海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

海外で働きたい人へ! スリランカで働いて学んだこと・得をしたこと

  • 公開日:
  • 更新日:
スリランカ

海外で働く、暮らすとなると、文化の違いや言葉の違いで時にはストレスになることがあります。しかし時間や、その国の習慣に慣れることで徐々にストレスは解消していきます。

そして、滞在が楽しくなってきた頃には、学んだな・得したなと思うことがたくさん出てきます。そこで今回は私がスリランカで半年働いて学んだこと・得をしたことを厳選して5つ紹介致します。

日本語、英語、シンハラ語の3ヶ国語が喋れるようになる

スリランカ

スリランカで働くまでは、英語と日本語のみの語学力だったのが、働いてから現地の言葉であるシンハラ語が少し喋れるようになりました

スリランカは英語が公用語ですが、もちろん喋れない人もいますし、日常のローカル同士の会話は全てシンハラ語になります。その為、相手の文化に馴染む、溶け込むという面でも現地の言葉は必要になります。

シンハラ語は勉強したというよりも、自然に単語を覚えて使うようになりました。やはり少しの会話ができるだけで、相手との距離もぐっと近くなるため、将来は英語よりもシンハラ語を使って会話するようになるかもしれません。

3ヶ国語を喋れることで、多くの人とコミュニケーションできるようになった事はもちろん、自宅での翻訳の仕事もできるようになり、働く幅が広がったと感じています。

発展途上国での生活で精神的に鍛えられ適応力がつく

スリランカ

スリランカで働いていると、不便なことが多く、日本で当たり前のことが当たり前にできなくなります

例えば、30度を超える真夏日に朝から停電し夕方まで電力が戻らずパソコンを使った仕事ができない、出勤しようとしたら工事中で道が塞がって大渋滞している、電車やバスが無条件で遅れて30分以上来ない、などあげたらきりがありません。

しかし不便なことを受け入れず何もしなければ、その地で生きていくことはできません。海外で働くためには、その国の文化や生活習慣を受け入れて、自分なりに適応していく力をつけることが大切です。

受け入れるとは、我慢する事とは少し違い、「こういうことなんだなっ」と軽く受け流しながら納得することです。

もともと生まれ育った地が違う人とは、どう頑張っても分かり合えないことがあります。しかし、「こういう人もいるんだな」と割り切って理解していくことでストレス無く過ごすことができます。

スリランカで生活し、不便なことを受け入れ、その都度対応していくことで、どこで生活しても生きていける自信と少しのことでめげない精神力がつきました

稼ぐ生活から消費を少なくする暮らしが身につく

日本にいたときは、何かを買うこと、でストレス発散する「消費する生活」が中心でした。

しかしスリランカに来て、自分の好きなことをして生きていく生活に自然と変わりました。そして「消費する生活」から「消費が減る生活」に変わりました

スリランカは日本と比べて野菜や果物といった食料が特に安く、交通費もバス、電車は基本的には100円以下です。また、大人女性350円でヘアーカットができます。

安すぎて従業員の人たちは、どうやって生計を立てているのか?と心配してしまいますが、物価はかなり安いといえます。

私はここスリランカで、服や化粧品にお金をかけずに必要最低限の物で暮らすシンプルな生活を心がけています。日本では高いオーガニックのものは安いアーユルヴェーダ商品で代用して、病気の面もケアすることができます。

日本で働くよりも稼げないなら、そのぶん消費を減らして暮らしていく、という生活スタイルを身につけることで無駄遣いが格段に減りました

東南アジアの旅行に格安で行ける

海

スリランカは東南アジアに位置しているため、モルディブ・タイ・インド・マレーシア・シンガポールなど安い価格と短時間のフライトで旅行に行くことができます

日本から行くと距離がある場所でも、2日の休みがあれば行けてしまうので、気軽に旅行することができるのです。

モルディブは日本でツアーを申し込むと20万を超える出費になります。でも、スリランカからなら5万~10万の出費で同じランクのホテルに泊まることができます。

私たち夫婦は半年に一度、貯めたお金で旅行に行って、ストレス発散をしています。

仕事中心の生活からプライベート中心の考え方になる

私は大学卒業後、日本で一般企業に就職してフルタイムで働いていました。

その当時は朝食を食べる時間がなく、早々に家を飛び出し、満員電車に揺られて、夜遅くまで働いていました。帰宅する頃にはお腹もペコペコで、お風呂に入って寝るだけの生活が続きました。

休みの日はそれなりに好きな事をして、大型連休には海外や国内旅行をしていました。でも、毎日働いて、その分消費してまた忙しく働いて、その繰り返しで人生の半分以上を過ごすのかな、と思ったりもしました。

しかしスリランカに来て、仕事をしながらプライベートの時間を確保する大切さを学びました。

朝日が昇る前に仕事へ向かい、残業をほとんどせずに夕食の時間には帰宅するという働くスタイルを実践しています。そして、自分や家族の時間を大切にするようになり、それにより、仕事へのモチベーションも維持しています。

まとめ

働き始めて半年になりますが、仕事を始めた頃よりも今の方が格段に生活が充実しています。以前よりも仕事のスピードが上がった事はもちろん、言葉がわかるようになり、現地の従業員と打ち解けられるようになりました。

初めは慣れない仕事と、人間関係で疲れてしまうことがありましたが、めげずに続けてみることが大切だと感じています。続けることで、学びや得をすることがたくさん増えました

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
satomi

satomi

投稿者プロフィール

大学時代2年間で15カ国以上旅し、留学先で出会った彼と国際結婚。
今は日本からの遠く離れた、スリランカで、暮らしています

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る