海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

アメリカ就職を目指す人へ!アメリカで働くメリットをご紹介

  • 公開日:
  • 更新日:
ホテルのプール

海外就職を考えている人は多いと思いますが、中でもアメリカを目指す日本人はたくさんいるでしょう。しかし、現実にアメリカで働くことにはどんなメリットがあるのか、日本にいては分かりづらいものです。

国が違えば労働環境も異なり、いい点・悪い点も異なります。

実際にアメリカで働く私がこれからご紹介するそのメリットを知って、アメリカ就職への気持ちを確かめていただければ幸いです。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

アメリカでは給料アップや福利厚生内容を交渉できる

日本では、給与は組合が交渉した金額がベースになったり、職級に応じて金額が決まったりすることが多いと思いますが、アメリカでは個人の実績をもとに交渉することができます。

もちろん、経営者が実績を認めてくれなければ思うように給与は上がらないですが、自分の実績を上手に説明し、上司を納得させることも能力の1つになります。

また、通勤用車の支給、住宅手当、子どもの学費補助など、福利厚生も個々人によって異なるので、こちらも交渉となります。日本のように企業が一律に決めるのではなく、人によって条件が異なります。こちらも根拠を述べながら上司にうまく説明する必要があります。

成績優秀な従業員には上司も辞めてほしくないので、そういった従業員は自然と希望を聞いてもらえることが増えてきます。

アメリカでは勤務時間がフレキシブル

アメリカの景色

日本の会社では9時から18時などと就業時間が決められている場合が多く、原則それを守ることがルール(規定)になっています。

一方アメリカは、定時は就業規則等で決められているものの、それぞれが働きやすい時間帯に変更することが暗黙の了解になっています。

朝は交通渋滞がひどいため、交通渋滞を避けて早く出社する社員は帰りの時間帯を早めるなど、都合に合わせて時間をずらすことが可能です。

パートタイムの社員は、週の中でどのように働くか自分で組み立てることができます。

例えば、月曜日は子どもの学校送り迎えがあるので短時間勤務とする代わりに、水曜日は朝早くから夜まで働くなど、各人のプランが尊重されています

アメリカでは各人の責任範囲が明確

日本では、上司から言われたことや他の部門からの依頼は、例え業務範囲外の仕事であっても断ることなく取り組むことが多いでしょう。

一方、アメリカではその線引きが明確になっていて、自分の業務以外のことは、例えば上司からの依頼であっても断ります

これは、業務が増えるのが嫌だという理由からではなく、それぞれの業務はプロフェッショナルが行うものであって、業務経験のない素人が手を出すと逆に混乱を招いたり、間違いを導いたりする可能性があるという発想からです。

自分の業務には責任を持って取り組み、そのほかの分野については専門家が責任を持って各自行うという考えが浸透しています。日本の会社ではなかなか考えられないことかもしれません。

アメリカでは仕事時の服装が自由

部屋

業界や場所にもよりますが、アメリカはスタートアップ企業や個人事業主が多いということもあり、仕事中の服装は自由であるところが多いです。

もちろんニューヨークのウォール街などでは日本のようにスーツを着た人が多いですが、オフィスカジュアルや、Tシャツにジーパンというスタイルも見かけます。

その服装に対し、誰かが文句を言ったり、クレームをつけたりということはアメリカではありません。

日本では、「〇〇会社の〇〇さんはあまりにもラフな服装すぎる」と会社に苦情がありそうですが、そこはアメリカ、個性や個々人の考え方を尊重しているのが伺えます。

アメリカでは役職に就くと個室が与えられる

アメリカでは通常、マネージャークラスになると個室が与えられます。これには、重要な打ち合わせや電話があるため、業務に関連する機密を守るという意味合いがあります。

また、プライバシーを尊重するということも大きな要素です。プライバシーが守られてこそ、効率の良い精度の高い仕事ができるという考えです。

個室では自分のスペースが広くなるので書類や書籍も置くことができ、余裕を持って業務に取り組むことができます。

ただ、マネージャーであるからには成績についても高いものを求められます。自身や会社の業績を意識し、常にプレッシャーとともに働くことになります。

アメリカではシックリーブ(病気休暇)が充実

建物

日本では病欠は有給休暇と同様の扱いになる場合が多いと思いますが、アメリカでは病気になった場合に使える休み、シックリーブが有休とは別に与えられています

これは家族が病気の場合にも適用され、例えば小さい子どもが急に具合が悪くなり、病院に連れて行かなければならないときでも使うことができます。また、パートナーが急な病気になり、どちらかが子どもの世話をしなければならないような場合にも利用可能です。

シックリーブは年間で10日程度に設定されている場合が多いです。いつ訪れるか分からない病気という事態への対応として、アメリカでは休暇もきちんと制度化されているのです。

まとめ~一人ひとりの社員が尊重される働きやすい環境

ビーチ

個人的には、アメリカは日本に比べて働く環境が整っていると感じます。

日本では、全員が同じ時間に働き同じ時期に休暇を取るなど個々のイレギュラーは認められない傾向にあり、家族よりも仕事が優先という考え方も根強いです。

一方、アメリカの会社は社員を尊重しており、個人の考え方や生活スタイル、そしてその家族も同様に尊重しています。このような就業環境がアメリカの経済成長を支えているのでしょう。

何をメリットと感じるかは人それぞれですが、アメリカ就職にトライしてその働きやすさを体験してみてはいかがでしょうか。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る