オーストラリア産ワインを輸出する会社で働く【海外就職経験談】

葡萄

オーストラリアで海外就職。今回は、オーストラリア産ワインを日本に輸出する仕事に就いた植田さんをご紹介します。

ワーキングホリデー中に誘われ、アットホームな社内の雰囲気を気に入って入社しました。残業はせず、上司に不満も伝えやすい環境を謳歌しています。

反面、車移動に伴うトラブルや薬が体に合わないといった困り事にも見舞われました。

海外就職者プロフィール

28歳(女性)

海外就職先:オーストラリア

給料: 1ヵ月約3000ドル程

海外の勤務先:商社

ワーキングホリデー中に誘われて

ワーキングホリデーで滞在していた時、オーストラリアの農家で1ヵ月働かせてもらう機会がありました。

その時はその農家のお宅に泊めてもらっていたのですが、そこの息子さんが日本人が好きで、彼の叔父の経営する会社で働かないかと私を誘ってくれたのがきっかけです。

私の英語力が仕事をする分に問題なかったので、雇ってもらえることになりました。

関連:海外で働くための英語力はどのように身につけるべきか

アットホームで平等な社内

会社の面接を受け、ほぼ内定をもらった頃に、社内の見学をさせてもらいました。社員は全部で20人程と少人数で、アットホームな雰囲気でした。

私以外にもアジア系の社員が少しいて、現地の社員と差をつけられている様子もなかったので、この会社は大丈夫だと思い、就職を決めたんです。

関連:失敗しない、海外で働きたい時に海外求人を見極める3つのポイント

ワインを日本に輸出する業務を担当

私が主に担当しているのは、オーストラリア産ワインを日本に輸出する際の業務全般です。

まず、日本のワイン輸入業社から商品の価格交渉をされるので、価格を社内で決定させます。これは社内会議の後、社長に相談して決定するんです。

その価格でクライアントが問題なければ、輸出の手配をします。また、請求書の発送や日本からの入金の確認もしています。

定時できっちり仕事を終える

私は日本でも仕事をしていたのですが、その時にはかなり残業が多く、定時から2時間以上会社に残って仕事を続ける日などもざらでした。

しかし、オーストラリアの会社では、定時が来ると皆迷いなく会社を出ます。その後飲みにでも行くのかというと、そうでもなく、普通に自宅に帰る人ばかりです。

例え仕事が途中でも手を止めて帰るのが、オーストラリアでは普通のようですね。

トラブルも相談がしやすい上下関係

オーストラリアの会社で有り難いのは、上司と部下の関係が近く、部下の意見がわりと通りやすいということです。

上司と部下の関係というものは当然存在しています。日本では、普通なら部下が仕事の不満を上司に言うのは、ちょっと気が引けますよね。

オーストラリアの会社では、部下が仕事の不満や問題点をはっきりと上司に伝えていて、そのおかげで状況が改善されることも多々あります。

車での移動がメインで、交通事故も多い

オーストラリアという土地柄、どうしても移動は車ばかりになってしまいます。

私は免許を持っていたのですが、この会社に就職して初めて海外で運転したので、慣れるまでは結構怖かったです。

また、出勤中に動物をはねる等の交通事故や、車のトラブルで動けないといったことはしょっちゅうあり、それが原因で遅刻する社員も多いんですよ。

オーストラリアに適応するために

まず、この国の場合は車の運転が問題なく出来るようにしておくことが大切です。

公共交通機関を使うことも出来ますが、少し郊外へ行くなら自動車の方が便利です。

また、結構な田舎になると町から町への距離が遠いため、車で移動中に何も無い場所で事故等があったら助けを求めるのが大変です。

必ず現地で頼ることのできる人や業者の連絡先を控えておきましょう。

関連:どんな人が海外での暮らしを楽しむことができる?海外に適した人の6つの特徴

ランチビールでストレス解消

オーストラリアの私がいる場所では、昼間にランチビールを飲むのが習慣の人が多いです。もちろん車を運転しない場合ですよ。

私も仕事でストレスが溜まった時は、会社の同僚と昼間からビールを飲んで仕事の相談にのってもらったりしています。

また、自然が多い環境なので、海や山へ出掛けて自然に触れることも私のストレス発散方法の一つです。

常備薬は必須

あらかじめ常備薬を日本から持参していくことをお勧めします。なぜなら、オーストラリアの薬が合わなかったり、すぐ病院に行けなかったりする可能性があるからです。

オーストラリアで私が風邪をひいた時、まだ病院がどこにあるかも知らず困りました。そしてやっと病院で薬をもらいましたが、初めはそれが体に合わず、気分が悪くなってしまったのです。

その時ばかりは、日本から風邪薬を持って来たら良かったと後悔しました。

まとめ

いかがでしたか?

必ず定時に仕事を終える習慣や上司と部下の近しい関係性は、うらやましいと思う方も多いのではないでしょうか。

車が運転できるなら、休日に海や山に行ってリフレッシュするのもよいですね。ただし、ランチビールを飲んだら運転は控えましょう。交通事故にも注意が必要です。

渡航する際には常備薬を忘れずに、という実用的なアドバイスも、心しておきたいですね。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

海外就職や海外転職に成功した人がやっていた4つの事前リサーチとは?

20代から視野に入れたい海外就職の4つのメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

ページ上部へ戻る