海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

韓国で働くには?日本人の韓国就職・転職まとめ(職種、職業、給与、求人)

韓国就職

近年、ぐんと増えた韓国語学習者。大学など日本にある教育機関で学ぶ人はもちろん、韓国に現地で外国語留学!という方も非常に多くみられるようになりました。

韓国語を一生懸命勉強した後は、やはり多くの人が習った韓国語を活かしたお仕事に就いてみたいと思われるのは自然な流れなのではないでしょうか?

そこで今回は、韓国における日本人の就職事情についてご紹介します。

韓国就職のポイント

  • 韓国の就職状況・特徴を知る
  • 韓国就職のメリット・デメリットも知る
  • 韓国語を勉強しておくと幅が広がる
  • 韓国で働く自分をイメージする
  • 転職サイトを活用する

韓国における日本人の就職事情

韓国

実際のところ、韓国における日本人の就職事情は年々厳しくなっており、正社員として現地採用されることが難しくなってきました。

日本との取引を行っている韓国企業はたくさんありますが、そのような企業でも日本語の話せる韓国人社員を雇うことが多いようです。

理由として考えられるのは、ビザサポートの問題など企業側の負担以外に、韓国現地特有の理由があるようです。

また、韓国企業は「組織」を最も重要視する傾向にあります。よって日本語ネイティブというのはあまり強みにならず、文化が違う外国人よりは、ネイティブでなくとも心の通じ合いやすい外国語の上手な韓国人を好む傾向があります。

でも大丈夫です。それでも日本人が韓国で就職する方法はいくつかあります。

韓国で日本人向けの求人(職種、職業)

業種や職種

韓国に滞在しながらお仕事されている日本の方は、男性だと日本企業から派遣された駐在員、現地採用、女性だと最近は、韓国人男性と結婚された方がネットショップなどで起業する場合が多いようです。

韓国で多い職種メーカー、貿易会社、旅行会社、日本語の先生、美容師、ネイリスト

また大企業など待遇の良い職場を狙うなら、電子部品関連・建設関連などの技術系の職種です。専門技術的が必要なポジションの求人広告は比較的多いので、エンジニアなどの技術者の方は良い待遇を求めて、仕事を探すことができそうです。

半導体や電子部品などのメーカーでの求人は比較的多いです。ただし、3〜5年などの契約社員としての雇用契約が多いのが特徴です。

日本人に人気があり就職しやすい職業としては、日系企業向けの営業職、事務スタッフ、カスタマーサポート、日本語教師という選択肢もあります。

韓国就職で使えるおすすめの韓国求人サイト

韓国就職の求人サイト

韓国で働くためには、日本から仕事を探すか、韓国語ができるなら現地の求人サイトを使うのがおすすめです。

日本人向けの求人を探すなら

日本から求人を探す場合、日本の転職サイトに登録して求人情報を探しましょう。リクルートエージェントJAC Recruitmentがおすすめです。転職サイトは無料で利用可能です。 

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職といえばリクルートエージェントが定番です。海外求人数が一般の転職エージェントの数倍あるため、海外就職を考えている方はまず登録をしてみましょう。

他の転職エージェントと併用し比較しながら仕事探しをするのが、上手な使い方です。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

韓国の求人を探すなら外すことができないのがJAC Recruitment。国内だけでなく、海外に8拠点を持ち、韓国にも拠点があります。

韓国就職(特に駐在員や外資系企業狙い)をしたいなら絶対にチェックしてほしい転職エージェントの一つです。

海外での駐在案件から現地採用の案件までさまざまな求人があります。非公開求人が多数あり、登録することで非公開の求人を紹介してもらうことができます。語学力を活かした仕事や30代以上で年収500万円以上を狙うならぜひ登録しておきたいエージェントです。

転職サイトを使い疑問点を解決する

この2つがおすすめの理由は日本で大手であること、求人情報が集まってくること、求人の質が高いことが挙げられます。

こういった転職サイトの求人であれば、問題なくビザが出ますし、安心して転職活動を進められます。選択肢は韓国にある日系企業がメインになりますが、日系企業でも多くの韓国人が働いているので、雰囲気は韓国企業のようなイメージです。

韓国就職でよくある不安

  • 韓国では給料はいくらなの?
  • 就労ビザはでるの?
  • 不法に労働させられないの?

こうした不安や疑問も転職サイトに登録し、エージェントに相談することで解決することができます。「とにかく情報を集めること」これが韓国で働くためには重要なのです。

おすすめの転職サイトまとめ

まずは仕事探しからあなたの韓国就職が始まります。

安心してください!転職エージェントの利用は全て無料です。

韓国在住者が日本人向けの求人を探すなら

韓国在住者(韓国語ビジネスクラス)であれば、現地のローカルサイトを使いましょう。特に韓国語の求人サイトには、日本から見つけることのできない求人を見つけることができ、選択肢の幅が広がります。

韓国企業が運営している

  • サラミン
  • ジョブコリア

は圧倒的に求人数が多いです。

韓国の日本人現地採用の採用条件

韓国での給料

ポジション自体は希少ですが、待遇は生活費の面から考えると大企業にでも入らない限りさほどよくありません。

韓国の企業は中小企業がほとんどです。

一般の中小企業に就職した場合、月給が150万ウォン~180万ウォン、4大保険(国民年金、健康保険、雇用保険、労災保険)に加入が目安になります。

営業(セールス)170万ウォン~250万ウォン(約15万7千円〜23万1千円)
事務スタッフ150万ウォン~200万ウォン(約14万円〜18万4千円)
エンジニア250万ウォン〜(約23万1千円〜)

※経歴、能力や企業によって異なります。

韓国ではアルバイトであっても退職金をもらうことができます。1年以上継続して勤労することが条件になってくるので、以下の記事も参考にしてみましょう。

日本企業の海外駐在員として韓国勤務

韓国で働く方法は現地採用だけではありません。

日系企業の海外駐在員という方法もあります。海外駐在員とは日本の企業から現地の子会社に駐在する社員のことです。

住居手当や海外旅行保険、海外駐在手当などの手当もあり、自信があれば、ぜひ海外駐在を狙ってみてください。海外駐在員は年収500万円〜1,200万円の求人が多い印象です。

韓国での税金事情

韓国の消費税は物によって税率が異なりますが、一般的には約10%です。韓国の企業で働き、それ以外に所得がない場合は、個人で確定申告の手続きを行う必要はありません。

その他に四大保険と呼ばれる国民年金保険・雇用保険・健康保険・労災保険がありますが、労災保険は雇用主が全額負担するため、私たちが負担することはありません。この他に、長期養老保険にも加入します。

韓国の企業でフルタイム勤務をする場合は、四大保険の有無を確認しておきましょう。

韓国での生活費は?

韓国

韓国、特にその中でもソウルはそれほど物価が安いというわけではありません。生活する都市によって家賃相場や物価が異なるため一概には言えませんが、

ソウルでの一人暮らし:100万ウォン〜150万ウォンくらいで生活できることが下記の記事で紹介されています。

韓国での日系企業・ローカル企業の勤務時間と休暇

韓国

韓国で働くなら勤務時間は午前9時〜午後6時までが一般的です。また、韓国では祝祭日は2、3ヶ月に1回しかないので、日本に比べると祝日が少なく感じるかもしれません。

韓国では食事が重要視されており、仕事が忙しくてもお昼休みの1時間をきちんと保証してくれる会社は多いようです。

また、一人ぼっちで食事をすることなく、みんなで一緒に食べるという考え方が強いのも韓国の特徴です。

韓国での就職活動時に必須「自己紹介書」

韓国での就職活動では、履歴書だけではなく「自己紹介書」が必須です。この自己紹介書には「成長過程」「学生時代」をストーリーで紹介するもので、初めて書く人は戸惑うでしょう。

しかし、自己紹介書をしっかりと用意しておけば、面接で想定外に子供のことの話を聞かれることも少なくなるので、しっかりと準備しておきましょう。

韓国の企業文化は?

実際に韓国で働く前に知っておきたい韓国企業の雰囲気。韓国は同門(同じ出身大学や同じ出身地など)や組織を重視する傾向があり、経営者と同じ大学出身だと入社しやすいともいわれています。

どちらかというと欧米的な企業文化というよりは日本企業のイメージが強いです。男性の場合は、徴兵制度があるため、どこの部隊を経験したかということも質問されます。

また、会社でのイベントが日本よりも多く、以前に比べると減りましたが社員で泊まりがけの旅行や日帰り旅行へ行くことも多いです。

韓国で働くにはどのような能力・経験・資格が必要?

実は韓国における日本人の就職で、思いのほか語学力は強みになりません。

語学力より、専門技術系のキャリアを持っているほうが、採用の可能性や待遇・給与は高くなります。

新卒での現地採用はなかなか厳しいといえるでしょう。

韓国自体も実は深刻な就業難

韓国

韓国は、近年若者の就職難が社会問題となっており、社会的に見ても正社員採用がいつになく少ないというのが現状です。このような韓国社会の現状から外国人の採用もおのずと少なくなるしかありません。

「韓国語を活かしたい」なら日本にある韓国企業の採用を狙う方が就職の可能性も高く、待遇面でも現地より良いことが多いなど、現実的といえるでしょう。

韓国人の若者の中にはTOEICでハイスコアを取ったり、留学するなどして英語力をつける人も多いようです。

まとめ

かなり厳しい現状にがっくりされた方もいらっしゃるかもしれませんね。

私は9年間韓国に住みながら、韓国で働いている日本人の方にたくさんお会いしましたが、いつも思うことは「韓国との不思議な縁」をお持ちだということです。

またそのような縁の根底には、「コミュニケーション能力の高さ」があるのかなと感じます。ノリが良く人間性をかなり重要視する韓国、「人間性が気に入った!」というのも十分採用理由になりえるようです。

上手に韓国就職・韓国転職をするには

韓国就職はライバルが多いため、上手に韓国で働くためには気になる求人をストックしておくことが大事です。情報収集が進めば、より具体的に韓国にいる自分をイメージできるはずです。

以下の転職サイトは待遇がしっかりとした求人が多いので、不安の多い海外転職でも安心して利用できます。登録は3分程度、利用は全て無料です。まずは気軽に求人を探してみましょう。

今しかできない韓国生活を楽しんでみませんか?

登録したからといっても、必ず転職する必要はありません。韓国就職を通して、人生経験を豊かにしましょう。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る