Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

韓国での現地採用はどうなの?就職・転職あれこれ(職種、職業、給与など)

韓国で就職

近年、ぐんと増えた韓国語学習者。大学など日本にある教育機関で学ぶ人はもちろん、韓国に現地で外国語留学!という方も非常に多くみられるようになりました。

韓国語を一生懸命勉強した後は、やはり多くの人が習った韓国語を活かしたお仕事に就いてみたいと思われるのは自然な流れなのではないでしょうか?

そこで今回は、韓国における日本人の就職事情についてご紹介します。

韓国における日本人の就職事情

韓国で就職

実際のところ、韓国における日本人の就職事情はかなり厳しく、正社員として現地採用されることはかなり稀です。日本との取引を行っている韓国企業はたくさんありますが、そのような企業でも日本語の話せる韓国人社員を雇うことが多いようです。

理由として考えられるのは、ビザサポートの問題などのどこの国でもあり得る企業側の負担以外に、韓国現地特有の理由があるようです。

また、韓国企業は「組織」を最も重要視する傾向にあります。よって日本語ネイティブと言うのはあまり強みにならず、文化が違う外国人よりは、ネイティブでなくとも心の通じ合いやすい外国語の上手な韓国人を好む傾向があります。

韓国自体も実は深刻な就業難

韓国は、近年若者の就職難が社会問題となっており、社会的に見ても正社員採用がいつになく少ないと言うのが現状です。このような韓国社会の現状から外国人の採用もおのずと少なくなるしかありません。

「韓国語を活かしたい」なら日本にある韓国企業の採用を狙う方が就職の可能性も高く、待遇面でも現地より良いことが多いなど、現実的といえるでしょう。

韓国で日本人向けの求人職種、職業

韓国に滞在しながらお仕事されている日本の方は、男性だと日本企業から派遣された駐在員、女性だと最近は、韓国人男性と結婚された日本人女性がネットショップなどを起業する場合が多いようです。

韓国で多い職種メーカー、貿易会社、旅行会社、日本語の先生、美容師、ネイリスト

また大企業など待遇の良い職場を狙うなら電子部品関連・建設関連などの技術系の職種です。

専門技術的が必要なポジションの求人広告は比較的多いので、エンジニアなどの技術者の方は良い待遇を求めて、仕事を探すことができそうです。

半導体や電子部品などのメーカーでの求人は比較的多いです。ただし、3〜5年などの契約社員としての雇用契約が多いのが特徴です。

韓国就職で使える求人サイト

韓国で働くためには、日本から仕事を探すか、韓国語ができるなら現地の求人サイトを使うのがおすすめです。

特に韓国語の求人サイトには、日本から見つけることのできない求人を見つけることができ、選択肢の幅が広がります。

韓国企業が運営しているサラミンやジョブコリアは圧倒的に求人数が多いです。

韓国現地採用の一般的な採用条件

韓国での給料

ポジション自体は希少ですが、待遇は生活費の面から考えると大企業にでも入らない限りさほどよくありません。

韓国の企業は中小企業がほとんどです。

一般の中小企業に就職した場合、月給が150万ウォン~180万ウォン、4大保険(国民年金、健康保険、雇用保険、労災保険)に加入が目安になります。

営業(セールス)170万ウォン~250万ウォン(約15万7千円〜23万1千円)
事務スタッフ150万ウォン~200万ウォン(約14万円〜18万4千円)
エンジニア250万ウォン〜(約23万1千円〜)

※経歴、能力や企業によって異なります。

韓国ではアルバイトであっても退職金をもらうことができます。1年以上継続して勤労することが条件になってくるので、以下の記事も参考にしてみましょう。

韓国での日系企業・ローカル企業の勤務時間と休暇

韓国で働くなら勤務時間は午前9時〜午後6時までが一般的です。また、韓国では祝祭日は2、3ヶ月に1回しかないので、日本に比べると祝日が少なく感じるかもしれません。

韓国での就職活動時に必須「自己紹介書」

韓国での就職活動では、履歴書だけではなく「自己紹介書」が必須です。この自己紹介書には「成長過程」「学生時代」をストーリーで紹介するもので、初めて書く人は戸惑うでしょう。

しかし、自己紹介書をしっかりと用意しておけば、面接で想定外に子供のことの話を聞かれることも少なくなるので、しっかりと準備しておきましょう。

韓国の企業文化は?

実際に韓国で働く前に知っておきたい韓国企業の雰囲気。韓国は同門(同じ出身大学や同じ出身地など)や組織を重視する傾向があり、どちらかというと欧米的な企業文化というよりは日本企業のイメージが強いです。

また、会社でのイベントが日本よりも多く、以前に比べると減りましたが社員で泊まりがけの旅行や日帰り旅行へ行くことも多いです。

韓国で働くにはどのような能力が必要?

実は韓国における日本人の就職で、思いのほか語学力は強みになりません。

語学力より、専門技術系のキャリアを持っているほうが、採用の可能性や待遇・給与は高くなります。

新卒での現地採用はなかなか厳しいと言えるでしょう。

まとめ

かなり厳しい現状にがっくりされた方もいらっしゃるかもしれませんね。私が9年間韓国に住みながら、韓国で働いている日本人の方にたくさんお会いしましたが、いつも思うことは「韓国との不思議な縁」をお持ちだと言うことです。

またそのような縁の根底には、「コミュニケーション能力の高さ」があるのかなと感じます。ノリが良く人間性をかなり重要視する韓国、「人間性が気に入った!」と言うのも十分採用理由になりえるようです。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

自分の強み知ってる?グッドポイント診断が面白い

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

ページ上部へ戻る