海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

スウェーデンで転職する方法とは?小さなきっかけからの転職体験談

スウェーデンの王冠

 

「いつか、海外で働きたい!」と考えている方は、多いのではないでしょうか?

私もその1人でした。日本での慣れ親しんだ生活から、いきなり海外に飛び出すことはそれなりに勇気が入りました。

それぞれ事情があり、海外で働くには、それなりのきっかけが必要です。同時に、思いを実現するためには、恵まれたチャンスを最大限活かすということも大事なことだと言えます。

今回は、夫がスウェーデンに転職したのをきっかけに、私もスウェーデンで転職した体験談をお話ししたいと思います。

スウェーデンで転職したきっかけ

花

私がスウェーデンで転職を考えたきっかけは、スウェーデン企業の日本支社に勤務していた夫が、スウェーデンで現地採用のポジションを得たことです。

もともと私は、学生の頃から海外に興味があり、イギリスの大学院への留学経験がありました。留学後は日本で就職をしましたが、「一度は海外で働いてみたい」という強い思いが心にあったのです。

そこで、夫のスウェーデン勤務をきっかけに、自分もスウェーデンで転職することを目指してみようと考えました。

スウェーデンで求人を探す方法

スウェーデン

仕事探しはネットで

実は私にとって、スウェーデンは初めて訪れる国だったのです。スウェーデン語も分からない、土地勘もないと言う状態で職探しを始めました。

スウェーデンでは、仕事を見つける時はまずは、知り合いに声をかけることから始めるのが一般的なんだそうです。過去に一緒に仕事をした信頼関係があるからこそ、紹介してもらいやすくなるのだとか。

知り合いが一人もいない中スウェーデンに来てしまった私は、コネクションから仕事を得ることは不可能でした。

そこで、インターネットの求人サイトやリンクドインの求人を中心に探しました。外国人向けの英語サイト、現地にある日本人コミュニティの掲示板などを常にチェックしていました。

そして、少しでも気になるものがあれば、すぐに応募していました。スウェーデンでは、「気になるなら即応募」が鉄則です。今日募集をしていたものが、明日には締め切られると言うことも実際にあるからです。

応募に必要な書類

  • CV: 履歴書・職務経歴書が一緒になったもの。フォーマットは自由。
  • パーソナルレター: 自分がどのような人物で、どうしてこのポジションにマッチするのか、言わば自己推薦状のようなもの。

私はこれらの2つの応募書類を英語で作成して、転職活動にのぞみました。同時に、リンクドインのプロフィールも英語で整えました。

スウェーデンはペーパーレス社会なので、応募書類はメールで送るか、リンクドインや求人サイトなどから応募するのがほとんどです。

応募したほとんどがスウェーデン企業

スウェーデン

スウェーデンに進出している日系企業の数はそれほど多くはありません。日系企業でも、働いているのはほとんどが現地採用のスウェーデン人です。つまり、日本人だということで、採用される可能性は低いのが現状です。

求人があったとしても、スウェーデン語が必須のポジションばかりでした。スウェーデン語ができない私にとっては、日系企業で雇ってもらえる見込みはほとんどありませんでした。

そこで、

  • 英語で就業が可能であること
  • 日本語ネイティブのメリットが活かせる

この条件で仕事を探しました。

スウェーデンのスタートアップ企業に転職!!

服

上記の2つの条件で仕事を探すのは、少し時間を要しました。求人数が少ない上に、面接に行っても受からないという状況が長く続きました。活動開始後1年くらいで、スウェーデンで設立されたばかりのアパレル系の会社に採用されました。

従業員は30名前後の小さな会社でした。人数が少なくアットホーム、適度な緊張感と程よいリラックス感がある職場でした。スタートアップということもあり、社員みんなのやる気がみなぎっていました。

私はその会社で、マーケティング部門で働くことになりました。日本マーケット担当として、自社製品のPRとウェブサイトの日本語翻訳チェック、カスタマーサービスなどを担当しました。

社内で日本担当は私1人でした。日本人1人というプレッシャーもありましたが、やりがいを感じながら働くことができました。

採用される前の面接は、後に私の直属の上司となる人物と、その人の上でいくつかの部門を統括する人物との2対1の面接でした。これまでの私が経験してきた面接の中で、最もカジュアルな雰囲気で行われました。

スウェーデンの転職面接で聞かれたこと

ビジネス

面接では、

  • その会社のオンラインショップを見てどう思ったか?
  • チームにどのような貢献ができるのか?
  • 私を雇うメリットは何か?

等を聞かれるディスカッションスタイルでした。それに対し、

  • 日本語ネイティブであり、日本マーケットに対して十分な習熟度があること。
  • 日本人の強みである協調性、責任感の強さ。
  • 会社製品が日本でどのような消費者に人気が出そうか。

など、私なりの考えを述べました。

スウェーデンで仕事の面接を受けた際に、希望の給与額を聞かれると採用される可能性が高いと言われています。具体的な話が出るということは、相手側が採用したいという意思の表れなのだそうです。私はこの面接で初めて、給与額を聞かれました。

スウェーデンの求人広告では、 給与が掲載されていることはほとんどありません。正直なところ、面接時には私が応募したポジションの平均的なお給料の額も分からない状態でした。

何も分からない状態だったので、ひとまず、「このポジションで妥当な金額で」と伝えるのが精一杯でした。

新しい経験ができるのもスウェーデンならではのこと

花

スウェーデンに来る前は、外資系金融機関で秘書として働いた経験がありました。そのため、英語で働くことへの抵抗感はありませんでした。

しかし、マーケティング部門での仕事は初めての経験でした。未経験分野にも関わらず、会社のニーズと私自身のバックグランドがマッチしたのは、幸運だったと思います。

新しいことへの挑戦で、最初はきちんと務まるか不安を感じました。しかし、ここでの経験はスウェーデンでキャリアを積んで行く上での良いスタートになったと思います。

まとめ

初めて住む国での就職活動は、かなり厳しいものでした。しかし、突然、チャンスが巡ってきた感じだったので、自分でも採用の連絡を受けた時は、信じられない思いでいっぱいでした。

どのようなタイミングで海外転職するかは、人それぞれだと思います。思いがけないきっかけから、一気に物事が加速して行くこともあります。

海外転職に少しでも興味があるのであれば、きっかけを大事にして活動してみるのもいいかもしれませんね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Micco

Micco

投稿者プロフィール

北欧流のんびり生活を求めて、家族でスウェーデンに移住したMicco(みっこ)です。北欧ライフスタイルのライター、海外育児をするワーママとして活動中。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る