海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

オーストラリアのゴールドコースト空港から市内までのアクセス方法まとめ

  • 公開日:
  • 更新日:
飛行機

こんにちは!そして、ようこそ、オーストラリアへ!

今回は、ゴールドコースト空港から市内まで行く方法について解説したいと思います。私はツアーガイドをしていた為、空港からサーファーズパラダイスへ行ったり、帰ったりを頻繁に繰り返していました。

私の場合は慣れもあったかもしれませんが、ゴールドコースト空港から市内までの移動はそこまで難しい事はありませんでした。初めての方でも、ある程度知識があれば、どなたでも1人で市内まで行く事が出来ると思います!

とはいえ、慣れない初めての土地ならば話は別ですよね!バスの乗り方も、住所の見方も日本と全く違います。

初めてオーストラリアへ行く方にも分かるようにゴールドコースト空港から市内までのアクセス方法をご紹介します。

ゴールドコースト空港とは

ゴールドコースト空港

クイーズランド州の、クーランガッタ地方にあるゴールドコースト空港は、国際線と国内線が離発着する空港です。

市内までは約20Kmほど離れており、車で30〜40分ほどで行く事が出来ます。まずは到着してすぐパニックにならないように、空港地図を見ておきましょう。

到着ロビー付近にはカフェもあり、一息つくことも出来ますし、シャトルなどの待ち時間があればここで時間潰しもできます。

そんなに大きくない空港ですので、安心して下さいね。

空港ターミナルマップ:Gold Coast terminal map

ではさっそく市内まで行くのにどんな手段があるのか見ていきましょう!

ゴールドコースト空港から市内へタクシーで移動

タクシー

到着ロビーを出て、建物を出ると、ずーっと右側に歩きます。taxisの表示が見えたらそちらに向かって歩いてください。

タクシーが並んでいます。 多少お金はかかるけど、住所を伝えたら間違いなく目的地まで連れてってくれます。英語に自信が無ければ、住所を紙に書いてドライバーに見せてくださいね。

飛行機内で8時間ほど乗ってヘトヘトで、スーツケースも重くて大変だと思います。便利なタクシーを使って早くホームステイ先やホテルに向かい、疲れを取って下さいね。

タクシーによるぼったくりはまずありません。オーストラリアの中でもゴールドコーストは治安は良い方です。オーストラリアドルをタクシー用に準備しておきましょう。クレジットカードでの支払いも可能です。

サーファーズパラダイス周辺約$65、 ブロードビーチ周辺約$55、 メインビーチ周辺約$75ほどです。少し大目に用意しておきましょう。

サーファーズパラダイスまでてましたら、30分から40分くらいで着きますよ。

ゴールドコースト空港から市内へ乗り合いバスで移動

乗り合いバス

乗り合いバスで、空港からホテルまでの送迎をしてくれます。タクシーより安く済ませることができます。事前予約が出来ますのでしておくと安心でしょう。

もちろん、到着してから、到着ロビーにて予約も出来ます。乗り合いなので行き先がバラバラの方達と一緒なのでタクシーより少々時間がかかります。

  • 名称:Gold Coast shuttle
  • ゴールドコーストからホテルまで片道$22、往復$38
  • 公式サイト:http://gcshuttle.com.au/m/

ただいま紹介したゴールドコーストシャトルは、オーストラリアの会社ですが、日本の会社が同じように乗り合いバスでのサービスを行っています。

日本語ドライバーで安心なので、心配な方はこちらもどうぞ。

JPT tours

空港送迎バスゴールドコースト空港⇄ゴールドコーストエリアのホテル間

HIS

日本語で安心片道送迎

安くて、日本語ガイドさんが乗っていて安心です!オススメです。

ゴールドコースト空港から市内へバスとトラムで移動

バス

私がゴールドコーストに住んでいた頃は、空港からサーファーズパラダイスまでバス一本で行っていたのですが、今は途中でバスを乗り換えしなければサーファーズパラダイスまで行けなくなってしまいました。

しかし、ご安心ください。2014年に市内にトラムという路面電車も開通し、 知らない場所へバスで行くよりも、各駅に停まってくれる路面電車を使うことで、確実に、より簡単に目的地へ行けるようになりました。

空港から乗るバスも、降りる場所は終点なので、本当に簡単です。

実際にバスとトラムを使って市内まで行く方法

ゴールドコーストの公共バスは、サーフサイド・バスと言います。空港から出ると、タクシー乗り場の奥にバス亭があります。

行き先を確認して、バスが来たら出発まで待ちます。ここでは2箇所行きのみで、ルート777(Broadbeah行き)とルート760(Tweed Heads)行きのバス停があります。

まずサーファーズパラダイスまで行ってみましょう

777のバスに乗ります。 運転手に 「サーファーズパラダイスプリーズ」 と言うと、 『私はサーファーズパラダイスまで行きます』と伝えられます。

バスの運転手が、レシートを出してくれるのでお金を払います。焦らずに、落ち着いて応対しましょう。

そのレシートは、電車の切符のようなものなので、降りるまで失くさないように持っていてくださいね。無くしてしまうと、無賃乗車になってしまいます。

バスに乗ってしばらくすると、終点Broadbeah South Stationに到着です。

ここで、目の前のトラムに乗り換えます。トラムが動き出したら、各駅で停まってくれますので、トラムが停車する度に、駅の名前を注意して見ておいて下さいね。

トラムがSurfers Paradiseという表示の駅に到着したら降りてください。 市内へ到着です!!!

慣れるまでは、不安ですよね。

驚きなのは、オーストラリアのバスは、日本のように『次は〜、◯◯駅〜』と言ってくれません。

おまけに、停まるバス停に誰もまっていなかったら、スルーします。

そんな中、降りる手前付近で自分でブザーを押して、次のバス停で止まってもらわなければいけません。

かなり難易度が高いです。

目的地を降り過ごす事が怖い場合は、運転手さんに、自分の降りたい場所を事前に伝えておくと、降りるバス停に着いたら、着いたよ!と、親切に教えてくれます。私もよくこの方法を使っていました。

恥ずかしかったけれど、あまり他人に干渉しない国ですので、気にせず道を覚えるまで何度も使っていました。

トラム

今は、トラムが出来て、以前より簡単に行けるようになったので、安心ですね。

それに、バスとトラムでも空港からサーファーズパラダイスまでの運賃はたったの$8ほどで行けますので、格安です。英語に自信のある方、挑戦したい気持ちをお持ちの方は、是非、バスとトラムでチャレンジして下さい。

また、長期滞在の方は、『go card』をいち早くゲットしたほうが便利かもしれません。ゴーカードとは、お金をチャージしてバスやトラム、電車にも乗れる電子マネーカードの事です。日本にもsuicaとかありますよね。

同じようなものです。 発行にお金がかかりますが、通常料金よりも30%も安く乗れてしまいますし、チャージしておけば一回一回、面倒なバスでの支払いを省けます。

ゴールドコースト空港のTourist Shuttle Deskにて購入出来ます。airport mapの35番のところです。

とても便利なのでオススメです!

TRANSLINK 公式サイト:https://translink.com.au

注意事項

注意事項

貴重品について

治安がいいとは言いましたが、安全な国という意味ではありません。油断は禁物です。 つい話に夢中になってバックや、スーツケースを手から離さないようにして下さい。

空港は旅行者も多く、いろんな国籍の方がいます。自分のものは自分で守りましょう。

タクシーやシャトルバスでの居眠りや、女性は露出度の高い服装も避けたほうがいいでしょう。日本ではなく海外にいるという自覚を持ち、隙を見せてはいけません。

住所表記について

オーストラリアの住所は日本と逆に書かれています。

55/555 Cavil Avenue Surfers Paradise 4217 QLD 部屋号、番地、通りの名前 、地域名 、郵便番号 、州の名前 という順で並んでいます。簡単ですね!

着いた途端、初めての土地でずっと気を張っていると疲れると思います。スムーズに空港から宿泊地まで移動し、その後の滞在を有意義な時間に当ててくださいね。

まとめ

いかがでしたか!?

空港から市内までは、1時間弱くらいで行けます。自分に合った行き方を見つけて、ゴールドコーストでの滞在が素敵なものとなりますように!

楽しんできてくださいね!

海外求人

【採用担当者の方へ】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

ゴールドコーストのおすすめテーマパーク、シーワールドが面白い

ゴールドコーストを満喫!サーファーズパラダイスのおすすめスポット4つ

ゴールドコーストのお買い物の穴場スポット!パシフィックフェアーとカラーマーケット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
yui.m

yui.mライター

投稿者プロフィール

海外旅行とお花が好き*
フェリーのお仕事*
オーストラリアでツアーガイド*
帰国後は外資系企業でのお仕事*
今は子育て奮闘中*

海外移住・生活のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 楽天カード
  2. シティ
  3. 海外就職求人サイト
  4. 旅行バッグ
  5. グッドポイント診断
ページ上部へ戻る