海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

スコットランドの魅力!スコットランドの大自然満喫の島巡り!

  • 公開日:
スコットランドの自然

スコットランド最大の魅力は、手付かずの自然が未だに数多く残り、古来言語のゲール語を話す人たちがいる小さな島が750個もあることです。まるで絵本の中に入り込んだような壮大な絶景に何度涙が出てきたことか……。

そこで今回は、スコットランドの島の魅力についてご紹介します。

スコットランドの島・アラン島

アラン島

グラスゴーから車を走らせ1時間ほどで港町へ着き、アラン島(Isel of Arran)へは40分ほどの船の旅になります。スコットランドのフェリーは、犬同伴が可能で、犬専用のシートがあります!

スコットランドのミニチュア版と言われるアラン島には、古くからスコッチウイスキーの蒸留所があります。アラン島にはアザラシが見える海があり、また「ストーン・サークル」があり、とても神秘的な島なのです!

フェリーに自転車を乗せ、のんびりとアラン島を一周する人たちや、夏場にはキャンプをする人たちで賑わっています!

スコットランドの人々は、トレッキングやサイクリングを家族で楽しみ、自然と触れ合う休日を過ごします。

アラン島への行き方

グラスゴーから電車に乗り「アードロッサン(Ardrossan)」へ行き、ここからアラン島「ブロディック(Brodick)」までフェリーに乗ります。エジンバラからは、グラスゴーまで電車で来て乗り換えとなります。

3時間ほどでアラン島へ行けるため、日帰り旅行も可能です。

スコットランドの島・スカイ島

スカイ島

スコットランドのインナー・ヘブリディーズ諸島の最も北に位置するスカイ島(Isle of Skye)は、スコットランドで2番目に大きな島になっています。スカイ島とは、ゲール語で「翼のある島」という意味があります。

首都エジンバラから車を走らせること、6時間ほどでスカイ島へ着きます。人口1万人ほどの静かな島で、自然と共存して生活している人々の中には「古来のゲール語」を話す人が半分はいるのです。

スカイ島の街の中心は「ポートリ(Portree)」というカラフルな色合いの港街です。絵本の世界のような可愛らしい風景が広がります。

スコットランドでは、「フットパス」と呼ばれる「自然を楽しむための遊歩道」が数多くあり、田舎町や山、森の散歩を楽しむことができます。

スカイ島には「妖精の住む渓谷」と呼ばれる場所があり、神秘的な絶景が広がります。「妖精のフットパス」を歩くと、川の水がキラキラと光り、かわいい花が一面に咲き乱れ、本当に妖精がいるような気分になります。

スカイ島への行き方

グラスゴーから電車で4時間ほどで、ハイランド地方の町・フォートウイリアムへ。フォートウイリアムから電車でスカイ島のポートリーへ(3時間ほど)。

レンタカーや、スカイ島ツアーに参加する人が多いです。

スコットランド・アイリーン・ドナン城(Ellean Donan Castle)

アイリーン・ドナン城(Ellean Donan Castle)

スカイ島まで車を走らせていると、湖にぽっかりと浮かぶ幻想的な景色が見えてきます。スコットランドで最も美しいお城と言われる「アイリーン・ドナン城」です。その姿はとても神秘的です。

小島にあるお城と岸辺をつなぐ小さな古い橋がかかっているのですが、引き潮の時は自然とお城と陸がつながるようになっているのです。

アイリーン・ドナン城への行き方

スカイ島の手前にあるお城のため、車でしか行くことができないので、レンタカーをおすすめします。

スコットランド・グレンコー渓谷(Glen Coe)

グレンコー渓谷(Glen Coe)

スカイ島までの道中には美しい迫力のある山「グレンコー」があります。ゲール語で「嘆きの渓谷」という名前で呼ばれています。イングランド人に虐殺されたという悲しい過去を持つグレンコーの景色は、迫力があります。

1,000メートル級の山々や湖や滝によって形成されたグレンコーからは大自然のパワーを感じる事ができ、絶景が広がります。

グレンコーへの行き方

グラスゴーから電車で4時間ほどで、ハイランドの町・フォートウイリアムにつきます。フォートウイリアムは、ハイランド地方への玄関口となります。フォートウイリアムから、グレンコーへはバスで向かいます。

スコットランドの島・アイラ島

アイラ島は、スコットランドの西岸に連なるインナーヘブリディーズ諸島の南に位置します。

東京23区くらいの大きさの島では、有名な「アイラモルト」が作られる古くからある蒸留所が8個あり、まさに「スコッチの聖地」と呼ばれ、ウイスキー好きには憧れの島となっています。

「ボウモアスコッチ」の蒸留所は、創業240年を迎えるアイラ島最古の場所なのです。

アイラ島への行き方

アイラ島には、飛行機かフェリーで行きます。

グラスゴーから、車かバスにのり「ケナクレイグ(Kennacraig)」へ行き(所要時間4時間ほど)、ケナクレイグから、アイラ島行きのフェリー(所要時間2時間ほど)に乗ります。

または、グラスゴー空港からアイラ空港まで飛行機になります。飛行時間は40分ほどです。

スコットランドの島・ハリス島

ハリス島

スコットランドのアスターヘブリディーズ諸島、最大の島はハリス島で、有名な「ハリス・ツイード」がハンドメイドで作られている島です。

ハリス島にいる羊から羊毛をとり、ハリス島に住む人の家で、手で染められ、手織物され、全行程全てがこの島で行われているものが、本来のハリス・ツイードになるのです。

ハリス島への行き方

グラスゴーから、フォートウイリアムへ行き、スカイ島へはいります。スカイ島にある、ウィグ港からフェリーに乗りハリス島へ向かいます。所要時間は8時間以上はかかります。

まとめ

スコットランドのハイランド地方には、大自然の絶景が広がっています

スコットランドのハイランド地方の島へ行くには、レンタカーをおすすめします。小さな島といえ、車がないととても不便です。スコットランドの船は、車ごと乗り込む事ができます!

ハイランド地方の小さな島の人たちは、もちろん英語も話しますがゲール語も話し、自分たちの独自のツールにとても誇りを持っているのです。

自国愛が深いスコットランドの人たちのルーツは、遥か昔から今の人たちへと繋がっているのを感じます。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る