病気になる前に知っておきたい!インドの病院事情

インドの病院

インドで病気や怪我をした時、病院へ行く事への不安は大きいのではないでしょうか。

しかし、インドには近隣諸国から治療希望者を受け入れるための治療ビザもあるほど、実は医療が進んでいるのです。多くの医師が欧米で医療を学び母国インドへ戻って来ているため、設備の整った総合病院がいくつもあるのです。

今回はインドでの病院へ行く場合に備えての病院事情をご紹介します。

日本語は通じるの?

残念ながらほとんどの病院は英語のみの対応になります。

しかし、大きな都市にあるような総合病院であれば日本語対応可能の病院もあります。費用は掛かりますが医療通訳をしてくれる会社もあるので、心配な方は問い合わせると良いかもしれません。

設備は大丈夫?

病院のベット

インドは格差の国なので、病院であってもお金のかからない政府直営病院から、富裕層や海外から治療に来る外国人を受け入れる設備もサービスも整ったプライベート病院もあるのです。

日本人の方は衛生面の心配が大きいので必ずプライベートの病院へ行きましょう。

入院施設なども日本と変わらない、もしくはきれいな病室がありますので安心してください。外国人の対応にも慣れているはずです。

費用は?

これも格差同様、差が激しいと言えます。

同じプライベートの病院であっても費用にかなり差が出てしまいますし、基本的に実費なのでそのつもりでご用意ください。日本の海外保険などで請求する場合の書類なども事前に知っておくと、病院の手続きがスムーズですね。

後から「あの書類が欲しい」と言っても、なかなか出てきませんので、ご注意ください。

基本料金はドクターのカウンセリング費用(400〜800ルピー程度:600〜1600円)で治療をすればその分を追加で支払います。採血、尿検査は検査項目ごと料金が定められているため、検査ごと料金も変わります。

薬は?

インドの薬

ドクターから処方箋をもらって薬局に行って購入するというところは日本と同じです。

総合病院であれば病院内にありますし、病院の近くには基本的に薬局はあります。そう言ったところも日本と同じです。

インドではジェネリック薬が結構ありますので、ご自身の持病などで高額の薬を購入しなければならない場合など、日本にいる間に主治医と相談してジェネリック薬を使用するなど検討してみるのも良いかもしれません。

ローカル病院は?

我が家は主人がインド人のため、子供たちが風邪をひいた時などは徒歩2〜3分のローカルの病院へ連れて行きます。

田舎では施設的に厳しいものがありましたが、現在住んでいるバンガロールではローカル病院でも印象は悪くありません。ただし、カウンセリング費用は400ルピー程度と総合病院とあまり変わらないようです。

まとめ

いかがでしたか?

インドの病院の設備は日本と変わらないほど進歩しています。

ただ、どこの国でも信頼できる主治医に出会えるかどうかが重要だと思いますので、インドで診察してもらいつつ日本へ帰国した際には日本の主治医に相談してみるなど、セカンドオピニオンを活用するのも良いと思います。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

これがインドの日常!面白いインドあるある10選

インドの私立学校ってどんな環境?学校に入学してみよう

インドでの休日の過ごし方、サークル・習い事情報(バンガロール編)

 

インドお役立ち

インドで海外就職!日本人向けの求人と仕事の探し方ガイド

インドで生活!1ヶ月の生活費シミュレーション(バンガロール編)

インド治安は場所によって全然違う!バンガロールの治安はどうなってるの?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

indonanomiライター

投稿者プロフィール

インド人の旦那さんと日本で生まれ育った二人の息子とインドのバンガロールで生活しています。
里帰り旅行で来るインドと生活するインドとでは全く違いますが、ツッコミどころの多いインドでネタを収集中です。インドネタ、子育てネタ、人生ネタを中心に書いてます。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. フランス人
  2. フランス生活
  3. workingholiday
  4. 海外で働く
  5. 馬車:delman(デルマン)
  6. 結婚

おすすめ記事

  1. イタリアで財布に注意
  2. これであなたもファッションリーダー?タイ・東南アジアの6つ最先端ファッション
  3. 台湾留学することを決めた理由
  4. タイ人の時間感覚
  5. 多国籍の友人
ページ上部へ戻る