海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

スリランカで働くなら知っておきたい勤務体系と休暇事情

  • 公開日:
  • 更新日:
スリランカ

スリランカでの就職や転職など、いざ働くとなると気になるのが、その国の勤務体系や休暇事情です。あまり馴染みのない国だけに、実際にどのような働き方になるのか気になりますよね。

今回はスリランカの勤務体系や休暇事情についてご紹介します。

スリランカの就業時間は?

スリランカ

定時は8時から5時までが一般的で、朝が早いのが印象的です。多くの人が日が出て、暑くなる前に出勤して、仕事をし始めます。

以下が、銀行と郵便局の一般的な営業時間です。若干の違いがありますので、訪れる際は注意しましょう。

  • 銀行:通常の営業時間は月~土 9:00~15:00
  • 郵便局:月~金 8:30~17:00

私の会社では、朝礼は朝8時半から始まります。従業員はそれに間に合うよう出勤しなければなりません。朝礼ではその日の重要事項の連絡をします。その後9時からのサロンのオープンに備えます。

サロンでは営業時間が9時から8時までと長いのでシフト体制をとっています。私の会社は、子供の送り迎えや学校行事などに応じて、フレキシブルに働くことが可能です。私も主婦ということもあり、早上がりをさせてもらっています。

スリランカの企業の年間休日は?

年間休日数は職業によりますが、120日~130日あるのが一般的です。110日前後の職場だと働きすぎとみなされます。

私の会社では、休日が数年間124日と定められており、シフトを使って休みを回しながら運営しています。サロンの休みも水曜日に設けられているので、社員全員その日は休めるようになっています。

スリランカの祝日は?

カレンダー

スリランカの休日数は、2017年は25日間あります。

中でも一番大きく祝う祝日が、4月13日~14日間の占星術で選ばれた時刻によって決まる、シンハラ・タミール新年(Sinhala & Tamil New Year Day)です。

シンハラ・タミル人にとって、この日は、日本の1月1日のような感覚のお正月です。それに先立つ数時間は、一切の仕事をやめ、かまどの火を消し、飲食も断つこととされています。

新年が明けると、伝統料理や、伝統スイーツを食べたり、お寺にいって1年の始まりのお祈りをします。

そして、スリランカで多数を占める仏教徒たちは、満月の月をフルムーン・ポーヤデーと呼び、労働を断って1日体を休め、寺院へ参拝する聖なる日として祝日になっています。それに伴い、毎月満月の日は必ず祝日になります。

この日は、役所も銀行も閉まりますので、注意しましょう。また、アルコール類は御法度で、高級レストランでさえも出さないところがあります。

スリランカで一番長くお休みを取れるのはいつ?

私の会社は、申請すれば年2回、1週間~2週間ほどの休みがとれます。休みの予定を早めに決めてもらい、日本に里帰りなども予定しています。

日本に比べると、長期休暇が取りやすい環境にあり、仕事のモチベーションにも繋がるので助かっています。

シフト制なので、お正月やクリスマスなどの行事で、休みになれるわけではなく、他の従業員と調整して、休みを取ります。

スリランカでは、ボーナスが年間で1~2カ月分支給され、年末のクリスマス前に支払われるます。多くの人が、そのお金を利用して小旅行を計画しています。

スリランカ人の休暇の過ごし方

スリランカ

スリランカには、自然豊かな産物がたくさんあります。綺麗なビーチや、大きな湖、河、山からの恵みも多く、中でも有名なのがセイロンティーです。山脈付近には、摘みたての紅茶を味わえる、工場がたくさんあります。

そして、スリランカ人の多くが休暇を楽しむのは、ヌワラ・エリアという、首都コロンボから車で5時間の場所に位置する、山脈地帯です。そして、その山々は全て茶畑になっており、目をどこへ移しても明るい緑一色になります。

1年を通じて、30度を超えるスリランカですが、このヌワラ・エリアは、長袖のジャケットが必要なほど気温が低く、スリランカ人の避暑地としても楽しまれています。

観光地としても、非常に有名な地ですが、ローカルの人々にとっても非常に人気が高い観光地で、長期休みをとっては訪れる人が多いです。

しかし実際のところ、スリランカ人は家の中で、だらだらと過ごすのが大好きです。何をすることもなく、家でまったり紅茶を飲みながら家族団らんの時間を過ごします。アクティブに行動する人は、実際は少数派なのかもしれません。

私の家族は、アクティブな方で長期休みがあると、私がまだ行ったことの無いスリランカの地域に遊びにいきます。

日本でも同じですが、同じ環境で留まるより、外に出て新しいことを見たり聞いたりするのは、良い刺激になりストレス発散になると感じています。

まとめ

スリランカの勤務体系は、残業をほとんどしないこと、休憩時間が長いことが、日本と大きく違いを感じるところです。祝日は聖なる日と考えられ日本以上に重んじられています。

長期休みも取りやすく、4月にあるお正月などは、どこのお店も閉まり、ほとんどの人が長期休みを取れます。私は今現在働いて、休みに関しては非常に満足しており、充実した休暇を過ごしています。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
satomi

satomi

投稿者プロフィール

大学時代2年間で15カ国以上旅し、留学先で出会った彼と国際結婚。
今は日本からの遠く離れた、スリランカで、暮らしています

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る