フィジーの語学学校で海外就職!異文化を体験するために海外へ

フィジーの語学学校で海外就職

フィジーでの海外就職を叶えた沼田さんに話を伺いました。ワーキングホリデーを終えフットワークが軽くなっていたこと、そして、もっと異文化を経験したいということから海外就職を決断しました。

今回は、フィジーでの海外就職体験談をご紹介します。

フィジーでの求人の探し方

フィジーでの求人募集は日本から応募しました。応募後は、スカイプのビデオ面接、そして、日本で働いてるスタッフの方に直接面接して頂き採用されました。

その後は渡航の日程などをすり合わせし、フィジーへ渡り、私の海外就職が始まったのです。

フィジーでの海外就職を決断した理由

元々は旅行で訪れた際に知り合って仲良くなったフィジー現地の方が、日本人向けの語学学校をやっていて誘われたのがきっかけです。

その時は直近でワーキングホリデーを終えたこともあってフットワークが軽くなっていたこと、何より「もっと異文化を経験したい」という思いが強かったので、海外で働こうと決めていました。

しかし、その時はまだ学生だったので一度お断りしたのですが、数年後に改めて連絡を取ると「今は人が増えてきてるから面接が必要になった」とのことで、面接を受けさせていただくことになったのです。

フィジーでの海外就職で感じる一番のギャップ、フィジータイム

「フィジータイム」という言葉がある程、フィジー人はのんびりしています。「今すぐ○○が必要」という場面でも全然急いでくれません。

日本なら仕事が遅いと怒られたり、そんな状況が続けばクビになったりすることを恐れますが、フィジーの方達は全くおかまいなし。これはあくまで日本人である私の感想なのですが、フィジーの方々は基本的に村で生活しています。

そして、サンダルだろうがタバコだろうが食べ物だろうが、お互いに「シェア」するのが当たり前なので、根底には「最悪仕事が無くても暮らしていける」との考え方があるようです。

フィジーでの海外就職のメリット!適応力の向上

上記に書いたように「フィジータイム」をはじめ、文化や環境が違う中で手探りで生活する事によって適応力が養われています。

また、来た当初は「ここがこの国の悪いところだ!」と思っていたような部分もそうでは無い事に気づきました。

一見外から見ると駄目なように見えても、その国でそのように行われている事には必ず理由があります。これは日本国内にも当てはまる事で、現在の私の考え方の根本になっています。

フィジーでの海外就職ではこんなトラブルも!公的機関のだらしなさ

どんなトラブルも突き詰めて考えれば理由があり、納得できるようになりましたが、唯一改善して欲しい所は全体的に「公的機関がだらしない」ということです。

例えばイミグレーションです。

日本から訪れるお客様の短期ビザを長期ビザに切り替える為にイミグレーションには良く通っていました。そこでは4~5人のスタッフが仕事をしているのですが、朝一番に書類を揃えて持って行っても平気で3~4時間、ひどい時には半日以上掛かります。

これは単純に仕事が遅いという理由だけでは無く、欧米人の観光客を優先してアジア人は後回しにされているからです。

もちろん、フィジー人全てがアジア人を差別しているわけでは無く、むしろ他の国に比べてもフレンドリーな人が多いと思いますが、そこのイミグレーションだけは毎回そうでした。

私も何度か口論になってしまい、途中からフィジー人のスタッフに役割を代わってもらいました。また、他の外国企業が警察署の署長相手に接待したりする場面にも何度か遭遇し、フィジーの洗礼を受けています。

これが私のストレスの発散方法

私はストレスが溜まった時にはよく現地でできた友人達とKavaと呼ばれる飲み物を飲んでいました。Kavaは植物の根を乾燥させて粉末状にしたのものを水に溶かした飲み物で、フィジー人はことあるごとにこれを飲みます。

日本で居酒屋にお酒を飲み行く感覚に近いです。

Kava自体はアルコール成分が無く、むしろ欧米でも美容目的などの健康ドリンクで販売されているようなもので、飲むと少し舌がピリピリしたように感じるのが特徴です。

日本人の私はいくら飲んでみ酔っ払うことは無かったのですが、現地の方は酔っ払ったような状態になることもあるようです。

kavaが入ったボウルを友人達と囲み、ココナッツで作った皿で掬って友人や時には知り合ったばかりの知らない人達と雑談しながら飲むのが最高のストレス解消法です。

まとめ

いかがでしたか?

ワーキングホリデーを体験し、フットワークが軽くなっていたことが海外就職のきっかけになった沼田さん。日本とフィジーのギャップを日々感じながらも海外就職を楽しんでいます。

日本とは違った体験、あなたもしてみませんか?

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ!

初めての旅行先だったバンコクで海外就職!日系コールセンターで働いた話

メキシコの日系メーカーにて海外就職!色々なことに寛容になれた貴重な経験

タイ(チェンマイ)で学生の留学支援をする会社で海外就職した話

 

海外就職お役立ち

現地採用の面接に受かる人の2つの条件と4つの特徴(海外就職編)

決められない…海外就職する?しない?決断のポイントは至ってシンプルだった

海外就職!バリ島のホテルで働くきっかけになったこととは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 青島54広場
  2. イギリス
  3. ミャンマー語
  4. サウナ
  5. ディズニーランドパリ
  6. 台湾でのワーホリ

おすすめ記事

  1. 北京の日本人向けフリーペーパー
  2. バリ島の物価と生活費
  3. イタリアで財布に注意
  4. 青いペン
  5. 韓国の国際運転免許証
ページ上部へ戻る