海外求人サイトGuanxi

バングラデシュで働くと給料はいくら?日系企業・ローカル企業・バングラデシュ人の給料を比較してみた

  • 公開日:
  • 更新日:
バングラディシュのお金

私はバングラデシュで日系企業の立ち上げに携わり、現在はローカル企業を運営しています。

バングラデシュに限らず外国で働く時には、現地の物価、金銭感覚をつかむことがとても大切です。しかし、そのために一つひとつの物の値段を調査していたのではキリがありません。

そこで私は、様々な職業の給料を頭に入れるようにしてバングラデシュの物価や金銭感覚をつかみました。給与事情は国それぞれ違いがあります。

ここでは、私とバングラデシュ人の給与事情を紹介したいと思います。

※1BDT(バングラデシュタカ)=約1.4円(2018年1月)

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

バングラデシュの日系企業とローカル企業での私の仕事内容

バングラデシュに来た当初の私のポジションは日系企業の役員兼現地駐在員でした。日本人のみの資金でバングラデシュに株式会社を設立しました。

事業内容は、技能実習制度を利用したいバングラデシュ人のための日本語学校の運営です。資金の管理、教材の作成、スタッフの人事等、その学校運営が私の業務内容でした。

その後、独立して現地人とローカル企業を設立しました。事業内容は、自動二輪車の整備・修理と中古の自動二輪車の販売です。

バングラデシュの日系企業とローカル企業での月給比較

日系企業勤務時の月給は200,000BDT(約280,000円)、ローカル企業での現在の月給は約40,000BDT(約56,000円)です。

日系企業では、その他福利厚生として住宅手当と通勤交通費を会社から支給されていました。どちらも100%出してもらっていました。

  • 家賃:光熱費を入れて月32,000BDT(約44,800円)
  • 交通費:月8,000〜10,000BDT(約11,200〜14,000円)

なお、私は住宅の一部分を会社のオフィスとして使用していました。

外国人がそれなりに安心して安全に暮らせる地域の家賃としては、最低でも50,000BDT(約70,000円)は見ておいた方が良いです。バングラデシュは物価が安い国と言えど油断は禁物です。

バングラデシュ人の平均月給

国の発表によると、バングラデシュの首都ダッカの中心ダッカ市の平均月給は55,000BDT(約77,000円)です。

しかし、バングラデシュは貧富の差が激しく、身分証明ができない人や税金を納めてない人がおり、また賄賂が横行しているため、国が発表している平均給与はあまり参考になりません。

そこで私は、4年制大学の新卒者の月給15,000〜20,000BDT(約21,000〜28,000円)という数字を頭に入れています。これは、私が直接現地の有名大学5校に行き、生徒一人ひとりから生活実態について調査した際に得た数字です。

ちなみに、バングラデシュの総理大臣の給与は月115,000BDT(約161,000円)となっています。

ボーナスは年に2度

私はボーナスをもらったことはありませんが、バングラデシュでは年に2度あるイードという祭りの時に月給の1.5〜2倍のボーナスを従業員に渡す習慣があります。

バングラデシュで採用したローカル従業員の給与事情

バングラディシュのお金

日系企業

在籍当時、現地の従業員を4名雇ったことがあります。年齢、学歴は見ずに英語でどれだけコミュニケーションが取れるかを重視し、一律で月15,000BDT(約21,000円)スタートでした。

事業内容が日本語学校の運営だったので、日本語能力が上がると給与をアップしました。月25,000BDT(約35,000円、日本語検定4級同等レベルと判断した場合)まで上がったスタッフもいます。

ローカル企業

自動二輪車の店を出している場所が少し郊外に位置しているため、中心部の同業他社に比べると1割程安いです。

バイクの簡単な修理ができるスタッフには月5,000BDT(約7,000円)、十分な経験があると判断したスタッフには月10,000BDT(約14,000円)を支払っています。

また、彼らは住むところがないので、1日3度の食事を提供し店舗の空きスペースでの寝泊まりを許可しています。

まとめ~現地に暮らすとなれば給与も大切

日系企業とローカル企業とでは、企業内でのポストにもよりますが給与にかなり差があります。実際問題として私の現在の収入では、大手商社や有名企業の駐在員として来られている日本人の方と同じような生活は送れません。

自分でも、かなりローカル寄りの暮らしをしていると思います。バングラデシュに慣れないうちから今の私と同じ生活を送るのは厳しいと思うので、就職を考えている方は給与もしっかり確認してください。

日本ではなくバングラデシュで働くことを自分で選んだため、普段のちょっとした不便も乗り越えられている気がします。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る