海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

スウェーデンで仕事をしたい!フレックスタイム制の勤務時間と休暇事情

スウェーデン

スウェーデンというと、夏休みが長い、勤務時間が短いなどのイメージがあるかと思います。実際にスウェーデンで働いてみると、スウェーデン人は休暇など仕事以外の時間を有意義に過ごしている人が多いことに気がつきました。

基本的に、スウェーデン人は仕事モードとプライベートモードの切り替えがとても上手です。プライベートを充実させるためにも、仕事は効率良くこなし、決して無理な働き方はしません。

ここでは、スウェーデンのアパレル関連会社に勤務して知った、スウェーデンの仕事の勤務時間と休暇事情についてご紹介したいと思います。

スウェーデンの仕事時間はフレックスタイム制

スウェーデン

スウェーデンの会社はフレックスタイム制が多い

スウェーデンでは、会社によりけりですが、1日8時間、週40時間労働が基本となっています。労働法により週の労働時間が40時間を超えてはならないと定められているので、残業時間もここに含みます。

また多くの企業でフレックスタイム制が導入されています。フレキシブルタイムを7〜9時、16時〜18時に設定しているケースが多くなっています。

スウェーデンでは、労働者の権利を守ることへの法的拘束力が強く、個人のライフスタイルに合わせた柔軟な働き方を尊重する風潮があります。

特に子育てをしている世代にとっては、フレックスタイムは重宝できる制度です。就業開始時間より1時間早く出社し、1時間早く退出するというように、子供のお迎え時間に合わせて仕事ができるからです。

私が勤めていた会社では、9:00〜18:00までの1日8時間労働が基本でした。しかし、勤務開始時刻や定時は目安で、しっかり守らなくてはいけないという雰囲気ではありませんでした。

フレックスタイム制が導入されていたため、私自身も、自分の都合に合わせて就業時間や退社時間を管理していました。

リモートワークもしやすい

私の上司は、ストックホルムから特急で2時間ほどのところに自宅がありました。通勤に時間がかかるので、仕事の状況に合わせて、オフィス勤務とリモートワークを組み合わせていました。

それに対して社内の誰もが当たり前のこととして理解を示していたのが、スウェーデンらしいなと感じました。

家庭を中心に仕事をコントロールする

スウェーデンでは、家族のことは最優先という考えが徹底しています。そのため、子供の学校の送り迎え、習い事の送迎、学校行事などで遅刻したり、定時前に退社したりするのは、ある程度許容されていることです。

その時できなかった仕事は、後できちんと補う形で自分の責任は果たします。私は、上記のフレックスタイムを利用し、朝早く出社し、夕方早くに退社するスタイルを選択していました。

こうすることで、子供のお迎え時間に合わせた働き方ができ、子供にも自分にも負担をかけない形で仕事をすることが可能でした。

スウェーデンで働くと残業はほとんどなし

スウェーデン

基本的にはスウェーデン人はほとんど残業をしません。また、私の会社では残業代は支払われないことになっていました。

自分の仕事に優先順位を付け、合理的に仕事を進めて行きます。残業をしたり、1つのことに時間をかけていると仕事ができない人だと思われてしまいます。早く仕事をすることも、スキルの1つです。

仕事は目標が達成されていれば良しとし、完璧さは追求しない面もあります。ある意味、完璧さを求めて先に進めなくなるよりも、まずは進んでみるというアプローチをスウェーデン人は好みます。

完璧さを求めないという肩の力を抜いた感じがストレスを最低限に抑えられるコツなのかもしれませんね。

スウェーデンの仕事休みは?年間祝日数

スウェーデン

スウェーデンでは、2018年は17日の祝日があります。ほとんどがイースターやクリスマスなど、キリスト教関連の行事の祝日です。

スウェーデンは祝日の振替休暇制度がありません。その年によって、祝日でも週末に重なるとお休みが減ってしまうこともあります。

また、祝前日は半日勤務になる企業が多いです。私が勤務していた会社では、祝前日の就業時間は9:00〜13:00でした。またこうした日は、リモートワークをする人も多かったです。

スウェーデンで仕事をした際の有給休暇

熱気球

1年の有給休暇は最低でも25日

スウェーデンの労働法では、フルタイム勤務の場合、年次有給休暇は最低25日と定められています。最低25日ということなので、会社によって、25日以上の有給休暇を付与しているところもあります。

私が勤務していた会社では社員一律で25日でした。短縮勤務をしている場合は、勤務時間全体に占める割合と同じ割合の日数が支給されていました。つまり、労働時間70%勤務の場合、有給休暇は17日になります。

日本にはない休暇手当

スウェーデンの企業では、ビジネスイヤーを4月1日〜翌年の3月31日までとカウントします。このビジネスイヤー1年を通して、正社員として在籍していることで、翌年のビジネスイヤーに新たに有給休暇が付与され、それに伴い休暇手当も支給されます。

休暇手当とは、有給休暇を取得したことに対して支払われる手当です。通常、与えられた有給休暇の全日数に対して、日割り給与額の8割ほどが手当として支給されます。

私の場合は、勤務期間が短かったため、この休暇手当を取得するチャンスはありませんでした。しかし、スウェーデンの一般企業では、休暇手当はごく普通に支給されるようです。

有給休暇を取ってさらに手当が支給されるとは、日本にはない制度なので驚きます。

スウェーデンで仕事をするとどのように有給休暇を使うのか?

空港

連続で休暇を取る

スウェーデンの労働法では、「6月〜8月の間は連続して4週間の休暇を取る権利を有する」と定められています。医療従事者に限っては、最長の連続休暇が3週間と短くなっています。

スウェーデンでは、有給休暇を少しづつ消化するというよりも、まとまった日数で取得する人が多い印象を受けます。

有給休暇を使う時期

最も多くの人が長期休暇を取得するのは夏の間です。その次に多いのが、クリスマス時期と学校の長期休暇の時です。

スウェーデンの学校は、秋休み、冬休みの他に、スポーツ休暇、イースター休暇と夏休み以外にもまとまった休暇があります。学校に通う子どもがいる人は、それに合わせて休暇を取ることが多いようです。

スウェーデンの休暇の定番の過ごし方

スウェーデンの草原

夏の休暇の定番

夏の休暇はサマーハウスに行く人が多いです。スウェーデン人のほとんどがサマーハウスを持っていると言っても言い過ぎではないと思います。

サマーハウスは、豪華な別荘というよりもキャンプができるコテージという感じです。都市部から離れた水辺にあることが多く、人々はここで夏休みの大半を過ごします。

釣りを楽しんだり、海水浴をしたりと、スウェーデンでは夏は思いっきり自然の中で過ごすことが多いです。

冬の休暇の定番

スウェーデンの学校では、冬の間に長い休みが2回あります。クリスマス連休を含む冬休み、2月にあるスポーツ休暇(Sportslov)です。冬休みは約3週間、スポーツ休暇は約1週間あります。

クリスマス時期は、家族や親戚一同が集まり、みんなでクリスマスのご馳走を食べるなどして、のんびりと過ごします。日本のお正月の過ごし方と似ています。

スポーツ休暇とは、スウェーデンの小・中学校、高校で、冬のスポーツを楽しむ目的で、設けられた休暇です。休暇の時期は各自治体で異なり、だいたい2月後半から3月にかけて実施されます。

この間は、親も1週間有給休暇を取得し、家族でスキー旅行に行きます。スウェーデン国内はもとより、お隣の国ノルウェーや他のヨーロッパの国々に行く人も少なくはありません。

まとめ

スウェーデンの企業では、勤務時間について就業規則はありますが、就業規則をきちんと守ることよりも、いかに生産的に仕事をし、仕事を進めていくかが大事です。

もちろん、就業規則を完全に無視するのは良いこととは言えません。しかし、それなりに仕事をしていれば、ある程度、自分の事情に合わせて勤務するということも可能だという印象を受けました。

休暇に関しても、個人の都合に合わせて取得するのが一般的です。しかもほとんどの場合、長期で取ることも可能です。

スウェーデンは会社員である前に一個人という考えが徹底している国だと、勤務時間や休暇制度を通して理解することができます。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Micco

Micco

投稿者プロフィール

北欧流のんびり生活を求めて、家族でスウェーデンに移住したMicco(みっこ)です。北欧ライフスタイルのライター、海外育児をするワーママとして活動中。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る