海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

初めてでも安心!ロンドンを自由に移動する方法まとめ

  • 公開日:
  • 更新日:
ロンドンの交通機関

ロンドンというこの大都会を自由に散策する・移動するには、存在する交通機関を知っておくのが必須でしょう。

ロンドンにはビッグベン、ロンドンブリッジ、バッキンガム宮殿などがありますが、これらは全て離れている場所にあり、移動するのにバスや地下鉄を使うことになると思います。

ここでは、土地勘がないと利用が難しいロンドンの交通機関を使いこなす方法をお教えします。

ロンドンの交通事情

ロンドンに存在する交通機関のほとんどを管理しているのが「Transport For London(TFL)」です。有名な赤バスや地下鉄だけでなく、タクシー、ボート、自転車までも管理しています。

赤バスはご存知の通りロンドン名物として有名ですが、ロンドン全般を入り組んで回っているので、乗りこなすには土地勘がないと少し難しくなりそうです。

その点、地下鉄は速く確実に目的地につきやすいので非常におすすめ。

また、ロンドンのタクシーは街中を走っているので、交通量の多い場所ならとても簡単に捕まえることができます。

テムズ川を通るボートサービスも存在し、とてもお手ごろな値段で観光兼移動手段として利用可能。

歩くのには少し長い距離を移動したい人には自転車の貸し出しもあります。ロンドンの中心には自転車の停車場が多く存在していて、好きなところで借り、目的地の近くの停車場に戻せばいいだけです。

その他、ロンドン市内には川を渡るケーブルカーも存在します。

TFLが管理しているこれらの交通機関だけで十分ロンドンを移動して回ることができます。

ロンドン周辺を移動したいのであれば、「Citymapper」というアプリがおすすめ。目的地を入力すると移動の手段、かかる時間とその値段が出てきます。最適な方法が見つかるでしょう。

便利サイト:https://tfl.gov.uk(英語)

ロンドン市内の移動には欠かせないオイスターカード

オイスターカード

ロンドンにはTFLが管理する「Oyster Card」が存在します。一言で言えば、日本での移動で役に立つ「Suica」のようなもの。

ロンドンにあるバスや地下鉄でしか使用できませんが、ロンドンで移動するためには欠かせないものとなります!

このカードは地下鉄の駅で入手できるので、買っておきましょう。

オイスターカードの買い方

地下鉄のチケット売り場に行くと、上の方に「Buy your card here」と書いてあるので、そこでオイスターカードを買うことができます。

機械の表示を日本語に変えることもできるので、安心して買えるでしょう。

通常のオイスターカードはデポジットの5ポンド(635円)を払って購入することができ、そこに電車代をチャージすれば使えるようになります。

使い終わればデポジットが返還される

デポジットは使い終わったカードを駅で返せば戻ってくるので、チャージされているお金を使い切ってから返しましょう。

バスに乗るときは現金を使って乗車することができないので、オイスターカードまたはコンタクトレスの機能がついたカードが必要となります。

そのため、バスに乗りたい場合でもはじめに地下鉄の駅へ行き、オイスターカードを購入する必要があります。

ロンドンのバス

ロンドンのバス

ロンドンのバスに乗るときは、日本のバスと違うということを覚えておかなければなりません。

バスの乗り方

まず乗車ですが、バスには前方のドアと中央のドアがあり、乗車は前方からです。

4年ほど前に導入された新型バスのデザインにはドアが3箇所にあり、好きなところから乗り降りができるようになりました。

新型は旧型と比べ丸みがあり、後方にもドアがあるので覚えておくといいでしょう。

バスの料金

乗車後すぐにオイスターカードを使って支払います。料金は一律で1.50ポンド(約190円)となっており、いつでも下車が可能です。

始点から終点まで乗っても一駅乗っても同じ料金になります。

バス代は1日の上限金額を超えると無料

オイスターカードを使えば、システムが乗車履歴などを記録し、1日の上限金額4.50ポンド(約570円)以上は引かれないようになっています。

つまり、上限金額を超えた分は無料になるということです。

さらに、最近導入されたのが無料乗り継ぎで、最初のバスに乗ってから1時間以内に2台目のバスに乗ると、2台目が無料になります。

ロンドンのバスに乗る際のマナー

2段バスでは、階段と上の階の通路に立っていてはいけません。立ったままだと運転手に注意されるので気をつけましょう。

また、バスが目的の駅に着く前に出口付近に行きましょう。バスが停まってからの移動だと他の乗客を待たせることにも繋がりますし、降りる前に次の駅へ向かってしまう場合もあります。

バスの降り方

バスに乗っている間に携帯の地図などで現在地の確認ができない場合、降りる駅の名前を覚えておかなければなりません。

これは日本同様、バスの電光掲示板に書いてあるので見るとすぐに分かります。

覚えづらい場合は駅数を一緒に覚えておきましょう。あとは簡単です。

降りたい駅に着く前に「Stop」と書いてある赤いボタンを押せば、バスは次の駅で停まります。停まったら中央のドアからそのまま降りるだけです。間違えて下車時にオイスターカードを使わないようにしましょう。

便利サイト:https://tfl.gov.uk(英語)

ロンドンの地下鉄

ロンドンの地下鉄

ロンドンのほぼ全域に地下鉄、またはオーバーグラウンドの線が通っています。

乗り継ぎも全て無料なので、地下鉄の地図に載っている駅ならば何処へでも行くことができます。

地下鉄の料金

地下鉄の地図を見てみるとゾーン1から9まで分けられていて、どのゾーン間を移動するかによって値段が変わってきます。値段はオイスターカードを使うと原則3ポンド(約380円)として考えるといいでしょう。

遠くまで移動するなら最高5.10ポンド(約647円)までかかるので注意してください。

地下鉄の場合、駅で片道チケットや1日券を買うことは可能ですが、オイスターカードと比べると値段が倍以上になる場合もあります。

地下鉄の乗り方

乗り方は簡単で、日本と同じ要領で乗れます。

まず、改札はカードを使うかチケットを通すかで通ることが可能です。

路線は色分けしてあるので、難しい英語の路線名を覚える必要はありません。看板などにもその色が表示されているので、それをたどるとホームに近づくことができます。そのまま表示板を目印に進んで行くと、どちら方面の電車に乗るかの分かれ道が出てくるでしょう。ロンドンの地下鉄は基本的に、東西南北どの方角に進むかで方面が書かれています。

ホームにたどり着いたら電光掲示板で行き先を確認します。書いてある場所が終点ですが、「Via」と書いてある場合、それに続いて書いてある場所が経由地です。

ロンドンの地下鉄に乗る際のマナー

マナーは日本と変わりなく、ドアが開くと降りる人優先ですが、ロンドンでは電車に乗るときに並びません(法律上は割り込みは禁止)。

第一、乗車場所が書かれていないので、みんなドアがどこにくるのかわからない状態でホームを埋め尽くして待っています。そこで守るマナーは、ドアの真ん中を降りる人用に開けるだけです。

あとは「Priority Seating (優先席) 」と、エスカレーターは右側に立つことを覚えておけば完璧です。

駅を出るときも日本と同じで、チケットまたはカードを使えば改札を通ることができます。

料金表:https://www.londontoolkit.com(英語)

ロンドンの黒タクシー

ロンドンのタクシー

ロンドンの中心街を歩くとタクシーがとても多く走っています。

これらは基本的に黒ですが最近は他の色もあるので、形を覚えていればすぐわかるはずです。

タクシーに乗りたい場合、屋根上の表示灯が点灯していたら「空車」ということになります。表示灯が消灯していると拾えないのでご注意ください。

英語が苦手で場所を伝えるのが不安だという場合、先に住所を紙か携帯に書いておいて、それを見せると間違いはないはずです。

ロンドンとはいえ外国なので、詐欺師の運転手がいないとは限りません。そのためにも、少しでも怪しいと思った場合はタクシーのナンバープレートとタクシー会社の番号を書いておきましょう。

目的地に着いたら運転手が教えてくれます。

イギリスではチップは不要

イギリスでは原則としてチップを渡さないので、値段は書いてある値段から加算されることはありません。

チップを求められたりもしますが、渡さなくても揉め事になることはないでしょう。

世界中で大流行のUberも便利

海外でも携帯でネットを使うことができるのであれば、最近日本でも流行っている「Uber」を使うと黒タクシーよりも安く目的地まで連れて行ってくれます。

内容はタクシーですが、安いタクシーと考えるといいでしょう。

はじめにアプリをダウンロードしカードを登録する必要がありますが、長距離になるとUberを使用した方が安く、黒タクシーと比べて半分以下になります。

例えば、ロンドン市内からヒースロー空港へ黒タクシーで行くと、渋滞により90ポンド(約11,430円)までかかる場合もありますが、Uberを使用すると最高金額が先に表示され、それ以上高くなることがありません。

渋滞がひどくても、空港まで最高額およそ35ポンド(約4,450円)程度です。

このアプリは乗りたい車も選ぶことができ、一番安いオプションでは相乗りも可能です。車の大きさ、高級さなども選ぶことができ、高級車オプションを選ぶとロールスロイスで迎えに来てくれる可能性もあります。

公式サイト:https://www.uber.com/en-GB/

まとめ

ロンドンの交通機関を何度か利用したい場合、まずはじめにしておくべきことはオイスターカードを持つことです。オイスターカードがあれば、チケットを購入するのに比べて非常に安く、移動が楽になります。

ロンドンの道路はとても混むので時間に余裕があればバスを使い、安く急ぎで行くなら電車を使いましょう。タクシーは割高になりますが、使い方によっては便利です。

今すぐ移動したいのであればタクシーを捕まえることもできますが、携帯を触る余裕があるのであればUberが一番でしょう。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. グッドポイント診断
  2. シティ
  3. リクルートエージェント
  4. 楽天カード
  5. 旅行バッグ
ページ上部へ戻る