海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

イギリスの一大イベント「クリスマス」の過ごし方とは?

  • 公開日:
  • 更新日:
クリスマス

12月の半ばを過ぎ、暮れも押し迫ったころにやってくるイベントと言えば”クリスマス”!

日本でもこの時期にはイルミネーションが街を彩り、サンタクロースを待つ子どもたちがクリスマスツリーに願い事を吊るすなど、クリスマスムードいっぱいだと思います。

そしてここイギリスでは、クリスマスといえば一年で一番大きなイベントです。イギリス人がどんなクリスマスを過ごしているのか、今日は日本とは少し違ったイギリスのクリスマスをご紹介します!

イギリスでは11月中旬からすでにクリスマス準備

クリスマス

え!?クリスマスは12月25日でしょう!?と思われた方、そうです、本番のクリスマスは12月25日なんですが、その日を迎えるためにたくさんの準備が必要なんです!

クリスマスケーキ

まず11月に済ませたい一番大事なことが、クリスマスケーキの用意です。たっぷりブランデーを加えてクリスマスの最低1ヶ月前に作られ、しっかりと寝かせてから食べるのがイギリスのクリスマスケーキです!

この準備を経て真っ白なアイシングにスパイスがしっかりきいたフルーツケーキが出来上がり、当日の特別な食事の一つとなります。

クリスマスデコレーション

またクリスマスが待ちきれないイギリス人は、家の中のクリスマスデコレーションも徐々に始め、今年のプレゼントは何にしようとプレゼントのことを考え始めます。

ワクワクするイギリスの12月

イルミネーション 

12月1日になると、街も家の中もクリスマスモード一色です!

カウントダウンがスタート

子どもたちはアドベントカレンダーといって、1日ひとつずつ窓を開け、中に入っているおもちゃやお菓子をゲットするというカウントダウンカレンダーを楽しみながら、クリスマスを待ちます。

毎朝ワクワクしながらその日のカレンダーの窓を開けて日にちを数えるため、クリスマスがより待ち遠しくなるのです!

そして家の中にはクリスマスツリーが置かれ、家の外や街はクリスマスのイルミネーションで飾られて、夜には美しく輝くその光がクリスマスモードを演出します。

クリスマスカードを交換

友人同士クリスマスカードを送り合い、近状報告や来年へのご多幸を願い合うのもイギリスならではですね!日本でいうと、お正月に送り合う年賀状のようなものかもしれません。届いたカードは壁に飾られ、ますますクリスマスの雰囲気を漂わせます。

サンタクロースからのプレゼントは届いたかな?

プレゼント

さて、クリスマスのお楽しみといえばサンタからのプレゼントですよね。イギリスでは、大きなストッキング(長靴型の布)や枕カバーを壁やベッドの横に吊るしてサンタクロースを待ちます。

そして25日、目が覚めるとプレゼントが届けられているというのが子どもたちのお楽しみです!

また家族間でもプレゼント交換をすることが多く、その場合は皆クリスマスツリーの下にプレゼントを24日までに並べておきます。そして25日の朝、皆でクリスマスツリーのまわりに集まり、ひとつずつプレゼントを開けていきます。

もちろんプレゼントの中身は当日まで秘密なので、子どもから大人まで楽しめるプレゼントタイムになるのです!

イギリスのクリスマスの特別な食事とは?

クリスマスケーキ 

もちろんクリスマスの特別な食事がイギリスにはあります!通常25日のお昼ご飯に皆でテーブルを囲みます

Roasted turkey(ローストした七面鳥)、Roated carrot(人参)、Roasted potato(ジャガイモ)、Sprout(芽キャベツ)、Pigs in blankets(ソーセージをベーコンで巻いたもの)などを食べる家庭が多いです。

またデザートにはMince pie(たくさんのベリーソースや柑橘系フルーツが入った小さなパイ)、11月から熟成させていたChristmas cake(クリスマスケーキ)、Christmas pudding(クリスマスプディング)などがあります。

クリスマスプディングは日本人が想像するプリンとは異なり、ドライフルーツがたくさん入ったケーキで、ブランデーが使われています。食べる前に火をつけてアルコールを飛ばすという、ユニークでクリスマスムードを演出するデザートです。

そもそもクリスマスって何?

クリスマスツリー

人々が賑わうこのクリスマスって本当は何なのか、皆さんはご存知ですか?クリスマスは”イエスキリストが生まれた日でそれを祝うための祝祭”が始まりと思われている方が多いかもしれません。

太陽の光に感謝する祭典

しかし、実はキリスト生誕よりももっと昔からこの時期に人々はこのようなお祝いを開いていたといわれています。なぜこの時期なのか?それは冬至が関係しています。

一年で一番日が短くなる冬至、太陽の光を尊んだ人々は、日が長くなっていくことへの感謝と喜びからこの時期にお祝いを開き始めたといわれています。

実際、イギリスは日本よりも緯度が高いため冬の間の日の長さが短く、寒さに加え、曇っていたり湿っていたり、どんよりした日が続くことが多くあります。

そんな時期だからこそ人々は家族や友人と集まり、楽しいひと時を過ごす工夫をしてきたのだと思います。

家族と過ごすのがイギリス流

日本ではクリスマスは恋人と過ごすもの、なんてイメージがあるかもしれませんが、イギリスでは通常、クリスマスは家族で過ごすものです。

家族と離れて暮らしている人もこの日をめがけて帰省することが多く、クリスマスには温かい食事を家族と囲んで寒い冬をまったり過ごします。

恋人たちもそれぞれの家に別々に帰ったり、片方の家族のクリスマスに参加したりして、翌日(26日はボクシングデーといって祭日になります)もう片方の家族を訪れるなんて人も多くいます。

まとめ

イギリスでのクリスマスは準備に時間がかかるため、一年で一番慌ただしい時期とも言えるかもしれません。でも、イギリス人たちにとって一年で一番ワクワクするイベントであることは間違いないでしょう。

私自身、プレゼントをもらうことも特別な食事があることもうれしいですが、何より家族そろって過ごすイギリスのクリスマスが大好きです!

皆さんもイギリスのクリスマスを体験することがあれば、日本とはまた違った雰囲気を楽しんでみてくださいね!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

イギリスで就職活動!イギリスで働くための仕事の探し方・就活の流れ

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る