Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

インドで海外就職!日本人向けの求人と仕事の探し方ガイド

インドで海外就職!求人の探し方

インドで働きたい、暮らしてみたいと思いつつも仕事を見つけない事には始まりませんよね。蓄えがあり、経験だけでも良いと言うのであればインターンという道もあります。しかし長期でインドに関わりたいのであれば、やはり現地で就職する道を模索してみても良いのではないでしょうか。

そこで今回はインドで海外就職するための求人の探し方や、仕事の待遇などについてご紹介します。

インドに進出している日系企業

インドに進出している日系企業の拠点

ジェトロによると日系企業のインド進出は1072社(2014年時点)となっています。インドのほぼ全域に日系企業があります。

インドでの求人探しは日系人材紹介会社に登録から

日系の人材紹介会社に登録し、求人情報を待つ。これがやはり鉄板です。

日系の人材紹介会社では現地日系企業を多く顧客に持っているため、現地採用として正社員または派遣社員として働くことができます。日系企業の場合、1年に一回の日本帰国手当てや保険など福利厚生が整っているので、インドでの生活には十分な対応が期待できます。

登録は日本在住でもできるので担当者に相談し、希望地や希望職種などよく話し合い納得の行く仕事を見つけましょう。

英語力があると比較的紹介案件も増えますし、採用へのハードルが下がります。長期で探すのであれば、出来る限り英語力を伸ばしておきましょう。書類審査からなのでTOEICなど数値評価されてるものがあると良いです。

人材紹介会社はいくつかありますが、インドの求人を探すのであればおすすめなのがこちらです。

リクルートエージェント

リクルート

リクルートエージェントは求人案件数や決定数が業界内でナンバーワンのエージェントです。事前の情報収集に利用してみましょう。

インドの就職状況や業種、職種など気になる点を相談してみましょう。海外求人数が一般の転職エージェントの数倍あるため、海外就職を考えている方はまず登録をしてみると良いです。

外資転職.com(JACリクルートメント)

jac

海外求人を探すなら外すことができないのがJACリクルートメント。国内だけでなく、海外にも8拠点もの海外案件をもつ海外転職エージェントです。海外就職をしたいなら絶対にチェックしてほしい転職エージェントの一つです。

特にお問い合わせに対してのレスポンスの速さは魅力です。基本的にお問い合わせから24時間以内に返信がくるので、情報収集に役立ちます。

海外での駐在案件から現地採用の案件まで様々な求人があります。特に駐在案件が多いです。

海外求人の案件は絶えず変化するので、海外転職でのキャリアアップを考えている方は一度相談してみるのも良いでしょう。

JACリクルートメントの海外拠点

イギリス、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、韓国、中国、香港

自己分析してみよう

リクナビネクストには、無料の自己分析ツールがあります。

積極的な転職活動は面倒……と思っている場合やスカウトを待っていい条件の時だけ応募したい場合は、グッドポイント診断などの無料の転職サービスを上手に使うのがおすすめです。

外国人は年間25,000ドルが約束される

インドでは外国人を雇用するには年間25,000ドル(約2,750,000円)支払わなければならないことになっているため、日系企業以外のインド企業が日本人を採用するということは、余程のスキルを持ち認めてもらっているということです。

もちろん人材会社から紹介されて日系企業で働く場合は、最低でも年間25,000ドルが約束されています。

しかし、大手企業以外で日本人を採用する会社がその金額以下で採用していることもあるので、必ず会社の担当者と実際いくら貰えるのか確認することをおすすめします。

インドでの給料相場

インドでは年間25,000ドルが保証されていますので、給料相場も約2,000ドル〜/月になります。就職する会社や実務経験、スキルなどによって給料は変わってきます。

  • セールス(営業):2,000ドル〜(約22万円〜)
  • マネージャー:2,500ドル〜(約27.5万円〜)
  • エンジニア:2,200ドル〜(約24.2万円〜)
  • カスタマーサポート:2,000ドル〜(約22万円〜)

インドで多い業種

インドでは製造業や保険、物流系などの業種で仕事を見つけることができます。

製造業では品質管理者やエンジニア、保険や物流では工場に対するセールス(営業)などの求人が一般的です。

インド国内の人材紹介会社はどうか

インドにも人材会社に登録できますが、日本人向けという求人を見ることはほとんどありません。

ただし口コミでは日本語教師として声をかけられたりすることもあります。しかしその場合、大抵はボランティアで来て欲しいというものでしょう。

インドで働きたい場合就労ビザが必要なため、派遣では難しいと言えますし、インドの人材紹介会社とやり取りできるほどの英語力なら日系の派遣会社で仕事を見つけてもらえるのではないでしょうか。

インターンという道もある

インターンは雇用ビザが要らないため、ネット上でもよく見かけます。もし海外生活、インド生活がしてみたいと言うのであればインターンと言う経験も良いのかも知れません。

ただし、給料はなくともフルタイムで働き、さらに残業があり、インドで働いているのか日本で働いているのか分からなくなることもあるようです。

インターンでインドを体験してみようと思うのであれば、インターン先の企業で働いたことのある先輩から情報をもらい、自信が本当に体験したいことを考えてから来てみるのも良いかもしれませんね。

インドで働く人の体験談

実際にインドで仕事をしている人の経験談は非常に役立つもの。

どんな思いでインドで働くことにしたのか、先輩のインドで働く理由や仕事の様子もみてみましょう。

まとめ

インドで働くことは「インドが好きだから」では気持ちが続かないこともあります。と言うのも、仕事の毎日でここがインドなのか日本なのか分からなくなるからです。

外に出ればインドの景色ですし、相手もインド人顧客なのですが、インド人の仕事感覚に翻弄され、仕事に疲れ果ててしまうということも本当に良くあることです。

それでもこの刺激的で急成長するインドを肌で感じたいと思う気持ちを持って、ここでの日常を楽しいと思える余裕を持てそうな気がするのであれば、是非挑戦してみたらいかがでしょうか。日本にはない世界がそこにはあります。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

ページ上部へ戻る