海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

香港国際空港のグランドスタッフとして働く私のお給料事情

  • 公開日:
  • 更新日:
本

海外で働くことに興味がある方にとっての関心事の一つは、給料事情だと思います。転職サイトや募集要項に年収や給与の額は記載されていますが、本当のところどのくらいもらっているのか気になりますよね。

私は2012年から2017年までの5年間、香港国際空港にて某エアラインのグランドスタッフとして勤務していました。駐在員という形ではなく、現地採用社員でした。

国だけでなく、職業や役職によって給与額は変わりますが、私(20代女性)の当時の給与の実例をご紹介します。

※1香港ドルHKD=約14円(2018年7月)

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

香港国際空港で働く私の1カ月の給与

お金とカード

月によって多少の変動はありますが、月額20,000HKD前後でした。日本円に換算すると280,000円ほどです。

内訳は、

  • 基本給16,000HKD(約224,000円)
  • 交通費400HKD(約5,600円)
  • 残業代2,600HKD(約36,000円)
  • 海外手当1,000HKD(約14,000円)

です。交通費、残業代、海外手当についての詳細は後述します。

海外就職求人サイト
海外就職

香港国際空港で働く私の給与受け取り方法

HSBC銀行

「当月分の月給プラス前月分の残業代」が毎月25日に振込されていました。振込先は、香港に拠点のある銀行であればどの銀行でも申請可能で、私は香港のメガバンクであるHSBCを指定していました。

同僚や友人を見ていると、HSBC、スタンダードチャータード銀行(Standard Chartered Bank Hong Kong)、恒生銀行(Hang Seng Bank)の3つが利用率の高い銀行でした。

香港国際空港で働く私の各種手当

香港の道

住宅手当

家賃が高いことで有名な香港ですが、住宅手当はありませんでした。そのため、郊外に住んだり、ルームシェアしたり、家賃交渉したりと、家賃を少しでも下げる工夫をしている人が私を含め周りにも多かったです。

通勤交通費

1日20HKD(約280円)まで支給されていました。私の場合は職場と住宅が離れており、1日40HKD(約560円)かかったため、支給額外の20HKDは実費でした。

補足情報ですが、香港は交通費が非常に安価で、バス・地下鉄(MTR)などの交通機関が整っています。

その他、特別手当

香港で働く日本人という理由で、「海外手当」を月に1,000HKD(約14,000円)もらっていました。

香港国際空港で働く私の残業代

空港

残業代は30分単位でもらうことができ、時給100HKD(約1,400円)計算でした。

職種柄、フライトの遅延やキャンセルなどのイレギュラーがあると24時間以上ぶっ通しで働かなければいけないこともあるのですが、残業代が全て出るのでモチベーション高く働けました

香港国際空港で働く私のボーナス

年に2回(6月・12月)のボーナスは評価制で、マネージャーが下した評価によってもらえる金額が変わるという査定方式でした。ボーナス支給月にマネージャーとの面談時間が設けられ、評価とその理由についてのフィードバックがあります。

ボーナス評価は、上からA+、A、B+、B、Cの5段階評価でした。A+であれば基本給の120%、評価が下がるごとに10%ずつ少なくなるという仕組みです。

ちなみに香港には、1ヶ月分の給料が年末に追加でもらえる「ダブルペイ」という制度がある会社が多いのですが、私の勤めていたエアラインではその制度はありませんでした。

香港で働くと税金はどうなる?

香港の建物

香港で働いていてうれしいことは、税金の天引きがないことです!なぜならば、香港では毎月税金を納めるのではなく、年に1回、給与所得税の申告をする仕組みになっているからです。

給与から引かれるものは「MPF」という強制積立年金のみで、額としては給与の5%です。引かれるといっても、香港を離れる時、もしくは65歳になった後に、それまで積み立てて運用したお金を受け取ることができるのでご安心ください。

香港国際空港で働く私の貯金はどのくらい?

給与から家賃・生活費・交際費・習い事等の費用を引くと手元に残る額はあまり多くありませんでした。そのため、年2回のボーナスを貯金に回していました。

高い住居費をうまく抑えることができれば、月々の貯金額を増やしやすいと思います。

まとめ~ポイントは住宅手当

香港での暮らしにおいて一番頭を悩ませるものは、高額な家賃です。したがって香港での職探しでは、「住宅手当」が給与関連での大切なチェックポイントになります。

住宅手当がない場合には、それを補えるだけの給与額なのか、またはボーナスがどのくらいもらえるのかを確認することが重要だと思います。

海外で働くことに興味のある方や、香港での就職を考えている方の参考になれば幸いです。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

香港で就職したい!香港の現地採用の給料と日本人向け求人(業種・職種)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る