海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

スウェーデン・ストックホルムの治安とは?現地在住者が語る治安情報

スウェーデン

スウェーデンはヨーロッパ北部のスカンジナビア半島に位置し、デンマーク、ノルウェーなどの福祉国家として知られている国々に囲まれています。スウェーデンも人々が安心して暮らすための様々な社会制度が整った福祉大国です。

社会的にも安定しているスウェーデンは、ヨーロッパの中では安全な国だと言われています。しかし、そんなスウェーデンでも楽しく快適に滞在するために気をつけていただきたいことがあります。

今日は、スウェーデンの治安と、多発する携帯電話スリについてお話ししたいと思います。

スウェーデンの治安とは

スウェーデンの警察

テロ関連

イースターやクリスマス時期、大々的なデモが行われるときなど、在スウェーデン日本大使館よりテロに警戒するように促す「注意喚起メール」が送られてきます。

スウェーデン在住3年で、邦人を巻き込んだ犯罪に関する注意喚起は、これまでありませんでした。

2017年4月、ストックホルム中央駅周辺の繁華街で、トラックがデパートに突入するというテロ事件が発生しました。

事件直後は、ストックホルムの街中は恐々とした雰囲気でした。街の中心部は警察によって封鎖され、ストックホルムの全ての公共交通機関は運行を一時停止しました。警察の素早い対応で、事件は比較的早い段階で解決しました。

それ以後、ストックホルムでは大きな事件などはなく、落ち着きを取り戻しています。世界情勢としては、いつどこでテロが起こるかは分からないので、常にまわりの状況に気を配ることが必要です。

近年の犯罪増加

スウェーデンに実際に住んで、犯罪に巻き込まれたり、身の危険を感じたことはほとんどありません。他の国に比べ、比較的安全なほうだと感じています。

しかし、政府統計によると、安全と言われることが多いスウェーデンの治安に、わずかながらも変化が生じてきていることが分かります。

スウェーデンの政府機関、スウェーデン国家犯罪防止協議会(Brottsförebyggande rådet)の調査によると、2015年に暴力、脅迫、性的犯罪、強盗、詐欺などの犯罪被害にあった人は、全回答者の13.3%でした。

また2016年度は、前年度よりも増加し、15.6%という結果が出ました。2005年〜2014年は11.3%〜13.1%を推移していました。

この調査から、最近の2年間では、わずかながらも犯罪被害件数が増加傾向にあることが分かりました。

スウェーデンは移民受け入れ大国

スウェーデン

2015年欧州難民危機

スウェーデンは、外国出身者、移民2世が全人口のおよそ25%を占める移民大国です。

記憶に新しい2015年欧州難民危機で、スウェーデン内の移民の数は劇的に増えました。この危機では、多くの難民が、受け入れに寛容なドイツやスウェーデンを目指したと言われています。

スウェーデンは、欧州難民危機でおよそ15万人の難民を受け入れ、結果的に、人口比ではヨーロッパで随一の移民受け入れ国となりました。

急激な移民増加に対して、政府は難民危機のあった2015年の終わりには、受け入れに慎重な姿勢をとり始めました。現在では、難民申請で滞在許可を得た人に対し、スウェーデンへの滞在可能期間は3年間としています。

この3年間で、仕事を得るなどの自立した生活ができない場合には、出身国に戻らなくてはいけないなど、難民危機を境にかなり厳しい対応をするようになりました。

近年、犯罪が増加傾向にあることに合わせて、移民問題が国民の間で議論されることが少なくありません。

スウェーデンでは、犯罪者の民族的なルーツに関しては公式な統計はとっておらず、犯罪増加と移民増加は直接関係づけられていません。しかしながら、現実には、国民の中にはその関係性を疑う人が少なからずいます。

2018年の国政選挙

2018年9月に行われたスウェーデンの国政選挙では、極右政党、スウェーデン民主党(Sverigedemocraterna)がどれだけ議席を確保するかが焦点となりました。

スウェーデン民主党は、反移民政策を柱に、移民や難民の祖国への帰還、スウェーデンのEU離脱などを支持する政党です。

近年、スウェーデン民主党に賛同する人々が増えてきています。今回の選挙活動では、これまで以上に国民にそのインパクトの強さを示しました。

スウェーデンの国政選挙は4年に1度行われています。スウェーデン民主党は、2014年の総選挙で49議席獲得したのに対し、2018年度総選挙では62議席と着実に議席数を増やしました

移民問題で世界が揺れる中、2018年度のスウェーデン総選挙は、世界からも注目を集めていました。

選挙結果では、スウェーデン民主党は議会のマジョリティーになることはありませんでした。しかし、スウェーデン国会内で第3党となっており、今後の動きに注目が集まります。

他のヨーロッパ諸国同様、スウェーデンでも移民に関する議論は大きく取り上げられています

スウェーデン人の気質

スウェーデン

スウェーデン人の気質は日本人と似ているところがあります。基本的にスウェーデン人は真面目でモラルを大切にし、温和な人が多い印象を受けます。たとえば、地下鉄で母子が立っていると、子供だけでなく母親にも快く席を譲る、親切なお国柄です。

列に並ぶ際にも、スウェーデン人の気質を垣間見ることができます。ストックホルムでは、夕方のスーパーは大混雑しています。スウェーデン人は、レジ待ちの列にも、不満を言うことなくじっと待ちます。

他にもスウェーデンでは待たされることが多くありますが、それを黙って受け入れる辛抱強さがあります。このような真面目な国民性が、国の治安を守ることにも活かされていると言えそうです。

スウェーデン警察が出動した例

スウェーデン警察

ストックホルム中心にある公園を訪れていたときのことです。突然、大声が聞こえてきました。スウェーデン人は穏やかな性格で、声を荒げる人はそう多くはありません。

しかし、そのときは大声を出して、男性1人を数名の男性で地面に倒し、押さえ込んでいました。何事かと心配で見ていると、数分後にパトカーがやって来ました。

騒動のきっかけは犬でした。その押さえ込まれた男性は、公園で女性が散歩していた犬に暴力をふるったのでした。

スウェーデンの警察は車上荒らしがあっても、出動しないときがあるのだそうです。警察に電話すると、オンラインで被害レポートを提出するように言われ、それでおしまいなのだとか。

たとえ車上荒らしがあっても警察は出動しないのに、犬への暴行では警察がすぐに出動してきました。

この件では、動物愛護や暴力に対して、毅然と対処するスウェーデン人の姿が見てとれました。動物への虐待事件で警察がすぐに動くのは、ある意味、それだけスウェーデンは社会が成熟している平穏な国だという印象を受けました。

スウェーデンで多発する携帯電話のスリ

スマホ

スウェーデンのフリーの大衆紙『Metro』によると、警察がまとめた統計で、年間およそ125,000台の携帯電話の盗難・紛失届けがあるそうです。また首都ストックホルムでは、1日およそ100件以上の届け出が提出されているようです。

安全なイメージがあるスウェーデンでも、実際に頻繁に耳にするトラブルが「携帯電話のスリ」です。私のまわりでは、残念ながらこの被害にあわれた方が少なくありません。以下に、実際に身近で起きた携帯スリについてまとめてみました。

お店で買い物中

繁華街にある、フランチャイズ系の雑貨屋の店内で起きたスリの手口です。不審な人物が明からさまに近づいてきて、気を取られた瞬間、別の人物がポケットに入れてあった携帯電話を抜き取っていきました。グループで行われるスリの一例です。

電車を待っている間 

平日の夕方、地下鉄中央駅(T-Centralen)のプラットフォームで電車を待っていたときのことです。

知らない人物に携帯電話を見せるよう言われ見せたところ、そのまま手から奪われてしまいました。携帯を奪った人物は、停車中で扉が閉まろうとしている電車に飛び乗って逃げ去りました。

レストランで

レストランやカフェなどで、テーブルに置いていた携帯電話がいつの間にかなくなっていました。思えば知らない人が話しかけて来たときに、トレイや新聞などを携帯の上に置き、隠しながら持って行ったようです。

スウェーデンで特にトラブルが多い場所

ストックホルム中央駅

ストックホルム中央駅周辺

携帯スリの被害が、圧倒的に多いのがストックホルム中央駅またはその周辺です。

ストックホルム中央駅は、ストックホルムの中心部にあるターミナル駅となっています。国内はもとより、隣国のデンマークやノルウェーとストックホルム間をつなぐ列車も行きかい、常に多くの人が集まります。

ここでは、観光客だけでなくスウェーデン在住者でも被害にあっていると聞きます。このような事実を踏まえ、私も中央駅周辺に行く際は、常に気を引き締めています。

旧市街(ガムラ・スタン)

映画『魔女の宅急便』のモデルになったと言われている旧市街(ガムラ・スタン)は、世界中から観光客が大勢集まります。その観光客を狙って、スリもやってきます

ガムラ・スタンでは、中世が息づく美しい街並みについつい引き込まれてしまいがちです。壮麗な街並みを写真に収めようと、注意がそれてしまうことがよくあります。写真撮影の際には、十分気をつけましょう。

スウェーデンで被害にあわないために

カバン

特に夏の観光シーズンは、観光客を狙った被害が多くなっています。トラブルを避けるために、気をつけたいことをまとめました。

身の回りのものはしっかり管理する

スリは、被害者がどこに携帯電話やお財布などを入れているか、どこかで見て確認しています。

電車のチケットを買った後は、お財布は取り出しにくい場所に入れましょう。乗り換えなどを調べるために、スマホを使った後も、ポケットやカバンの抜き取られやすいところには入れないようにしてください。

またバッグなどの持ち物は、常に目の届くところで管理しましょう。

出歩く時は十分に注意する

「自分は警戒をしているんだ」と言うそぶりを見せることで、被害を抑止できます。

エスカレーター・電車・バスの中などでは、背後が死角になってしまいます。特にストックホルムでは地下鉄構内は、長いエスカレーターが多数あります。貴重品は取られにくい場所にしまい、なおかつ常に後ろに注意を払いましょう

むやみにものを置かない

レストランやカフェでは、テーブルの上など人目につく場所に携帯電話や財布などを置かないようにしましょう。

スウェーデンには素敵なカフェやレストランがたくさんあり、そのような場所で旅の思い出の写真を撮ることがあるでしょう。しかし、レストランやカフェでスマホで写真を撮った後は、すぐに見えない場所にしまいましょう

まとめ

外国を訪れたり、住むにあたり、常に身の回りの安全に気を配ることは大切なことです。

スリや置き引きはもちろん、危険な場所に近づかない、夜の一人歩きを避けるなど、日頃から気を付けてください。せっかくの滞在でトラブルにあってしまうのは、とても残念なことです。

スウェーデンは自然が多く街並みがとても美しい国です。住んでみて、治安も比較的安定していると感じます。

しかし、国それぞれに良い面と悪い面があるのは、言うまでもありません。スウェーデンを訪れる方には、安全対策を怠らず、より良い旅を楽しんでいただきたいと思います。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Micco

Micco

投稿者プロフィール

北欧流のんびり生活を求めて、家族でスウェーデンに移住したMicco(みっこ)です。北欧ライフスタイルのライター、海外育児をするワーママとして活動中。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る