海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

ポートランドで実感したアメリカ就職のメリットとは

ポートランド

アメリカでの生活を夢見ている人は年齢性別を問わずたくさんいらっしゃると思います。

国内の会社勤めを経過してきて、「ん??なんか違う」「仕事や収入よりも、やりがいや個性や特技を活かせる職種や環境に身を投じてみたい」などその理由は多々ありますよね。

今は日本からとても近い中国や韓国、タイやベトナムなどアジア圏でのお仕事募集も増えてきています。毎日見過ぎて見飽きた風景や環境から離れて、一点集中型でご自身の目標に向かって歩んでみませんか?

今回はアメリカでの就職を通して経験して良かったことやアメリカ生活でのリスクなどをお届けいたします。アメリカでの就職を目指す人への応援となれば嬉しいです。

どうしてアメリカで就職を選んだか

道具

少し古い話になってしまいますが、1992年からアメリカ合衆国ウイスコンシン州に留学をしていた頃のことです。西海岸のオレゴン州・ポートランド市に希望していたような大学を見つけ引っ越すことになりました。

州立や市立の四年生大学とは異なり専門性が高い美術大学へ進学し、卒業後は自立しながらもポートランド市内のギャラリーで小さな個展を開くなどして、細々と生活していました。

生活費の他に画材費や展示費用など、学生時代とは違い生活費以外のお金が必要になってくることに気づきました。さぁ困った。。。どうしましょう。。。。

私の場合、運良く卒業した美術大学や周辺の教会関係者、在学中に交流があったボランティアをしていた時の役員の方々から「レコメンデーション」という推奨書を発行して頂きました。

また、移民局へ大学が私のために提出して下さり、「アーティストビザ」という2年間有効なビザを発行して頂くことができました。

国を越えて芸術家として活動するために、コミュニティの中に必要な存在であるという位置づけのビザです。とても光栄な事だと記憶しています。

その後、ポートランド市内にある、日本食屋さんと日系二世の方がオーナーのカフェの2つのお店で働く事ができました。

扱いとしては、週40時間のフルタイム勤務ではなく、週に30時間程度づつのパートタイムワーカーとして勤務させていただきました。

仕事を始めるきっかけや動機は、

  • 生活の基盤をしっかりと作りたかったから
  • 一番大切にしていた創作を続けるために材料を購入する費用が必要だったから

という2つがメインの理由です。

仕事を始める前に6年以上はアメリカ生活をしておりましたので、「10年後の自分の人生のために」という野心が先行していたわけではなく、とにかく「生きていくために仕事についた」というのが正直なところです。

カフェ

仕事と創作活動とのバランスも整い、毎日とても充実した日を過ごしていたのを記憶しています。

これは、ただ単になんとなく「アメリカで生活したい」という理由からではなく、「目の前にある事柄をこなしていくために仕事をして稼ぐ必要であった」という具体的な理由がありました。

「アメリカで仕事をすることを選択した理由」は、私の場合は至ってシンプルです。

単に仕事をしたい!という気持ちだけが先行するのではなく、どうしてアメリカで働きたい気持ちになるのか、その動機をしっかりとご自身で把握していることで、どれだけ深いリサーチや事前に必要な事項があるか、自然と解ってくるものだと考えます。

どんな仕事でも良いということであっても、多少なりとも技術が無いとできない仕事もあります。

私のケースでは現場の先輩にあたる担当者から毎日少しずつ教えて頂き、数か月でフロントでサービスできる程になりました。

ここでもコミュニケーション能力が試されますが、ポートランドに住むアメリカ人は、異文化や外国人にとても友好的なので、親切丁寧にたくさんの技術を伝授して下さった事に感謝しています。

アメリカでの求人を探す方法

寿司

通常、日本国内からアメリカでの仕事を見つける際は、実際に国内に店舗をもつアメリカ移住や職業斡旋をする代理店に相談するケースや、インターネットを介してご自身で検索し仕事を発見する場合があると思います。

また、実際にアメリカでの生活と就職経験がある友人の方からの斡旋やご紹介という場合もまれにあるのではないでしょうか。

私は既にアメリカ・ポートランド市に住みながら仕事を探したため、アメリカの様子や客層、周辺環境や既に雇用されている方からのお話など、直接的なリサーチをすることができました。

何度もオーナーや関係者と会話をして、ここだったら技術が無い私でも受け入れてくれるだろう、という自信がでるまで通い詰めたこともあります。その後正式に採用願いを提出し、無事雇用されました。

他にもポートランド市内には働く選択肢が幾つかあったのですが、当時は条件を決めて仕事を探していました。自宅付近からさほど遠くない区域にある日系人経営の飲食店で、スタッフが楽しそうに働いていて活気があるお店がその条件でした。

アメリカ人経営者のお店がダメだったということではありません。私の場合、日頃の創作活動をしている時は、特に日本人がいない環境で生活しているため、ずっと英語に浸っている時間と環境に囲まれます。

時々は息抜きをして、母国語の日本語で会話をしたり、日本の礼儀や文化に触れていたい衝動がありました。自身の心に忠実に、「仕事を通して挑戦したい事」と「馴染み深い空気に浸る事」のバランスをとりたかったんだと思います。

仕事を探す上で大切なのは、

  • 自分にとってアクセスや地域柄、安全で都合の良い環境かどうか
  • 就職後も、毎日向上できるようなサポート環境があるか
  • 自身から教えてあげられる事があるか

この3点だと思います。最初は自分の長い人生の瞬間をどう生きていくか、ということが大事です。

2番目に、技術向上のために手伝ってくれるスタッフがいるか、最後に人間同士のつながりで少しでもお手伝いや役に立てることで恩返しができるか、を考えることで、おのずと就職先や雇用形態、理想とする職場、の絵が見えてくると思います。

アメリカで就職してよかったこと

カフェ

カフェとレストランで約3年ほど仕事をさせて頂き、貴重な経験をした自分を振り返ると、良かったと思う経験が多々あります。

私が働かせて頂いた環境下では常に先輩と職人に手助けを受け、毎日勉強させて頂きました。新しく覚えることや挑戦することがあるという機会を与えられたのも、当時ポートランドで仕事をしていたからであると感じています。

サービス業界について学んだ

長い経験の結果、毎日数百名のお客様に対応することができるようになり、サービス業業界の単語や会話の流れを学ぶこともできました。

また、毎日様々な感情で来店されるお客様へリズムよく会話し商品を提供する事や、時には一緒に席に座り私情を聞いてあげるようなシーンへの対応など、1人1人のお客様へ細かい気配りをしながら対応することが出来るようになりました。

英語で食材の成分を単語を覚えることができた

ベジタリアンが多いアメリカでは、料理の中身の説明を求められるお客様がいらっしゃいます。日本食や中華で言われる「出汁」という概念がないアメリカの食文化なので、鶏肉や豚肉、魚や昆布を使った「出汁」の説明に苦労しました。

「ラーメン欲しいんだけど、その出汁ってのを取ってちょうだい」というお客様への対応も随分とこなしました。(除くことは無理ですが。笑)

小麦、大豆、蕎麦など、日本国内では常識的なアレルゲンの英単語も、当時は必死になって暗記したものです。

レストラン厨房内で使う英単語を習得することができた

刺身包丁、研石、檜まな板、枡、蒸す、茹でる、揚げる、腐らせる、裂く、水を切る、燻製にする、漬け、などなど。厨房内で聞こえてくる専門的な用語を、英語と紐付けしてフランス語で勉強しました。

コロッケという単語一つにも欧州の歴史があることが解ったり、腐らせたり、寝かせるという文化がないアメリカの方に、納豆や鮪の漬けなど古来から伝わる日本食の制作工程を説明する立場でもあったので、聞かれた時はなるべく実演で説明できるように心がけていました。

「個人技」ではなく「チーム」としてサービスする大切さを知ることができた

経済大国と言われるアメリカ合衆国の労働環境で私なりに素晴らしいと思う点は、ワンオーナーやハウスオーナーと言われる零細企業であっても役割分担がしっかりと決まっていることです。

また、個人だけの成長ではなく、部署やスタッフ全員の成長を社員同士が常に助け合い望んでいることで、しっかりと経験を積むことができました。

自身の出来る範囲が狭くても、より深く探求し実績を残すことで評価してくれるため、モチベーションを維持することもできました。

アメリカ就職でのリスクと注意点

アメリカで働くことの注意点は、やはり就労ビザをもっているかどうかが一番気になるところではないでしょうか?ポートランド市では南からの移民も多く、政府の入国管理担当者が抜き打ちでIDやビザの確認に来店することがあります。

この時に所持していなければいけない発行物を所有していないと、雇用しているオーナーまで検査を受けることになりますので、正規で取得したビザやIDは常に持ち歩くようにしましょう。

リスクという面から考えますと、大企業は別として個人事業主で開店されている店舗に就職やパートタイムで職に就く場合、最低賃金からスタートするケースがほとんどです。

現地での経験値や語学力などで給与がかわってきますので、下積みとして数年はかかると想定してください。

長年日本で技術者や開発者として仕事に従事した場合でも、日本での経歴が特別なものでない限りは、入社当初は新人扱いされるというケースがほとんどです。

当然収入にも関わる話になりますので、日本の経歴書や会社からの推薦状、公的機関からの紹介状などがあると給与にも影響しますので、それらの書面などはいつも手元に置いておくようにしましょう。

まとめ

空港

アメリカで就職する前には、しっかりとした目的と環境の調査を徹底的に掘り下げ、就職後には、部署でのコミュニケーションや立ち振る舞いは穏やかに、解らないことは教えて頂く勇気を持ち、ご自身がチームのメンバーとしていつも必要とされている、という事を忘れないで頂きたいと思います。

周りにはたくさんのサポーターがいることを忘れないで下さい。

現在は帰国し札幌市内で生活をしている私は、ポートランド市での就職経験を一生忘れないでしょう。いま現在の全ては、このアメリカ就職経験があったからこそ成り立っていると思います。

この貴重な「見えない財産」を大切に保ちながら、新しい自分を発見する旅を、明日からまた始めようと思います。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

大澤 幕(オオサワバク)

投稿者プロフィール

アメリカ・ポートランド就職。
平面アーティスト / アートディレクター。企業組織のブランディングや企画プロデュースを手掛けるブランディングテクニシャン。コンテンツのプロモーションは勿論、ブランディングをウエブメディアで促進させ、多種にわたるクライアントやユーザーへ繋げるスペシャリスト。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る