して下さい。手はまだあります。例え英語力が無くてもローカルの仕事に就く方法・・・。

それはコネです!!

え?コネ?なんか気が引ける・・・。と思ったあなた。

実は海外ではコネほど有力なものはありません!これはもはやあなたの運と人脈次第ですが、コネを有効に使ってローカルの仕事をGETした人はたくさんいます!

そして、それはごく普通のことなのです!

例えば、カフェだったり、卸問屋だったり・・・。

海外では「あ、あの人からの紹介なら一度試しに働いてみる?」というような感じで、コネを使うと何ともあっさり働けてしまう、ということも良くあります。

もちろんその後のコミュニケーションや就業態度は大事ですが、まずはともあれ突破口が肝心なのです。

ただ稼ぎたいのか?目的があって働くのか?

人の数だけ職種があるように、あなたの目的や努力次第で色々な職種にチャレンジ出来ます!壁を作るのも無くすのもあなたの気持ち次第。ただ一つ見失ってほしく無いのがあなたの目的。

  • 何の為に働くのか
  • 何を目的に働くのか

働くということを通して新たな可能性や将来を見つけることも出来るはず!せっかくの新境地、新たな職場、新たな人間関係。新たな環境で自分自身をしっかり見つめて、満足のいく自分の道を作って行って下さいね!

まとめ

いかがでしたか。

オーストラリア・メルボルンで働くと言っても日本食レストランからファーム(農場)でのお仕事など様々です。とりあえず稼ぎたいのか、何を目的に働くのかを考えて仕事を探してみましょう。

仕事を見つけるコツは、ずばり「コネ」ですよ!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 青島54広場
  2. イギリス
  3. ミャンマー語
  4. サウナ
  5. ディズニーランドパリ
  6. 台湾でのワーホリ

おすすめ記事

  1. カンボジアでの生活費
  2. インド人との日本生活
  3. スーパーで買える韓国のお土産
  4. フィリピン留学を安くする
ページ上部へ戻る