海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

スペイン滞在歴2年でもスペイン生活で未だに慣れず困ること

  • 公開日:
  • 更新日:
髪型

私は2年ほどスペイン南のアンダルシア地方、セビリアで生活しています。日本の感覚というのは簡単に抜けるものではないので、未だに慣れていないことや困ることがあります。逆に順応してしまったこともあります。

この記事ではスペインでの生活の中で慣れないこと、困ったことなどをご紹介します。

スペインではとにかく時間がかかる

時間

初めてセビリアで生活を始めた時に思いました。「スペイン人は時間に寛大だなぁ、我慢強いなぁ」と。スペインという国は、何をするにもとにかく時間がかかります

スーパーのレジ

日本のスーパーマーケットやコンビニエンスストアのレジは、店員さんがものすごい速さでどんどんさばいて行きますよね。列ができている場合は、「こちらのレジどうぞ」とすぐさま空いているレジでも対応します。

スペインのスーパーマーケットでは、列ができていても他のレジを空けないことがよくあります。お客さんは列が長くできていても、あまり気にしていない様子です。

今から会計というタイミングで、「あ、◯◯を忘れたのでちょっと取りに行きます。」と言って店内に取りに行く人がいます。レジ係の人はその人が戻ってくるまで待っているので、列の他の人は待たせたままです。

こういったことがあっても「早くしてもらえますか?」とか「その人を後回しにしてもらえますか?」と文句を言う人はいないんです

メールや電話の返事

「今わからないのですぐ回答します」と言われた場合、日本人の感覚だとその日じゅうには回答が来るのかな、と思いがちですが、スペインで言う「すぐ」とは3日〜1週間以内くらいの感覚です。

「すぐに回答します。」と言われてその日中に回答が来たら、逆に驚くようになりました。

日曜日、祝日はほとんどの店が閉まっている

お店

平日はなんだかんだ忙しく、土曜日は遠出することもあるので、本当は日曜日に買い物をしたいケースがよくあります。

しかし、日曜日と祝日はスーパーマーケット、ファッションのお店など全て閉まっているので、買い物ができません。薬局はお店によって空いていますが、閉まっているところも多いです。

日曜日にも空いている唯一のスーパーマーケットはCarrefour Express(全ての店舗ではない)です。それと、中国人経営の雑貨店や中国人経営の野菜やフルーツを売っているお店は開いています。

日曜日や祝日に何かを買いたくなったら、大抵このいずれかに行くことになります。

日本にいた頃はちょっと歩けば24時間営業のコンビニエンスストアがありました。さすがに24時間の営業を求めることはないけれど、いつでも欲しいものが手に入る環境というのは素晴らしかったなぁと思います。

売られているものが大サイズ

海鮮

スペインでは食材や日用品がとても大きいサイズで売られています。例えばポテトチップスは日本の「大容量サイズ」がスペインの通常サイズです。

ポテトチップスの袋を一度開けてしまうと、なかなか食べるのが止まらなくなってしまうもの。そのため、ポテトチップスを食べ過ぎてしまうという危険性があります。

食パンは「何日間で食べ終わるかな」と思うようなサイズで売られています。賞味期限が割と長いので一人でも食べきることができますが、日本の賞味期限の感覚だと消費しきれない量です。

魚を買う時はkg単位で買う人が多いです。もちろん500gで買うこともできますが、あまり小さい単位だと売ってくれないことがあります

例えば、「サーモン1切れください」と言うような人はいないので、大抵の人が「サーモン500g」とか「サーモン1kg」という単位で購入しています。

洗剤などの日用品は、業務用かと思うほどの大容量サイズで売られています。洗濯機に入れる洗剤の量も日本の感覚より多いので、消費量が多いために大容量なのだと思います。

スペインの洗剤のサイズを見てから日本の洗剤を見ると、小さくて驚きます。

髪のカットの仕方が疑問

髪型

私の住んでいるアンダルシアでは、あまりレイヤーを入れたヘアスタイルをしている人が多くないようです。そのため、髪の毛を切るときにザクッとまっすぐ切られます

スペインの人は日本人より髪の毛が柔らかい人が多いので、まっすぐ切っても変な風に跳ねたりしないのだと思います。

レイヤーを入れたい場合は、カミソリを使って毛先をザクザクカットしています。かなり豪快にカットしていき、日本の美容師さんのように細かく整えたりすることはあまりしないようです。

トイレに一緒に入る

トイレ

特に女性についての話になりますが、ディスコテカ(クラブ)やバルなどで「トイレ一緒に行こう」と言われた時は、一緒に着いていくだけでなくトイレの個室に一緒に入ります

一人が用を足している間にもう一人は鏡で髪型や化粧を直したりなどしながら、トイレで世間話をしたりします。

初めの頃、この習慣がわからずに「トイレの外で待ってるよ」と言ったら大笑いされました。現在はトイレに一緒に行く=同じ個室に入ることだと理解できましたが、感覚的に同じ個室に入るのは恥ずかしいし、慣れないものです。

スペイン人は基本的に適当

お金

これは特にアンダルシアの人に言えることなのかもしれませんが、基本的に大雑把で適当な人が多いです。お店で買い物した時のお釣りがいい加減だったり、道を聞いた時の答えがいい加減だったり、約束は守られなかったりします。

よく言えば細かいことは気にしないということなので慣れてしまえば楽なのですが、初めの頃は特に約束があってないようなものだということに慣れませんでした。

郷に入っては郷に従え

スペイン

※写真はセビリアにある「スペイン広場」

スペインは日本と文化も習慣も異なる国なので、日本人の感覚からしたら慣れないことがよくあります。「郷に入っては郷に従え」と言う諺通り、徐々にスペインの感覚に慣れるよう心がけましょう。

スペイン人からよく「日本人は配慮がある」というようなことを言われますが、そういった日本人としての感覚も忘れないようにしたいなと思いながら生活をしています。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
moni

moniライター

投稿者プロフィール

2015年6月よりスペインのセビリア在住。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る