海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

これで完璧!はじめてのロンドンで買うべきおすすめのお土産7選

  • 公開日:
  • 更新日:
テディベア

ロンドンでの滞在・観光を満喫し、いざ帰る前になってお土産に迷うことってよくありますよね。ありきたりなものは買いたくないし、イギリスっぽいものが欲しい。

ここでは、ロンドンを代表するお土産を含め、いろんなジャンルのおすすめのお土産を紹介します。

紅茶

紅茶

イギリスのお土産で一番に思い浮かぶものが紅茶だと思います。全国どこに行っても紅茶は売っており、英国を代表する飲み物です。

スーパーなどにもトワイニングの紅茶がたくさん安く置いてありますし、紅茶の専門店もたくさんあります。

フォートナム&メイソン(Fortnum & Mason)

観光客が多く訪れる紅茶の専門店が、ロンドンにある「Fortnum & Mason」です。ロンドンの中心に300年以上前からある専門店で、紅茶に関して置いていないものはないほどです。

お店の中ではアフタヌーンティーも提供しているので、美味しい紅茶に美味しいお菓子を味わってから紅茶を購入するのもいいかもしれません。

イーストインディアカンパニー(East India Company)

他に有名な紅茶のお店は「East India Company」です。

ロンドンには小さい店舗が2軒あり、両方に紅茶のセレクションがたくさんあります。

ビスケットやクッキー(ショートブレッド)

ビスケット

紅茶を買うのであれば、それと一緒に味わうクッキーもいかがですか?ロンドンのホテルに泊まると、ほとんどの場所で紅茶やコーヒーの隣にクッキーも置いてあります。

ショートブレッド

イギリスでは、紅茶を出すときはクッキーも一緒に出します。

これは主にショートブレッドというスコットランドの伝統的なお菓子で、砂糖、バター、小麦粉がそれぞれ1対2対3の割合で作られている、とても簡単なクッキーです。

有名なブランドが「Walkers」のショートブレッドで、どこのスーパーにも置いています。

Caramel&SeaSalt味のビスケット

先ほど名前を挙げた「East India Company」にもビスケットが置いてあります。人気なのがCaramel&SeaSalt味です。

テディベア

テディベア

多くのイギリス人がテディベアと一緒に寝ることから、テディベアも有名になっていると思います。

中でもクマのパディントンが有名ですね。最近実写映画化もされたパディントンの名前の由来となった駅には、銅像も置いてあります。

ハロッズのテディベア

他にも有名なのが、高級デパート「Harrods」に置いてあるテディベアです。50種類ほどオリジナルのデザインがあり、とても上質です。

ハムリーズ(Hamleys)

最も有名なロンドンにあるおもちゃ屋が「Hamleys」です。ここではどんなおもちゃでも手に入り、観光客には大人気の場所となっています。

マーマイト

日本でも最近話題を集めているのが「Marmite」です。そのマズさゆえに、日本では罰ゲームとして使われたりもしています。

しかし、イギリス発祥のこのジャムは、現地で愛用され続けています。

イギリス人の味覚がおかしいのか実際は美味しいのかはわかりませんが、イギリス人になった気分で食べてみてはいかがでしょう。

お酒(スコッチウィスキー)

スコッチウィスキー

お酒が好きな方であれば、スコッチウィスキーのこともよく知っているはずです。名前の通りスコットランドで製造されているウィスキーで、世界的に人気のある香りが強いお酒です。

スコットランドに行けばたくさんある銘柄を試飲することもできるので、興味がある方は本場のスコットランドまで足を運ぶのもいいかもしれません。

フルトンの傘

フルトンの傘

日本の番組でも紹介される

フルトンの傘は、日本でもテレビ番組「マツコの知らない世界」で取り上げられ、名を広げ始めている英国王室御用達の傘です。

テレビ番組「アナザースカイ」では、ロンドンで山崎賢人さんと二階堂ふみさんが購入していました。

エリザベス女王のお気に入り

雨の日はエリザベス女王がお気に入りとして使用する、高級ビニール製の傘です。しかも種類がとても豊富、かつ値段もお手軽で、10ポンド台から売っています。

大英博物館の人気のアヒル

アヒル

最後に紹介したいのが、大英博物館に置いてある人気のアヒルです。これはテレビ番組「世界の果てまでイッテQ」で出川哲郎さんがロンドンに来たとき、試行錯誤して購入したガーガーバードです。

風呂に浮かべて遊ぶこのアヒルには種類が様々あり、ローマ人や侍の格好をしているものもあります。大英博物館は入場無料なのでロンドンに行くならば入るべきでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

紅茶やマーマイトでイギリスの味を知り、フルトンの傘で王室気分を味わい、日本のテレビで話題になったアヒルで楽しむ。イギリスのお土産にはぴったりではないでしょうか。

ロンドンに行く機会があれば、これらをお友達に買って帰るといいお土産になると思います。どれもイギリスを代表するようなものなので、自分のために買ってもいい思い出になるでしょう。

海外求人

【採用担当者の方】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る