Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

海外就職の始まりはスペイン!海外で働くことを選んだ理由

スペイン

現在は南米のコロンビアで働いていますが、私の海外就職はスペインから始まりました。

スペインから色々な縁や経緯があって南米三ヶ国への旅が始まるわけですが、そのきっかけとなった、スペインで職を得るまでの話をしたいと思います。

スペイン語を勉強する!

学生

私は小学生の頃から本を読むのが好きでした。アンデルセン童話から始まって、読むのは外国文学ばかりでした。それなので子供の頃から、外国生活に対する想像をふくらませ、いつか海外に住むようになりたいとずっと思っていました。

中学生になって習い始めた英語は私の得意科目となったのですが、英語だけでなく別の外国語も習いたいと思うようになり、高校に入って独学でスペイン語を勉強し始めました。

スペイン語を選んだ理由は、スペイン語圏は広いので、英語とスペイン語が出来れば、言葉の不自由さを感じず、旅行したり住んだりできる国のオプションが増えると思ったからです。

当然大学は、外国語学部のスペイン語学科を選びました。ただ当時は語学を生かした職業は限られており、外交官か通訳になることくらいしか、想定していませんでした

スペインに行くまで

スペイン

大学を卒業して、スペイン語を生かせる会社に就職したかったのですが、その頃はそのようなところはなかなかありませんでした。結局、外資の船会社の日本代理店に勤めました。

ニュージーランド航路とタイ航路の営業アシスタントで、その船会社からの出張者と英語で接する機会はありましたが、せっかく勉強したスペイン語を使う機会はありませんでした。

そこで、日本に住むスペイン人や中南米人と知り合いになり、仕事以外のところでスペイン語会話の練習をしたのですが、その知り合いの一人が南米に支店を持つ貿易商社を紹介してくれ、船会社に三年勤めた後そこに転職しました。

その貿易商社では、将来的に南米に派遣してくれそうな可能性はあったのですが、自分自身海外に短期でも留学した経験がなく、自信を持って海外駐在を希望出来るかどうか不安だった為、一年間求職扱いにしてもらって、まず自費でスペインに留学することにしました

スペインでの就職活動

仕事

スペインではグラナダ大学の外国人向けコースで一年間、スペイン近代史を勉強しました。

コースが終わって海外生活にもそれなりの自信をつけ、予定通り一年で帰国するつもりだったのですが、帰りに寄ったバルセロナではちょうど1992年のバルセロナ・オリンピックに向けて日本企業の進出が盛んで、バルセロナで知り合ったコロンビア人の友人から、仕事がないか探してみたら?と勧められました。

彼女はバルセロナの大学で建築を勉強していたのですが、仕事も探しており、私の履歴書も一緒にスペイン語で作ってくれました。

また、日本大使館で日本企業の住所録をもらって、「その履歴書を全部の会社に送ってみなさい」と教えられ、その通りに日本語の履歴書も添えて何社かに送りました。持つべきものは友達です。

私はもう一ヶ月バルセロナに滞在することに決めて、彼女とアパートをシェアしていたのですが、私が不在の時に日本企業から電話がかかってきて、私に関する照会を受けるといつも、「彼女はスペイン語も堪能だし、責任感もあるし性格もいい」と、あることないこと大宣伝をしてくれたのです。

そして、就職活動をし始めて一ヶ月もしないうちに、ある日本企業の現地採用としての就職が決まりました。

スペインでの仕事

その時、私が持っていたスキルや経験は、海運ビジネスと貿易実務でしたが、私の目標はあくまで海外に住んで仕事をすることだったので、仕事の内容には特にこだわりませんでした。

就職先は通信やIT機器の会社で、私の仕事は、あるプロジェクトの為に派遣されていた二人の日本人駐在員(技術者)のサポートと社内通訳・翻訳で、スペイン語さえ出来れば誰でも出来るようなものでした

この職種は、日本企業の進出が多く英語があまり通じない国であれば、需要が多い職種なのではないでしょうか。

技術ミーティングで通訳をしたり、日本人駐在員とスペイン人技術者のコミュニケーションを助けたり、マニュアルなどの翻訳をする他、駐在員のご家族、特に小さなお子さんの幼稚園の先生とのコミュニケーションや、病院に行った時のお医者さんとのコミュニケーションのお手伝いをしました。

私はバルセロナの研究所勤務でしたが、マドリード本社にも、同じような仕事をしている現地採用の日本人女性が二人いて、うち一人は昇格して社長秘書をしていましたが、ずーっと一生こういう仕事をしていて良いのかという疑問がありました。

ただ、このプロジェクトは三年で終わる予定だったので、この期間を最大限に利用して、まずスペイン語の通訳・翻訳能力を高めると共に、通信やIT関係のビジネスも覚えるように努めました。

この時に覚えた技術用語は、その後のスキルアップに間接的に役立っていますが、スペインの後の私のキャリアアップの経緯は、また別の機会にお話させて頂こうと思います。

まとめ

大学生の頃は、外国に住みたかったら商社マンと結婚して駐妻になるのが手っ取り早いと思っていたのですが、残念ながら商社マンや商社マンになりそうな男性とは縁がなく、結局、自分の力で海外に出た方がよっぽど手っ取り早い結果となりました。

海外に限らず日本での勤務でも、スキルアップしようと思ったら、まず今自分がやっている仕事でなるべく沢山のことを覚えて吸収するように勤めることが大事だと思います。

自分にとってはつまらない仕事でも、知らないことは沢山あるはずですし、覚えても後で役に立つとは思えないようなことでも、覚えて自分の知識の箱に入れておけば、必ずいつか役にたちます。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

ページ上部へ戻る