海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

フランス企業に就職!パリ郊外のフランス企業で仕事をすることとは?

オフィス

日本人の就職先はアジアだけではなくヨーロッパにも広がっています。ここフランス・パリ郊外でも20代の若者が海外就職に挑戦しています。仕事内容はフランスの現地企業での事務員です。

今回はフランスでの海外就職に至った経緯や海外就職を通して良かったこと、準備しておくべきことをご紹介します。

フランス就職したきっかけ

日本から渡仏して半年。最初の半年間は遊んで暮らしました。

夫とパリに住んでいましたが、子供がおらず時間を持て余していたことと、パリでの生活に慣れてきたこと、フランスで働くことが夢でもあったので現地の求人に応募をしました。

現地の日系新聞のウェブサイトから3〜4通の履歴書を送り、自宅から一番近い場所にある職場から連絡が来ました。

他にも志願者がいたようですが、自宅から勤務先まで一番近い人を、という会社からの希望で即採用されたのが海外就職のきっかけです。

フランスの求人で重視したこと

日本で接客や事務での経験がありましたが、フランスで初めて働くので自分の希望などにはこだわらず、雇ってくれればどこでも良いという考えでした。

オフィスワーク、販売系、特にパリは観光都市なので旅行系の仕事の希望もありました。しかし給与が高いのは事務系、そして自宅から近かった職場で働くことにしました。

フランスで感じた残業に対する考え方

フランス人は緊急でない限り残業をしません。日本では今日できる仕事は明日に持ち越さないというスタンスですが、前述のようにフランス人は同じ考え方をしていないのです。

管理職であってもじゃんじゃん仕事を残してサッサと帰って行ってしまいます。机の上に書類が散乱かつ山積していた上司にはあっけにとられてしまいました。

しかし、こうしたライフスタイルでプライベートも充実させているフランスを見習っても良いのかもしれません。

フランスで仕事をするからこそ溶け込める

フランス人はどんな風に仕事をしているのか分かったのが良かったです。仕事は一日の半分以上を占めているため、必然的にフランス人と接する時間が長くなります。

一緒に働いていないとフランス人の生態をよく観察できないため、仕事をしながらフランス人を観察していました。

また、フランス語で仕事のやりとりもするので語学力がアップするのと、海外でも自分が一応役に立っていると感じられることが嬉しかったです。

そして、発見ですがフランス人は無駄話ばっかりしているわけでない人もいます。

イメージでは、フランス人は仕事に対して不真面目(適当)という感覚をもっていましたが、まじめに仕事をしている人もいるのが分かりました。

フランスで働くってここが難しい、人間関係

フランス人に交じって働く日本人は私ともう一人の女性。彼女が忙しくて手が回らないため私が採用されたはずなのですが、忙しすぎて仕事を教えてくれませんでした。

忙しいと言っても単に彼女が定時で上がるために時間をとって教えてくれなかったというのが原因です。仕事の合間に2〜3語教えてくれるだけで、結局自分で理解し、手探りで進めるしかありませんでした。

フランス生活・仕事に適応していくために必要なこと

現地の習慣に自分から入っていくことが必要です。前述の彼女はフランス人同僚に心を開かず、何か問題があっても自分だけで解決しようとしていました。

それはフランス人からすると信用されていない、何を考えているかわからないということになります。以心伝心ではありませんが、何かがあったとききちんと話すということは欧米人にとって当然です。

そうした文化背景も考えて仕事をすると良いと思います。

フランスではこうやって過ごす、休日の過ごし方

私はストレス発散が上手くないのですが、自分で得たお給料があるので、休日に買い物をしたりしています。

また、旅行が好きなので休日は色々なところへ行きました。ディズニーランドパリや、お城、パリ郊外の街を探検、パリ市内をそぞろ歩き、一眼レフでパリの街並みを撮ってウェブにアップしたり……。

パリは歩いているだけで色んなイベントに出会うので楽しい街です。

初めての海外就職で備えておくべきこと

まず何よりも語学力です。最低でも語学検定の2級ぐらいはとっておかなければ現地の人とコミュニケーションできません。また英語ができるとプラスになります。

今は英語圏以外でも英語ができる人も求められています。また、文化を先に知っておくことも必要です。

日本ほど海外の人はキッチリしていないとか……。赴く国別に前知識があれば現地でのショックが和らげます。

モロッコはフランス語を格安で勉強できるのでおすすめです。

まとめ

今回はフランスで事務系の会社で海外就職した20代女性の体験をご紹介をしました。海外就職で必要なことは、自ら現地の文化や習慣に入っていくことが大切になってきます。

また、最低限の語学力も必要になってくるでしょう。事前の準備と進む気持ちを持って海外就職を成功させてくださいね!

上手にフランス就職・フランス転職をする方法

フランス就職の状況は絶えず変化しています。フランスへの転職が気になっている人は、まずは転職サイトでどのような求人が出ているかを見てみましょう。

求人を見れば、求人職種や給与、待遇の傾向がつかめてきます。そうするとフランスで働くあなたのイメージが具体的になるので、転職の成功率はぐっと高まりますよ!

以下は海外転職成功者の利用実績がある転職サイトです。待遇がしっかりしている求人が多いので、安心して求人を探せます。いずれも登録は3分程度、サイトの利用料は無料です。

今しかできないフランス生活をあなたもはじめませんか?

登録したからといって、必ずしも転職する必要はありません。「フランスへの転職が気になる」という人は、いい条件の求人やスカウトがないか、まずは気軽に探してみましょう!

海外就職を成功させ、人生をもっと面白くしましょう!

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る