海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

海外で働きたい大学生が、今日からできる5つのこと

  • 公開日:
  • 更新日:
世界地図とパソコン

近頃、世界の他の国々との距離が近くなったように思いませんか。

これまでの日本であれば、受験勉強をして良い大学に入り、大手の企業で勤めあげるというパターンを目指す人が多くいました。しかし今は、働き方だけに限らず働く場所の選択肢も、以前と比べて無限に広がっています。

ただ、将来的には日本以外の国で働きたいと思っていても、その目標に向かって何をしておけばよいのでしょうか。語学を完璧にする?資格を取っておく?……など、思い浮かぶ選択肢はいくつもあります。

海外へ出て行く経験

未来

私は2008年から2009年に英語の勉強のためスイスへ、その後2010年から2011年にはフランス語を勉強するためフランスに留学をしました。特にフランスでは、学業のかたわら飲食店でのアルバイトも経験しました。

留学期間中は、滞在国の人だけではなく、様々な国の人と出会い、話す機会がありました。その中で感じたのは、日本への注目度は依然として高いということ。歴史、文化、サブカルチャー、政治など、日本に関するさまざまなことを聞かれました。

また、それらの話題をきっかけとして、友達同士の中で議論に発展し、意見を求められるという場面も多々ありました。

私の留学した経験を通して、海外で働く場合に限らず、留学したい、別の国で暮らしてみたいという場合にも共通する、「将来のために今日からできること」を5つご紹介します。

言語の勉強

勉強

別の国に住むのであれば、現地の言葉を使えるようになることは必須でしょう。とはいえ、日本にいる間に完璧に仕上げておく必要はありません。ある程度の基礎が身についていれば、現地の環境で揉まれるうちに飛躍的に語学力は伸びていきます

英語の場合ですが、「英語を勉強する」というと、日本では疎まれている文法教育が思い浮かびます。

しかし、日本の学校の英語授業はなかなか馬鹿にしたものではありません。大学受験に使うような長文読解をマスターしなくてもいいですが、最低でも中学で勉強する基礎文法は覚えておいた方がベターです。

現地で暮らしていれば自然と話せるようにはなっていきますが、聞きかじりの場合、ブロークンな表現になっていることが多いからです。

勿論、分かったうえで砕けた表現や口語を使うのであれば問題ありませんが、例えば仕事の場でブロークンな会話を使うのはいただけないですよね。

また、基礎の文法が身についていないと、書類を渡された時にも読めません。文章の構成はわかるけれど単語が分からないということであれば辞書が使えますが、そもそも文の成り立ちが分かっていなければどうしようもありません。

英語圏以外の国で働きたいという場合、英語と比べて学習のハードルは上がります。しかし、現地の誰しもが英語を話せるわけではないですし、現地の言葉ができるだけで色々なチャンスが広がります

現地に行ってイチから言葉を勉強する場合、日常で役に立つレベルにまで持っていくにはかなりの時間を要します。

日本にいる間に、せめてその国のアルファベットが分かるようになっておく、簡単な挨拶は読み書きできるようにしておく位はやっておきたいものです。

行きたいと思う国の文化や生活を知っておく

海外の風景

一口に「英語をメインで話す国」と言っても、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ等いろいろな国があります。

英語の国ならどこも同じ、などということはありません。発音の仕方や使う単語、また生活様式や文化まで異なります。アメリカで使われている単語の意味がニュージーランドの人には理解できない、ということもよくあります。

自分が行きたい国が既に分かっている場合、その国の映画やドラマを見ることがおすすめです。

言葉はもちろんですが、その国の人たちの日常生活の場面や町の雰囲気など、映画の中から勉強することができます。(そういう点で言えば、SFや歴史物は向かないかもしれませんが……)

「映画で勉強する」といっても肩肘を張らず、気になることがあれば調べてみるくらいのスタンスで楽しく見てみましょう。

世界のニュースに目を向ける

ビジネスマン

世界では大ニュースになっているのに、日本では扱いが小さい、もしくは全く報道されないということがあります。

例えば昨今、日本でも報道されている「#MeeToo」のニュース。アメリカの大物プロデューサーのセクハラ告発問題を機に、MeeToo運動は世界へ拡がり、あらゆるSNSで「#MeeToo」のハッシュタグを見かけるようになりました。

しかし日本のメディアでこの問題が本格的に報道され始めたのは、既に海外のSNSが「#MeeToo」で溢れかえってからだったように思います。

世界中で話題になっていることでも、日本国内のニュースを見ているだけでは知らないまま、ということも十分起こり得ます。

もちろん、日本国内や日本に関連した周辺国のニュースは知っておくべきです。しかし今、世界で何が起こっているかという情報収集をしておくことも大切です。

自分の意見を持つ

なぜ

「空気を読む」という表現があるのは日本だけではないかと思います。最近では「空気を読む」が「忖度」に取って代わられた気もしますが、周囲の人との和を乱さないように協調しあう、というのは日本以外では見られない文化です。

例えば友達と数人でお昼ご飯を食べに行く時、どこに行こうかという話になり、「私は好き嫌いないから、何でもいいよ。皆にあわせる」という返事をしていませんか?

日本では、周りの出方を見るためにもよく使う言い方ですが、海外だと「意見のない人」になってしまいます。「なんでもいい」は意見ではないのです。

たとえ同じグループの中にベジタリアンがいたとしても、自分が肉を食べたい気分なのであれば「肉を食べたい」と言います。それで雰囲気が悪くなることはありません。

「ベジタリアンがいる」「肉を食べたい人がいる」という両方の状況があり、ではそれを踏まえた上でどうするかという折衷案を話しあって決めていくのが普通です。

「ベジタリアンがいるっていうのに肉なんて、空気読めないんじゃない?」などと思われることはありません。

これが「何を食べるか」くらいの話であればいいですが、仕事で意見を求められたり、解決策を探らなければならないような場面ではどうでしょうか。

誰かが意見を言うのを待ち、「あなたはどう思う?」と促されても「皆にまかせる」などと答えていたらあきれられてしまいます。

自分の意見が合っているかどうかは二の次で構いません。とにかく何にでも自分なりの意見を持ち、発言することを怖がらないようにしましょう。

日本のことを学ぶ

学ぶ

将来海外で働きたいと思っているのに、日本のことを学ぶの?と思ったかもしれません。しかし海外に出た場合、友達同士や職場などで、「たった一人の日本人」になることはままあります。その場合、自分が日本人代表となってしまうのです。

日本に興味を持っている海外の人は、歴史や社会問題など、様々な質問をぶつけてきます。また、例えば「アメリカではこうだけれど、日本ではどうなの?」という会話になることもしばしば。

私の体験談ですが、「日本の国土の面積は?縦に長いけど、北端から南端までの距離ってどれくらいあるの?」と聞かれて面食らったことがあります。

さすがにパッと答えることはできず調べましたが、意外なことに興味を持つんだなと思った記憶があります。

日本について何かを聞かれて、いつもいつも「よく知らない」「分からない」だけでは会話が成り立ちません。

マニアックなことならまだしも、今話題になっているニュースや一般常識まで「知らない」を連発していると、ひどければ「自分の国のことなのに、何も知らないのね。本当に日本人?」と言われてしまう可能性だってあります。

海外に旅立つ前に、改めて自分のルーツとなる国のことを話せるようになっておきましょう。

まとめ

見知らぬ国で仕事や生活をする時、とりあえず語学を勉強しておけばいいかと思うかもしれません。

現地の言葉がわかるように備えるのは重要ですが、言語はあくまでツールです。仕事の場では、言葉が話せるかどうかよりも、その言葉というツールを使って何を話すか、どんな意見を持っているかが重視されます。

また、「海外」と一言でいうものの、それぞれの国の文化や生活様式は全く異なります。その国で作られた映画やドラマを見ておくだけでも、実際の生活に溶け込む助けになります。

これからの世界は、ますます国同士の垣根が低くなっていくでしょう。その時に、自分は日本人としてどうしたいか、どう思うかが今以上に求められるかもしれません。

自分が将来どんな場所でどのように働きたいかをイメージしつつ、その目標に向かって少しずつ準備を進めていきましょう!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人) 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 楽天カード
  2. リクルートエージェント
  3. シティ
  4. 旅行バッグ
  5. 海外就職求人サイト
ページ上部へ戻る