韓国ソウルでお得に両替しよう!上手に両替する4つのポイント

韓国ソウルで両替

何かと「お得」で日本各地からのアクセスも良いと言われている韓国。毎年多くの人が訪れる人気の海外観光地として定着しつつありますが、そこで気になるのが両替レート。レートの良い時期に、レートの良い両替をすることで、旅行のお得感がぐっとアップしますよね。

そこで今回は、どこでどのように両替すると良いのかをご紹介します。

まとまった金額を両替するのは韓国に到着してから!

荷物もあり不慣れな外国の土地を訪れる場合、日本国内の銀行や空港で予め両替しておくと安心感につながるかもしれませんが、レートの面から見るとあまり得策ではありません。

手元に全くウォンがなく、韓国到着後すぐに空港からバスや地下鉄などで移動しなくてはいけない事情がある場合は、韓国の空港で交通費などすぐに必要な一部のみを両替するようにしましょう。

市内の両替所が最もレートが良い

両替できる場所は、空港はもちろん市内の銀行や両替所などがあります。

レートが良い順番で見ると市内の両替所が最も良く、続いて市内の銀行、韓国の空港、日本国内となっています。最もレートの良い韓国国内の両替所と日本国内で両替した際の差額が、2万ウォンほどになる場合もあるんです。

<2万ウォンあったら何が買える?>

  • お土産に人気のフェイスパック(1枚2000ウォン程度)×10枚
  • キムパプ(韓国風海苔巻き、1本1500ウォンくらい)×10本以上
  • 簡単なランチなら2食分くらい(キムチチゲ1人前が6000ウォンほど)

ソウル市内のお勧め両替エリアは「明洞」

明洞での両替

両替所は、明洞、梨泰院、東大門に集中しており、それ以外のエリアではほとんど見られません。そのため、同エリアのホテルに宿泊したり観光する予定があったりする場合は良いのですが、そうでない場合、わざわざ出向かなくては行けないという煩わしさがあります。

それでもまとまった額を両替しなくてはいけないなら、明洞の両替所がお得なんです。

明洞は、両替所が集まっている数少ないエリアの中でも、特にレートが良いといわれる両替所が集まっています。明洞は、地下鉄2・4号線が乗り入れているアクセス面では便利なエリア。ちょっと面倒でも両替所で両替するならやはり明洞がおすすめです。

時代は変わった!道端の不法両替はダメ

私が韓国に住み始めた9年前とは韓国もかなり変わりました。9年間で明らかに変わったのは、屋台の数と道端の両替所の数、タクシーの相乗りなど。これらほとんどが違法です。(昔は屋台の多くが無許可の違法な商売でした。)

現在は、取り締まりが厳しくなっているため、道端の両替商たちの姿もほとんど見かけませんし、以前からトラブルが多かったため、今では利用する人もほとんどいないようです。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

近年円高による大幅なレートの動きでかなり多くの日本人観光客が訪れた韓国。その頃から以前にも増して多くの旅行者がレートを気にするようになりました。

そのような影響から韓国の両替所が注目され始めましたが、以前ほかの記事でもお伝えしたとおり、韓国はカードの普及率がかなり高く、カード関連の割引特典もとっても多いんです!そのためクレジットカードと現金を上手に合わせて使うことで一層便利でお得な韓国旅行を楽しんでいただけるのではないかと思います。

おすすめ

仁川空港からソウル中心部へのアクセスと料金(バス・タクシー・鉄道)

韓国在住9年目の私が自信を持っておすすめする料理店3選

ここがよかった!実際に韓国で生活してよかったと思う3つのこと

 

韓国お役立ち

韓国で海外就職!30代OLが海外で働くことを決めた理由とは?

日本の運転免許証から韓国の運転免許証に切り替える方法(費用・場所・日数)

韓国ソウルの物価ってどうなの?1ヶ月の生活費シミュレーション

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

torumocoライター

投稿者プロフィール

8年間ソウルに在住した後、現在は地方都市での生活に挑戦中。韓国で大企業からベンチャー企業の立ち上げまで様々な形態で会社生活を経験。
現在は、フリーランスで韓国の社会、芸能などに関する記事の執筆や翻訳活動を行っています。昨年からちょっと足が短めのトイプーを家族に迎え入れ、悠々自適な韓国生活を満喫中。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. これが中国の常識!日本の常識は通じない世界
  2. のんびり派にはチェンマイがおすすめ
  3. フィリピンでのSIMカードの購入場所
  4. 北京の帝玛(D-MART)
  5. マレーシアで中古車を探す
ページ上部へ戻る