おさかな天国チリで魚料理に挑戦!おすすめの3つのチリ料理とレシピ

白身魚のフライ「メルルーサ・フリタ」

みなさん、チリ料理って聞くとどんなイメージをお持ちですか? 日本では殆ど見かけないチリ料理レストラン。

あまりイメージが沸きませんよね。

街を見ているとハンバーガー屋が異様に多く、フライドポテトやホットドッグなどを食べながら歩いている人をよく見かけます。

大きなモールのフードコートでは、90%の店がハンバーガー屋かピザ屋でかなりアメリカンな印象ですが、広い海域を持つチリは実はシーフード料理の宝庫でもあるのです。

市場やスーパーに行くと、本当に様々な種類の貝やカニ、魚など魚介類が並んでいます。 しかし、日本で見たことのない魚ばかりで、どうやって食べればいいか悩んでしまいますよね。

そこで今回は、チリ人に教えてもらった、家庭でも簡単に作れるおすすめの魚料理とそのレシピをご紹介します。

チリで魚を調達しよう

チリで魚を調達

チリの首都サンティアゴ。人も車も多い大都市で、初めて来られた方はびっくりされることも多いのではないでしょうか?

ここで観光地としても食材調達としても人気なのが中央市場「メルカド・セントラル(Mercado Central)」サンティアゴには「ベガ」と「メルカド・セントラル」と呼ばれる大きな市場が2つあります。

メルカド・セントラルは特に海産物が豊富で、チリ名物の「ウニ」をたっぷり食べられるという噂を聞きつけて沢山の日本人バックパッカーが訪れます。

また、魚料理が恋しいチリ在住日本人にとっては、新鮮な魚が手に入るこの市場は無くてはならない存在です。

メルカド・セントラルは、観光名所のアルマス広場から歩いて徒歩約5分ほどの場所にあり、いつも多くの人で賑わっています。

魚売り場に行くと様々な種類の魚や貝、カニなどの魚介類が並んでいて、そこで気に入ったものをキロ単位や個数で購入することが出来ます。

また、市場以外でもチリの代表的なスーパー「Jumbo」の鮮魚コーナーでも、種類は市場より少ないですが、新鮮な魚を購入することが出来ます。

まだあまりチリに慣れていない場合は、巨大な市場を周るよりも最初はスーパーで購入する方が買い物しやすいかもしれませんね。

チリの市場やスーパーの殆どの魚売り場では、注文すると希望に沿って魚を開いたり三昧におろしてくれるので、家庭での調理がとっても簡単です。

魚を購入した際は、是非利用してみてくださいね!

しかし、あまり良い状態で保存されていなかったり、鮮度に不安がある場合もあるので、生食用を購入する際は特に気をつけて鮮度を確認してから購入してくださいね!

日本人にはたまらない!海鮮マリネ「セビーチェ」

海鮮マリネ「セビーチェ」

チリに来たら絶対おすすめなのが、まずこの海鮮マリネ「セビーチェ(Ceviche)」

セビーチェはペルーの国民料理でもありますが、新鮮な魚介が豊富に手に入るチリでもよく食べられており、セビーチェ専門レストラン「 セビチェリア(Cevicheria)」などもあります。

新鮮な魚介にたっぷりとレモンを絞り、コリアンダーやパプリカ、玉ねぎなどと和えたセビーチェは、レモンとコリアンダーの香りがとっても爽やかです。

異国で刺身が恋しい日本人にとっては、思わず嬉しくなっちゃう一品ですね!

またセビーチェは、手に入れるのが難しい食材などもなく和えるだけで簡単なので、ドミトリーのキッチンや日本のご家庭でも簡単に作ることが出来ますよ。

では、レシピをご紹介します。

セビーチェのマリネのレシピ

材料(2~3人分)   

  • 刺身用のサーモンやレイネタなど・・・500グラム 
  • パプリカ・・・1個   
  • 玉ねぎ・・・半分   
  • レモン汁・・・半個~1個分   
  • 塩・・・少々   
  • 胡椒・・・少々   
  • オリーブオイル・・・適量   
  • コリアンダー・・・適量

1.魚を1.5センチ角ほどに切り、レモン汁をかけて15分~20分置きます。   

2.玉ねぎは薄切りにして水にさらしておきます。パプリカは1センチ角に、コリアンダーはみじん切りにしておきます。   

3.1と2を混ぜ合わせ、ラップをして冷蔵庫で30分~1時間ほど冷やします。   

4.塩と胡椒、オリーブオイルをかけて出来上がり!

玉ねぎのシャキシャキした食感とレモンの香りが爽やかなセビーチェは、あまり重たいものが食べたくない時にもサラダ感覚で食べられます。

チリではサーモンやレイネタと呼ばれる白身魚が定番ですが、日本ならタイやマグロなどでアレンジしてみるのも良いかもしれませんね!

プリプリとした食感が魅力のチリの大アナゴ、コングリオのスープ「カルディージョ・デ・コングリオ」

コングリオのスープ「カルディージョ・デ・コングリオ」

チリでよく食べられている白身魚、コングリオ。 日本語ではよく「大アナゴ」と訳されていますが、スープやフライにして食べると身がプリプリでとっても美味しいです。

魚市場で頭付きで並んでいるのを見ると、迫力ある見た目に買うのを少し躊躇してしまいますが、購入時にさばいてくれるので家庭での調理はとっても簡単! 頭も一緒にもらってきてスープにするととっても美味しいですよ。

沢山の野菜と一緒に作る「カルディージョ・デ・コングリオ(Caldillo de congrio)」というスープは、ヘルシーで美味しい、チリ人おすすめの家庭料理です。

それでは、早速レシピを見てみましょう。

カルディージョ・デ・コングリオ

材料(4人分)   

  • コングリオ・・・1匹
  • 玉ねぎ・・・1個 
  • トマト・・・3個
  • パプリカ・・・1個
  • にんじん・・・1本
  • ジャガイモ・・・3個
  • 白ワイン・・・100cc
  • 野菜ブイヨン(あれば魚のブイヨン)・・・400~500cc
  • パプリカパウダー・・・小さじ1
  • オレガノ・・・小さじ1
  • レモン汁・・・半個分
  • オリーブオイル・・・適量
  • コリアンダー(好みで)・・・適量
  • 塩、胡椒・・・適量

1.玉ねぎはくし切りを更に半分にした形に切り、にんじんは乱切りにします。ジャガイモは食べやすい大きさに切り、トマトとパプリカは一センチ角に切ります。   

2.鍋にオリーブ油を少々入れ、玉ねぎを炒めます。少し透明になったら、他の野菜も加えて油が全体になじむように混ぜ合わせ、塩、胡椒、オレガノとパプリカパウダーを加えて3分ほど炒めます。   

3.白ワインとブイヨンを加え、野菜に火が通るまで煮込みます。   

4.野菜が柔らかくなったら、食べやすい大きさに切ったコングリオとレモン汁を加えて10分~15分ほど煮込みます。   

コングリオは煮込み過ぎると固くなるので気を付けてくださいね!   

5.食べるときにコリアンダーを好みで加えて出来上がり!

野菜はすべての材料が揃わなくても、家にあるものや好きなものを入れて作っても大丈夫です。

ブイヨンは市販の固形ブイヨンを使用してもよいですが、もし魚の頭がある場合はあらかじめそれでスープを取っておくと更に美味しくなりますよ!

さくさく美味しい白身魚のフライ「メルルーサ・フリタ」

白身魚のフライ「メルルーサ・フリタ」

皆さん、メルルーサというお魚をご存知ですか?

淡泊な味の白身魚で口当たりが良くとっても美味しいのですが、あまり聞いたことのないお魚ですよね。

実は、チリではもちろん日本でも良く食べられている魚なんです。

どこでよく食べられているかというと、メルルーサは比較的安価な為、コンビニ弁当やお総菜の白身魚のフライとしてよく使われていて、以前はマクドナルドのフィレオフィッシュにも使用されていたそうです。

チリのレストランでも、サーモンやコングリオに比べるとメルルーサは少し安い価格になっていることが多く、スーパーでも手頃な値段で買うことが出来ます。

しかし、このメルルーサ、安いからと言ってばかにしてはいけません。 オーブンで焼いたりフライにすると、身がフワフワで口当たりが良くとっても美味しいんです。

身が柔らかいためスープにはあまり適しませんが、このメルルーサのフライ「メルルーサ・フリタ(Merluza frita)」はチリのレストランの人気メニューの一つです。

では、簡単に作れるメルルーサのフライのレシピをご紹介します。

メルルーサ・フリタ

材料(3~4人分)   

  • メルルーサ・・・4切れ 
  • 塩・胡椒・・・少々
  • オレガノ・・・少々 
  • レモン汁・・・1個分
  • 卵・・・2個
  • 小麦粉・・・適量

1・メルルーサに塩・胡椒、オレガノ、レモン汁をふりかけ30分~1時間ほど置いて味を馴染ませます。

2.卵はボールに割ってよく溶いておき、小麦粉は平らなお皿に入れて用意します。

3.メルルーサに小麦粉をまんべんなく付けたら次に卵にくぐらせ、熱した油でカリッと揚げて出来上がり!

少し日本のてんぷらと似ていますが、レモンとオレガノで下味をつけるところがチリ風。 食べる時にもレモンをたっぷりかけると美味しいですよ!

とっても簡単なので、メルルーサが手に入らない場合でも様々な白身魚で試してみてくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか? 

何か作ってみたいものはありましたか?どれも家庭で簡単に作れるものばかりです。チリ料理の味付けは大変シンプルなものが多く、大体が塩・胡椒、それにレモンを絞るといった感じです。

またコリアンダーはチリ料理に欠かせない食材の一つでサラダやスープにもよく使われており、市場やスーパーでは大きなコリアンダーの束を150円〜200円ほどで購入することが出来ます。

魚料理というと一見難しそうな気がして買うのを躊躇してしまいますが、チリでは全て魚屋さんが捌いてくれるので嫌な生ごみも出ず調理も簡単です。

南米周遊で肉料理に飽きたら、チリではぜひシーフード料理に挑戦してみて下さいね!

外求人

【採用担当者の方】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

チリに来たら絶対飲みたい! おすすめのドリンク5選

南米チリってこんな国!住みやすさ満点の7つの魅力

激安ウニ大国チリ!たったの800円でウニを満腹まで食べられる国はチリだった

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Pulimori

Pulimoriライター

投稿者プロフィール

フランスに三年住んだ後、スペイン人と結婚し現在チリ在住。
いつか世界一周してみたいと思っていたら、里帰りで毎年世界一周する事になりました。
現在は、チリでの就職を目標にスペイン語を習得中。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 部屋
  2. ニュージーランド
  3. 日本語教師
  4. 在宅ワーク
  5. 節約

おすすめ記事

  1. アルゼンチンの国籍別のお仕事の特徴
  2. カオトム・マット
  3. チェンマイのアンティークハウス
  4. 行動力
  5. タイ語
ページ上部へ戻る