海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

【お金の話】スリランカで働くなら知っておきたい!スリランカの給料事情

  • 公開日:
  • 更新日:
スリランカ

急速な発展を遂げている東南アジアの常夏の国・スリランカ。日本に比べれば、労働環境、給料の面で劣るところが多いのが現状です。

そこで働く日本人がもらえる給料とはいったいいくらなのか?実体験を基にした実際の金額やボーナスの有無などを公開します。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

※JAC Recruitmentは海外勤務・外資系を狙う方向けのため、海外移住希望者にはおすすめしません。

私はスリランカでどんな仕事をしているのか

主にアーユルヴェーダのサロン運営の仕事を行っています。ローカルの会社の現地採用です。

私は日本で4年間セラピストの経験があり、施術(アロマトリートメント・リフレクソロジー・タイ式)は幅広く出来るので、スタッフさんへの技術力のアドバイスも行っています。

私が勤める会社では、現地で一括して未経験者を雇い、一からマッサージやアーユルヴェーダの教育をしています。そのため、技術指導は非常に大切です。

またこのサロンの経営者が日本人ということもあり、日本から来る観光客が半分を占めます。そこで、日本人に受け入れられるホスピタリティ精神やマナー礼儀など接客面の指導をローカルの方に行っています。

スリランカではアーユルヴェーダやヨガなどの経験があれば、現地採用をしているところが多くあります。ネット求人なども少ないので、現地の人の口コミや情報を利用するのが1番良いでしょう。

それと平行して私が行っているのが在宅でのライターの仕事です。海外での経験やスリランカの情報、大学生に向けた留学のアドバイスの記事を中心に書いています。

こちらは、隙間時間に主婦の仕事とも平行してできるので、非常に便利です。

スリランカの平均月給と私が実際に稼いでいる額はいくらか

スリランカの平均月収は日本円に換算して、

  • 一般職が21,000円
  • エンジニア中堅技術者が35,000円
  • 中間管理職部課長クラスが70,000円

と、決して豊かではありません。

はっきり言って、発展途上の貧しい国です。

スリランカの通貨はルピーであり、現在のルートで換算すると日本円100円に対し約73ルピーほどです(2017年現在)。給料受け取りは、全てルピーになります。

サロンの仕事では、週3日5時間働くシフトで1ヶ月約2万円の収入があります。それと平行して行っているライターの仕事は、1ヶ月平均して3万円の収入があります。

隙間時間を使いながらやるライターの仕事の方が稼げてしまうのです。正直、日本で働くのと比べるとバカらしく思えてしまいます。

それでも物価の安いスリランカ。お小遣いがてら稼いだ5万円は貯金に回し、旦那さんの給料で生活は豊かにできます。

スリランカで働いている日本人の多くは、ビジネスマンか私のような主婦、又は仕事とは別にやりたいことが明確にあり、それを達成するために仕事で稼ごうとは考えていない人です。

たくさん稼ぐためにスリランカに来るのではなく、学ぶため・ビジネスを成功させるために来ている人が大半です。

給料は現金手渡しか、銀行振込か

現地の給料体制は基本的には手渡しです。

1ヶ月に1度決まった給料日に渡されます。大手企業では銀行振込がされるようですが、それ以外は手渡しが基本です。

銀行を持つようであれば、最大手の国有商業銀行であるセイロン銀行(Bank of Ceylon)の口座がオススメ。どの会社も基本的には対応しています。

スリランカの会社のボーナス支給・福利厚生

スリランカでは、ボーナスは年間で1~2ヶ月分支給され、年末のクリスマス前に支払われるのが一般的です。私の会社も12月に2ヶ月分の給料が支給されます。

その他の福利厚生として、休日に出勤した労働者に支払われる休暇手当、お祭りのための出費を「前払い」で貸し付ける祭事前貸付などがあります。

また、医療費も申請すれば補助が出る為、病気や急な怪我などに対応できて助かっています。妊娠出産時の福利厚生も法律として定められており、女性は有給の12週間の休暇が取得可能です。

スリランカの労働条件・労働環境について

労働条件はしっかりと法律で定められており、女性の上限は1日9時間。

また、女性は夜8時以降は原則就労禁止です。男性は規定がないので、男女で労働環境にかなりの差があります。

男女共に、時間外労働の上限は週に12時間で、28時間労働の都度、1日半の休日が義務付けられています。

しかし私の会社では、男性の方が夜遅くまで居残りして仕事をしている人が多いです。女性は家事との分担を考慮し、定時通りに帰るシステムが定着しています。

また、女性には各種休息規定があり、嬉しい制度がたくさんあります。例えば私の会社では、生理初日は申請すれば遅出勤が認められています。

労働環境は、日本のように営業成績を気にして忙しくしているというよりは、お茶を飲みながら自分のペースで働いている人が多く見受けられます。

日本で働いていた人からすると衝撃的に思えることがいくつもあり、仕事中にプライベートの電話をしたり、店員さんが店内で堂々とアイスクリームを食べていたりすることもあります。

スリランカでよく問題になっているのが、従業員の遅刻です。バスや電車は遅れて来るのが当たり前の社会なので、それと同様に人間も遅れます。

しかし、給料が発生する分しっかりと働かなくては平等ではないので、タイムカードを導入したり、遅刻による給料減額などを取り入れる企業も増えています。

スリランカで働くには

現地に乗り込み、足を使ってヨガインストラクターなどの仕事を探すという方法もあります。先ほども紹介しましたが、アーユルヴェーダやヨガの経験があれば、現地採用の募集をしているところが多いです

スリランカで現地採用ではなく、日系企業の駐在員案件などを狙っていくなら探し方が変わってきます。

スリランカでは働きたくても駐在員の求人が少ないので、仕事探しには苦労します。そのため、転職サイトを利用しつつ、希望する求人を待つという流れになります。

リクルートエージェントは求人数が多いので、ひとまず見てみると良いでしょう。ただし、求人数がかなり限られるので、JAC Recruitmentなどもあわせて登録し、根気よく求人を見つけてください!

まとめ

スリランカで働いている日本人は、アーユルヴェーダ関係、ヨガインストラクター、貿易関係の仕事、政府の仕事をしている人がメインです。

その中でも、本場の技術であるアーユルヴェーダやヨガのインストラクターとしてスリランカで実践を積んでいる人が多いです。給料は日本より劣るものの、物価が安いので生活はしやすいです。

また、福利厚生・ボーナスがあるのも嬉しいポイントです。

東南アジアでの就職は、日本よりも給料が下がるというデメリットはありますが、自分の経験値を高めるという意味で非常に価値のある時間を過ごせると思います。挑戦心がある方はぜひトライしてみてください。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
satomi

satomi

投稿者プロフィール

大学時代2年間で15カ国以上旅し、留学先で出会った彼と国際結婚。
今は日本からの遠く離れた、スリランカで、暮らしています

海外移住・生活のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 海外就職求人サイト
  2. 旅行バッグ
  3. グッドポイント診断
  4. リクルートエージェント
  5. 楽天カード
ページ上部へ戻る