海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

【インド求人】未経験からでもインド就職を狙える転職サイトまとめ

  • 公開日:
  • 更新日:
インドの転職サイト

今勢いのある国、インドで働いてみたい人も増えてきているのではないでしょうか?しかし同じアジアとはいえ、そこは日本から離れたインドで働くにはインドの求人情報を掴むことが必要です

  • 経済の伸びているインドで働きたい!
  • 常識の異なる環境で働いてみたい!
  • 英語を使って働きたい!
  • 海外で挑戦したい!

検索するとたくさんの転職サイトが出てくるので、どこのサイトがいいのか迷うものです。

今回は日系企業や外資系企業の現地採用、海外駐在員としてインドで就職することを前提におすすめの転職サイト・転職エージェントをご紹介します。

記事の目次

インドへ転職をするメリット

今後の世界を担っていくであろうインドは、日本では経験できないことを体験できます。そして、英語を使って仕事のできるインドは日本とも関係の深い国でもあります。

インドで働く場合には、好きな国で働くということももちろんですが、将来的な経験やキャリアにもプラスになると安心です。そして仕事を任せてもらえる職場・語学力を活かせる環境があるとより良いですよね。

  • 即戦力として働く
  • 語学力を生かして働く
  • キャリアアップに繋がる
  • 経営に関われる
  • 人脈が広がる
  • 人生プランが広がる

などはインドへの転職で仕事を通して得ることができます。今しかできないインド就職で、自分の人生を広げてみましょう。

【すぐに転職サイトをみたい方はこちら】

インドで働きたい人向けのおすすめの転職サイト・求人サイト

インドへ転職するなら、転職サイトの活用がおすすめです。何かと不安の多いインド転職では転職エージェントのサポートは心強いものになります。

日系の大手転職サイトやエージェントは「無料」で利用可能です。扱っている「求人」「福利厚生」「転職サポート」がしっかりとしているので、疑問の多いインド転職でも安心して利用できます。

また、今後のキャリアを考えると転職先はしっかりしたところが求められます。

より良い条件で、「インド就職」を成功させるためには自分に合った転職サイトの利用は必須です。

大手の転職サイトであれば、以下のようなメリットがあります。

  • 無料で利用できる
  • インド向けの求人がある
  • 大手企業のしっかりした求人がある
  • インド駐在員(海外駐在員)の求人がある
  • フォロー・サポートを受けられる
  • 経験が豊富である

大手の転職サイトを使えば、ローカルな求人サイトを使うよりも就職トラブルなどのリスクを避けることができるのです。まずは大手の転職サイトの利用から始めましょう。

しかも、転職サイトは「無料」で利用でき登録は3分程度です。

利用の注意点としては転職サイトによって扱っている求人も違いますし、得意な地域も異なるということです。

インドへ転職するためには複数のサイトに登録し、求人に対するアンテナを張って、「自分のやりたい仕事」を見つけてください。

ポイント

どの転職サイトがいいか迷う人は2つ〜3つほど登録しておき気になる求人情報をストックしておくことが大切です。インド就職(転職)の基本は、求人に関する情報を集めることです。 

今回は以下のポイントにそって転職サイト・転職エージェントを紹介して行きます。

  • 未経験から幅広く求人を探す
  • 海外駐在員案件に強い
  • 外資系企業案件に強い
  • 大手企業からオファーを待つ
  • あわせて複数の転職サイトを比較する

それでは、それぞれ転職サイトの特徴を解説していきます。

未経験でもインド求人を探したい方:リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント求人案件数や決定数が業界内でナンバーワンのエージェントです。これからインドで働いてみたい!キャリアを積みたい!という方も安心して利用できます。

インドの求人数が一般の転職サイトよりも多いため、幅広い業界・業種からの就職を可能にします。インドでの就職を考えている方はまず登録をしてみましょう。

大手のため数多くの転職コンサルタントが在籍しています。ただし、担当者によって考え方・サポートが異なる部分もありますので、他の転職サイト(Spring転職エージェント(アデコ))と併用し比較しながら仕事探しをするとよいでしょう。全て無料で利用できます。

インド駐在員(海外駐在員)求人を探したい方:JACリクルートメント

jacリクルートメント

  • おすすめ度:★★★★★
  • どんな人向け?:語学力がある、大卒以上、30代以上、年収600万円以上
  • ポイント:インド駐在員、外資系企業に強くインドを目指すなら登録必須
  • 組み合せ:JAC Recruitmentビズリーチ

インド駐在とは、日本採用でインド勤務する会社員のことです。

インドの求人を探すなら外すことができないのがJAC Recruitment。国内だけでなく、海外に8拠点を持つ海外転職エージェントです。

外国語を使った仕事や外資系企業、インド就職(インド勤務・インド駐在員)をしたいなら絶対にチェックしてほしい転職エージェントの一つです。

ハイクラスなインド求人が多いため、「30代以上で語学力」がある方におすすめです。

「社宅付きのインド駐在案件」から「外資系企業の案件」まで様々な求人があります。インド求人の案件は絶えず変化するので、インド転職でのキャリアアップを考えている方は登録しておきたい転職サイトです。

特にお問い合わせに対してのレスポンスの速さは魅力です。基本的にお問い合わせから24時間以内に返信がくるので、情報収集に役立ちます。

ページへ進むと「転職コンサルティング申込」と書いてありますが、面談必須ではなく通常の会員登録です。登録は3分程度、全て無料で利用できます。

【JACリクルートメントの海外拠点】

  • イギリス
  • シンガポール、タイ、マレーシアインドネシア
  • 韓国、中国、香港
  • その他地域にもグローバルに多数の案件

インドの外資系企業求人を探したい方:Spring転職エージェント(アデコ)

spring転職エージェント

インドの外資系企業へ転職を狙うならぜひ登録しておきたいのが、Spring転職エージェント(アデコ)です。

Spring転職エージェント(アデコ)は世界展開をしているエージェントです。世界中に拠点があり、その数は5,100拠点にも及びます。

外資系の案件も多く、多数の非公開求人を扱っています。

インドで即戦力として求人オファーを待ちたい方:ビズリーチ

bizreach

  • おすすめ度:★★★★★
  • どんな人向け?:語学力がある、大卒以上である、30代以上である
  • ポイント:職務経歴書まで詳しく記入することで大手企業からオファー
  • 組み合せ:ビズリーチJAC Recruitment

ビズリーチは自分で求人を探すハイクラス転職サイトです。

インド勤務、外資系企業、専門職や管理職など、豊富な求人があります。インド就職と聞くと「給料アップ」や「高待遇」での案件はなかなかないと思っている方もいますが、ビズリーチでは他のエージェントと比べると高額な好条件の案件が多数あります。

また、良いオファーを待つなら、「職務経歴書を詳細に書く」ことをおすすめします。

職務経歴書の記入は5〜10分程度で済み、その時間さえ確保できれば、大手企業や優良企業からの注目され、年収アップにつながります。

インド就職を通して収入アップやキャリアアップを目指したい方におすすめの求人サイトです。

あわせて登録しておきたい転職サイト・求人サイト

リクナビネクスト

リクナビネクスト

  • サブで登録したい:★★★★★
  • ポイント:スカウト登録、グッドポイント診断が非常に便利

転職サイトとしては日本一の会員数のリクナビNEXTは非常に信頼度が高いです。リクナビNEXTは匿名で気軽に転職活動をはじめられ、自分で求人を選んで申し込めるというところがポイントです。

他の転職サイトと併用しながら、リクナビNEXTを利用する方が数多くいます。スカウト登録が非常に便利で、積極的な転職活動は面倒だけどスカウトを待っていい条件の時だけ転職する場合におすすめです。

無料で自己分析できるグッドポイント診断などの無料サービスを上手に使うのがポイントです。

海外求人マッチングサイトGuanxi

海外求人マッチングサイトGuanxi

海外求人のみに特化した「海外求人サイトGuanxi」ではスカウト機能を搭載しました。プロフィールをしっかり記入してもらえると、興味を持った企業からオファーがきます。

登録も1分程度なので、登録だけしておき海外の企業からスカウトのオファーを待つという使い方がおすすめです。

カモメ アジア転職

カモメ アジア転職

カモメにはアジアの求人が多数あります。

アジア各地で転職エージェントを行なっている企業の求人が多いので、チェックする時には、自社採用なのか転職エージェント経由なのかチェックしましょう。

海外転職サイトを利用する前に

転職サイトに登録すれば終わりかといえばそうではありません。転職サイトのエージェントを使う目的は、理想の求人(理想に近い求人)を見つけてもらうことです。

そのためには、自分の譲れない条件、希望の条件を箇条書きでもいいので書き出してみましょう。

自分の希望(例)

  • インドのバンガロールで働きたい
  • 日系企業よりも外資系企業がいい
  • 英語を使って働きたい
  • 給料の良いインド駐在希望
  • ビザサポートは必要
  • 年収は500万円以上を希望
  • 社宅付き

などなど希望の条件はあるはずです。

エージェントもあなたの希望がわからないことには、求人の紹介ができません。まずはどんな希望であっても正直に伝えることが大切になります。

転職サイト・求人サイトを使うメリット

パソコン

大手の転職サイトであれば、以下のようなメリットがあります。

  • 無料で利用できる
  • 大手企業のしっかりした求人がある
  • 海外駐在員の求人がある
  • 語学力を活かせる
  • 福利厚生がしっかりしている

大手の転職サイトを使えば、ローカルな求人サイトを使うよりも就職トラブルなどのリスクを避けることができるのです。しかも転職サイトの利用は無料です。転職サイトによって扱っている求人も違いますし、得意な地域も異なります。

転職コンサルタントに相談できる

インドの転職サイトを利用するメリットは、まず何と言っても担当の転職コンサルタントに相談できることです。特に初めてのインド就職・転職だとわからないことがたくさんあります。そんな時に気軽に相談できる転職コンサルタントは力強い味方になるはずです。

面接の対策や合格傾向などを把握することができます。一人では何かと躓きやすくなる転職活動も心細くなりません。

給料の交渉を任せられる

自分自身で給料や年収、待遇の交渉をするのは大変です。特に仕事開始前に自分から要求し気まずくなるのは避けたいところ。転職サイトを使えば、面倒な給料交渉も行ってもらえます。

もちろん、思い通りにいかない場合や交渉できないケースもありますが、自分でやるよりもプロのエージェントに任せる方が安心できます。

非公開求人に応募できる

非公開の求人に応募できることです。大手企業には転職サイトのみに公開し、一般には非公開の求人があることは珍しくありません。

世に出回っていない求人に応募することができるのも転職サイトを利用するメリットといえるでしょう。

予定の管理が楽になる

転職サイトを利用すると多くの求人の予定管理をしてくれます。

仕事をしながらの転職活動はスケジュール管理がなかなか大変です。しかし、転職エージェントが行ってくれることで心に余裕もでき、転職活動により集中することができます。

無料で利用できる

リクルートエージェントなどの転職エージェントは全てのサービス無料で利用できます。タダで転職サービスを使えるというのは大きなメリットです。

上手にサービスを活用し、最大限のメリットを教授してください。

インドの転職サイト・求人サイトを使うデメリット

インドの転職サイト(エージェント)は一人でも多くの人に採用通知を渡すのが仕事です。

そのため、学歴や経験などによって応募できる会社が決められてしまうケースがあります。サイト利用する場合は担当者の話を聞きながら、自分にとって最適な会社を見極める必要があります。

結果を出すのがサイトの目的です。そのため、転職できそうな求人を勧められる場合もありす。自分にとって何が大切かを考えながら対応していきましょう。

転職サイトによって得意分野が異なる

転職サイトは会社によって得意分野が違います。転職サイトの得意分野に合った会社や業種を勧められるので、利用者の希望とうまく重なれば順調に採用まで決まります。

インドへの転職を目指すなら選択肢を広げて、複数の転職サイトに登録するようにしましょう。

上手なインド転職サイト・求人サイトの使い方

インド転職の場合も一般的な国内の転職サイトと利用方法は変わらないことがほとんどです。日本にいながらでもインドへの会社への応募ができるのが転職サイトの何よりの強みです。

インドへの就職経験がない未経験の場合も転職コンサルタントに相談をしながら希望の国やご自身にあった国を決めることができます。

スカイプやメールで自由に相談

転職サイトとメールやスカイプやラインなどの方法で相談をすることが可能です。現在仕事をしている場合だと時間が取られるのは困りますが、来社する必要もありませんので、時間を有効に使うことができます。

スケジュール管理を任せる

ご自身で行っている面接スケジュールなども、担当スタッフに情報を共有しましょう。さらに、せっかく担当スタッフがいるのですから、CV作りなども意見を聞きながら作るのがおすすめです。

上手にサイトを利用することで、転職への不安がなくなります。また、時間を効率的に使えるので、エージェントがやってくれることはリクエストするのが望ましいです。

転職サイト・求人サイト利用の注意点

転職サイトを利用する際に大事なことは、「なぜ転職をしたいのか?」を明確にすることです。転職コンサルタントは、プロフェッショナルです。そのため、職務経験を見ただけでその人の働きぶりまでわかる方もいます。

その際に、なぜ仕事を辞めたのかなども重要になっていきます。インドへの転職を目指す人の多くが、転職エージェントサービスに登録をしています。ライバルたちの一歩先へいくためにも、転職した際のビジョンをしっかり持つことが大事です。

「本当に転職をしたいと考えている人」がサポートを受けて転職をしていきます。どんな国でどんな仕事をしたいかなどをはっきりと考えておくようにしましょう。

転職サイトの登録前にどんなことがしたいのか考えてみることが大切です。

知っておこう!インド求人を探す前の事前情報

実際にインドで生活してみて、「こんなはずじゃなかった」ということがないようにするためには、事前の情報収集が肝心です。

以下の記事を読めば、インドでの働き方、生活費、休暇事情などについて知ることができます。ぜひ参考にしてください!

インドで働くことのメリット・デメリット

インドで働くことに興味がある人にとって、インド就職にどんなメリット・デメリットがあるのかは、気になるところではないでしょうか。

インド就職!日本語教師として働く私が考えるインドで働くメリットとデメリット」を読んで、実際にインドで働く人の感想をチェックしましょう!

インドで働くメリット

  • 異国感120%
  • サバイバルスキルが上がる
  • マッサージやリラクゼーションが安い

インドで働くメリットは、まずインド企業、さらに市内から外れたところで働くと日本人もおらず、異国に来た感を味わえるという点。

そして、リキシャの交渉などなど日常的にタフな状況が連続なので、鍛えられて多少のことなら動じなくなるでしょう。日本の4分の1ほどの値段で受けられるマッサージやアーユルヴェーダは疲れた心身を癒してくれます!

インドで働くデメリット

  • お給料が安い
  • 期限付きの契約が多い
  • 気が強くなる

現地採用の場合、ローカルベースのお給料になるので駐在員よりずっと安いお給料になります。ただし、日本人がいない環境はしがらみが少なく快適ではあります。

ただし、仕事は期限付きの契約が多いので、ずっと安定して働きたいという人にとっては、仕事探しが少し難しいかもしれません。

また、インド人と渡り合っていく上では不可避なので仕方がないのですが、表現がストレートで性格がきつくなる傾向にあります。

インド・バンガロールでの生活費はいくら?

貧富の差が激しいインド。バンガロールで生活するのに必要な金額はいくらなのでしょう?

インドで生活!1ヶ月の生活費シミュレーション(バンガロール編)」では、インドのバンガロールでの生活費を解説しています。

  • 家賃(一人暮らし):2万ルピー(3〜4万円)
  • 家賃(ファミリー):2〜4万ルピー(3〜8万円)
  • 電気代(ファミリー):800ルピー(約1200〜1600円)
  • 水道・ガス代:1000ルピー(1500〜2000円)以下
  • ネット環境:2000ルピー(3000〜4000円)以上

1ヶ月の生活費は、家族4人で7〜8万ルピー(約15万円前後)ほど。単身者の場合は、5万ルピー(約7〜10万円)で生活できます。

インドの勤務時間・休暇事情

インドで働く日本人は、実際にはどのような環境で働いているのでしょうか?「インドのローカル企業のスタッフとして働く際の勤務時間と休暇事情」で確認してみましょう。

インドの休日・休暇について

基本的に週休二日制で、土日祝日が休日。そのほかには新年に12月30日から1月2日までお休みがあります。祝日は州によって異なりますが、バンガロールでは年間20日ほどです。

有給は7日間で、勤続年数によって日数が増えていき、使わなかったぶんは翌年に持ち越しができます。

インドの勤務時間について

9時から18時半です。子供の送り迎え、行事、面談などに関しては融通を利かせてもらえます。

インドのお給料と福利厚生

インドで働くとなると、気になるのがお給料や福利厚生。現地採用の場合のお給料や、手当について「インド就職!インドのローカル企業で働くなら知っておきたい給料と福利厚生」で解説しています。

ズバリ、お給料はいくら?

  • 月に60,000ルピー(日本円で約100,000円)

これは駐在員や日系企業勤務の人に比べると安い金額ですが、インド人の一般的なお給料よりはずっと高額です。

ただし、上記は過去の話。現在インドでは年収25,000,USドル以上の給与がないと労働ビザが取得できないという規定があるので、月給は最低でも20万円以上になりそうですね。

ボーナスや福利厚生について

ボーナスはありません。そのため、一時帰国費用は月々のお給料から貯めておく必要があります。

住宅については支給される場合など様々です。

インド就職・転職で大変なこととその対策

海外での就職活動はどんな国でも簡単なものではありませんが、インドもそれは同じです。「インドで就職・転職活動で大変なこととインド就活対策」では、インドでの就職活動で大変だったことや、その対策を解説しています。

就職・転職情報が少ない

ネットで検索しても、情報が少ないのがインド就職。働きたいのは日系企業か、ローカル企業か、希望職種は何か、希望する給与はいくらかなど、ある程度希望を絞って探しましょう。

面接はスカイプ

インド以外の国在住の場合、面接はスカイプになることがあります。

実際に会社へ訪問するわけではないので、会社の雰囲気を感じることはできません。顔を合わせて会話するものの、対面での面接とは大きく異なります。

スカイプの写り具合や背景についても事前に確かめましょう。また、自分の顔が暗く映らない場所でスカイプをすることをおすすめします。

企業へ下見にいけない

スカイプだけで内定を得た場合、企業へ一度も訪問していないので、どんな雰囲気か不安になることもあるかと思います。

スカイプで社内外の様子を見せてもらったり、社員と話す機会を作ってもらうなどできると少しは様子がわかるかと思います。

まとめ

今回おすすめしたインドで働きたい人向けの転職サイトは以下のものです。

【おすすめの転職サイト・エージェント】

経験、知識がある状態でインドへ挑戦するというのは非常に有利になります。インドでの経験・キャリアを積みあげれば人生の幅を広げられます。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る