海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

スウェーデンと日本の働き方の違いとは?スウェーデン在住日本人が教えます

スウェーデン

スウェーデンは私のような外国人でも比較的住みやすく、働きやすい国だと感じます。福祉の充実や働く人の権利を守る仕組みが整っているからなど、理由は様々あります。

実際にスウェーデンで会社員として働いた頃は、日本と違う働き方がいくつか目にとまりました。

人々は、のんびりするときとがんばるときで、メリハリのある生活を送っている印象を受けました。この国では、プライベートと仕事のどちらも、充実させることは可能だと感じました。

今回は、私が実際にスウェーデンで会社員として働いてみてわかった「スウェーデンと日本の働き方の違い」についてお話ししたいと思います。

スウェーデンは在宅勤務(リモートワーク)可能

スウェーデン

現地で会社勤めをしていたときにありがたかったのが、在宅(リモートワーク)を認めてくれたことです。普段はオフィス勤務でしたが、体調が悪いときや、子供の具合が悪いときなどは、急きょリモートワークに切り替えることが可能でした。

スウェーデンでは、発熱後24時間は学校や保育園に登校してはいけない決まりがあります。そのため、自宅待機期間が長引きます。そういうとき、職場に行かずに自宅で仕事ができるというのは、特に助かりました。

また、スウェーデンでは、体調不良などのときにマスクをする習慣がありません。風邪など、病気の症状がひどいときに出社するのは、好まれません。病気を人にうつさないことも、マナーの1つだと言えます。

「体調が悪いけど仕事があって、休めない」と言う状況は誰しもが経験があることですよね。

しかし、スウェーデンでは、「健康と家族を大事にすることが最優先」という意識が高いので、個人個人の状況にあった働き方を認めてくれるのです。

リモートワークを可能にするのが、ノートパソコンです。入社した際に、専用のノートパソコンを1台支給されました。これさえあれば、どこでも仕事ができるので、本当に助かりました。

スウェーデンの福利厚生:ジム代は会社補助

公園

スウェーデン人は、健康づくりに余念がありません。医者にかかるのが難しいと言われるスウェーデン。病気になってもなかなか医者に診てもらえなかったり、病気の原因を知るまでに時間がかかってしまうのも、残念ながらよくあることです。

そういう観点からも、健康維持のための体力作りは、スウェーデンで暮らす上では不可欠です。

そして、スウェーデン人の健康づくりを後押しするのが、「Friskvårdsbidrag (フリスクヴォードビッドラーグ)」という会社から支給される手当です。「friskvård」は「健康維持のための予防的ケア」というコンセプトです。

通常、スウェーデンの税制では手当にも課税されます。育児休暇手当、失業手当など。しかし、このフリスクヴォードビッドラーグは課税されない手当なのです。

この手当が適用するものとして、代表的なものはジムの会費やヨガクラスの会費などです。私が勤務していた会社では、ジム会費の3分の1くらいの手当が支給されていました。

人として健康でいる権利があるのは当然のことながら、会社がそれをサポートしてくれる仕組みは興味深いです。

スウェーデンの長期間、職場を離れても解雇されない権利

スウェーデン

有給休暇以外の長期休暇制度

スウェーデンにはTjänstledighet(シャンステレディグヘット)という休暇があります。 日本語に訳すとサービス休暇となります。これは雇用されている仕事以外に、やりたいことがある場合に取れる休暇で、有給休暇とは異なります。

この制度があるおかげで、雇用者がある一定期間(たいていの場合、6ヶ月間)、休職しても解雇されない権利が認められています。休職期間は無給になりますが、この休暇制度を利用すれば、解雇されずに職場復帰することができます。

この休暇が認められるのは、

  • 介護が必要な親の面倒を見る
  • キャリアアップのための勉強をする
  • 自分自身でビジネスを始める

などです。

実際の利用例

私の回りにもこの制度を利用している人が少なからずいました。職場にこの制度を利用して、転職してきた人がいました。

その人の場合、転職したポジションがそれまでの仕事とは異なる分野だったこともあり、前職のポジションはキープしたままの状態で転職してきました。

新しく転職する仕事が自分に合うかどうかは、やってみるまでは分からないというのが本音です。そういう時に、もとのポジションをキープしたままで、安心感を持って新しいことにチャレンジができるのです。

この制度を利用すれば、キャリアアップにつながっていく可能性も十分に考えられるのです。

私の子供はストックホルム市が運営するカルチャースクールで習い事をしています。そこで、お世話になっている習い事の先生も、現在、この制度を利用している1人です。

両親の介護のため、ストックホルムから400キロ離れた街へと引っ越して行きました。シャンステレディグヘットの休暇取得を伝えられたのは、休暇に入る2週間前

しかし、すぐに代わりの先生が手配され、子供のレッスンは普段と変わらずに行われました。

シャンステレディグヘット制度を利用する雇用者が出た場合は、通常は欠員補充をします。スウェーデンの求人募集には、欠員補充の広告も少なからずあります。

また欠員補充のために雇用され、そのまま正規雇用になるということもよくあることのようです。

これらの例のように、仕事を失わずに、一定期間、安心してやりたいことに集中できるのは嬉しいですよね!

スウェーデンでは子供をオフィスに連れて行くと喜ばれることも

おもちゃの車

長期休暇中や夕方はオフィスに子供がいることも

スウェーデンは子供に優しい国なんだなと、実感したのが子供をオフィスに連れて行ったとき。学校の長期休暇中は、オフィスに子供がいるのはよくあることでした。迷惑がられることもなく、むしろ遊び相手までしてくれる感じで接してくれました。

職場に子供を連れて行くのは気が引けますが、スウェーデンではそれもある程度許容されています。

長期休暇時に学童保育がやっていなかったとき、私も子連れで出社したことがありました。また、夕方までオフィスで仕事をしなくてはいけないときには、学校帰りの子供たちがオフィスに来ることもありました。

オフィスには人が集まれるキッチンがあり、そこには大きな卓球台兼テーブルが置いてありました。子供たちは、そこで学校の宿題、ゲームなどをして時間を過ごすことが多かったです。

勉強をしていると「がんばってるね!」とフルーツやお菓子などをもらったり、時には、同僚たちに卓球の相手をしてもらったこともあったようです。

他の社員も子連れ出社することがよくありました。私はアパレル関係で働いていたのですが、デザイン室にはたくさんのカラーペンやデザインノートがありました。小さな子供には、それらを貸してあげることもありました。

大人が仕事で実際に使うものを、遊びの道具として使わせてもらえるのは、子供にとっては嬉しいことでしょうね。

全ては自分の責任

スウェーデンでは家族のことは、何よりも大事なこととして認識されている印象を受けます。仕事も家庭も両立できる働き方が当然のこととして認められています。そのため、個人の家庭事情に対してはとても理解度が高く、寛容的だと言えます。

自分のライフスタイルに合わせて仕事をすることが、ある程度許容されています。しかし、中身がともなっていなければ、残念ながら仕事ができていないと見なされてしまいます。

逆に、自由に働きつつも、きちんと仕事が達成できていればそれは良しとみなされるところがあります。たとえ、子どもを連れて出社しても、やるべきことはやる。仕事に対して自分の責任を全うしなくてはいけないのは当然のことです。

仕事を達成するためには、自己責任で管理しなくてはいけません。個人主義が徹底しているスウェーデンでは、個人のやり方に対しては口出しはせずに尊重します。

一方で、仕事のでき、そのものに対しては、厳しく評価されるので、自己責任において自分の仕事を管理することはとても大事なことです。

仕事をきちんとしていることが大前提ですが、やむをえないときに、会社やその従業員が柔軟に子育てしている人達を支えてくれるのは本当に助かりました。

また、いつも家でみる親とは違う、一生懸命働いている姿を見せられることで、子供が得るものは大きいと感じます。子供にとって、自分の親が実際に働く姿を目にする機会は、普通は少ないと思います。

そうした意味でも、会社に子供を連れて行ける環境があることは、プラスに動いてくれそうです。

スウェーデンの金曜日はオフィスでパーティ

ワイン

金曜日はくつろぎの日

金曜日はオフィス全体がリラックスモードでした。15時くらいには「良い週末を!」と同僚に声をかけて退社する人もいました。金曜日の夜を思い思いに過ごすため、足早に家路につくのです。

スウェーデンでは、「Fredagsmys(フリーダスミュース)」という言葉があります。fredagsは「金曜日」、mysは「くつろげる」を意味し、「金曜日に楽しいことをしよう」というスウェーデン語特有の造語です。

平日の締めくくり、金曜日をくつろいで楽しく過ごすというスウェーデンらしいコンセプトを含んだ言葉なのです。

金曜日は平日の忙しさを労い、週末に向けて気持ちをリセットする日として、特に大事な日とされています。スウェーデンでは金曜日はタコスの日と決められていて、家族でゆっくりタコスを食べながら映画を見たりする人が多いようです。

スウェーデン の人はオンオフの切り替えがとても上手だと、週末の過ごし方からもうかがえます。金曜日に足早にオフィスを後にする人を見ると、改めてスウェーデン流のゆとりある働き方を実感します。

アフターワークはオフィスで

また、夕方には従業員同士で、オフィスでワインやビールを開けたりして、仲間内でアフターワークを楽しんだりしました。

働き始めたころ、オフィスの冷蔵庫にたくさんのビールやシャンパンなどが入っているのをみて、なぜオフィスに大量のアルコールがあるのかと不思議に思ったものでした。

後ほどわかったのは、それらのアルコール類は金曜日にオフィスで消費するものだったのです。仲間内でお金を出し合って購入し、それが冷蔵庫に冷やしてある状態でした。

私の職場ではいつも音楽が流れていたのですが、金曜日は午後3時くらいから、だんだんとボリュームが上がってきます。職場で音楽が大きな音でかかっていることに慣れていなかったので、最初は戸惑いました。

もちろん毎週というわけではありませんが、職場で仕事だけではない別の楽しみ方があるのは、同僚とコミュニケーションを取る上でも良いことだと思います。

このように、私が働いていた会社ではとにかく、リラックスした雰囲気でその週を終えることが多かったです。

まとめ

会社員として働くにしても、自由度がかなり高いというのがスウェーデン流と言えます。

個々の権利が認められていることから、気持ちに余裕を与え、逆に仕事の生産性を上げているのかもしれません。人口が少ないスウェーデンでも、世界に進出する大企業が多いのは、こうした背景があるからかもしれません。

自由度が高い働き方ができる反面、実力主義の一面もあります。仕事ができるかできないかはきちんと評価されます。のんびりばかりはしていられませんが、「メリハリをつけて仕事をすること」がスウェーデンの働き方の特徴だと言えるでしょう。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Micco

Micco

投稿者プロフィール

北欧流のんびり生活を求めて、家族でスウェーデンに移住したMicco(みっこ)です。北欧ライフスタイルのライター、海外育児をするワーママとして活動中。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る