Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

マレーシアのクアラルンプールで就職活動をしよう

クアラルンプール

東南アジアの中でも、他国と1、2を争いながら経済が発展し続けているマレーシアは、2020年に先進国の仲間入りをすると言われています。発展途上国独特の活気と熱気の中で自分も成長したいと思い、来馬される日本人の方も多くいます。

ここでは著者が実際にマレーシア就職した経緯についてお話ししたいと思います。これから海外で活躍したいと思われる方達の参考になれば、嬉しいです。

今回はマレーシアのクアラルンプールでの就職活動についてご紹介します。

日本を飛び出して、マレーシアで就活しよう

日本で現在仕事をされていて、将来マレーシアで働きたいと考えている人も多くいるでしょう。そんな人達は日本でマレーシアの求人を見たり、マレーシアでの就職を斡旋している企業の説明会や個人面談などに参加されているかもしれません。

しかし、マレーシアでは一般的に空いたポジションに人を募集していることが多いので、採用スパンが短いです。一次面接までは電話やスカイプで面接をしてくれますが、最終面接はマレーシアの企業での対面式の面接になるでしょう。

またマレーシア本土で就活されている日本人の方も大勢いらっしゃるので、日本から就活しているとなると、同じ土俵に立てていないので不利になります。

日系就職斡旋会社やネットを利用して情報を集めよう

仕事を探す

著者はマレーシア在住でしたので、日本企業が経営している就職会社と面談して仕事を紹介してもらったり、オンラインの就活サイト等を見ていました。

マレーシア就職最大手の日系就職斡旋会社「JACリクルートメント・マレーシア」

一度面談をすると定期的に求人メールを受け取ることができますし、個人的にも求人紹介してもらえます。自分のマレーシアでの市場価値や、マレーシア就職の知識を深めるためにも、日系の就職斡旋会社での面談は一度行うといいでしょう。

Facebookのビジネス版「リンクドイン」

公式サイト:https://www.linkedin.com

著者は実際にこのウェブサイトを使いマレーシア就職をしました。使い方は世界最大のfacebookと同様に個人プロフィールを制作し、人と繋がっていくものです。

このウェブサイトはビジネスに特化していますので、自分のプロフィールを見てスカウトマンの人達が連絡をくれたりします。著者も実際にスカウトメールを頂いた経験があります。

しかしマレーシア在住でも日本での就職スカウトばかりでしたので、出身国からスカウトを受けるイメージがありました。

リンクドインでは自身の職歴にあった求人情報も随時更新されていくので、著者は実際にそこでマレーシアに支社があるアメリカ企業の日本人スピーカーの求人をみて応募しました。

実際に面接を受けてみよう

著者の面接の流れはオンラインで履歴書提出→課題(試験)を受ける→マレーシア企業の現地オフィスにて一次面接→スカイプで最終面接→現地のオフィスを見学させてもらい正式なオファーを受ける、というプロセスでした。

履歴書提出の後の課題(試験)は受けている職種が専門職でしたので、面接を受ける資格があるか見られていたのでしょう。

一次面接はその企業で働かれている日本人の方と、外国人の二対一の面接で、きっちりとした「ザ、面接!」という感じでかなり緊張しましたが、最終面接はマレーシア人と他の外国人のスカイプ面接で「ザ、マレーシアの面接(!?)」という感じでした。

かなりフランクで友人とお喋りしているようだったので、「これが外資系の面接なのか」と思いました。

就労ビザの為の書類を集めよう

契約に必要な書類

いざ、就職先が決まっても、そこで安心してはいけません。外国で働くにはビザが必要になり、マレーシアも例外なく多くの書類提出があります。

著者は

  • パスポートの全コピー
  • 英文履歴書
  • 高校以降の英文卒業証明書
  • 日本の住所
  • 背景青の証明写真

上記の提出を求められました。

また2016年9月以降からビザのプロセスの仕方が変わり、ビザを初めて申請する場合はマレーシア国外のみ受け付けてもらえるようになったそうです。

その為マレーシアに既にいた著者は(その時点では観光ビザで滞在中)、ビザが発行された時はシンガポールのマレーシア大使館まで足を運びビザのスタンプをパスポートに押してもらいました。

日本にいる方は日本のマレーシア大使館でビザを受け取る形が一般的でしょう。

以前もマレーシアの会社で働いていた著者は「随分厳しくなったなぁ」と感じますが、これは増えすぎた外国人労働者を規制する役割があるそうです。

まとめ

晴れてマレーシア就職された場合、日系企業でも外資企業でも同僚の大半はマレーシア人になることでしょう。マレーシアは多国籍国家で様々な人種がいるので、初めは宗教の違いや価値観の違いに困惑することもあるかもしれません。

しかし、日本では体験できないようなめまぐるしい日常が待っています。あなたも日本を飛び出して、マレーシアで働いてみませんか?お待ちしています。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
マウス

マウスライター

投稿者プロフィール

マレーシア在住4年半になる旅好きライターです。
マレーシアを吸いも甘いも知り尽くした?!ライターがマレーシアに住むために必要な情報を提供して行きたいと思います。

ページ上部へ戻る