海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

海外就活で失敗しない面接時の服装(男性)とは?印象をよくするためのポイント

  • 公開日:
  • 更新日:
ビジネスマン

初めての海外就職活動にはわからないことや戸惑うことがたくさんあります。面接時の服装もその一つではないでしょうか。

「海外だし、面接でも服装は自由だよね」と思っている方もいるかもしれません。しかし、日本であっても海外であっても最初の印象は重要です。

この記事で取り上げる男性の場合であれば、一般的にはスーツで大丈夫なのですが、海外では「私服で」と指定する業界や職種、企業もあります。パターン別にポイントを押さえ、最初の面接はきっちりと身なりを整えて臨みましょう。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

海外就職面接の服装1. 外国であってもスーツが基本!

スーツ

男性の場合、指定がない限りスーツ着用が望ましいです。

色はダークなものが無難でしょう。チャコールグレーやブラックでもいいですが、最近はダークブルーや濃紺が多い印象です。また、ストライプやグレンチェックなど柄物は避けた方がいいでしょう。

二つボタンでも三つボタンでも構いませんが、三つボタンの場合は上二つ掛けではなく、段返りの方がすっきり見えます。

また、最近はあまり見かけませんが、ダブルのスーツは避けた方がいいですね。今だとちょっと変わった人に見えてしまいます。

海外就職面接の服装2. ワイシャツは白をベースに

ビジネスシャツ

ワイシャツは白をおすすめします。どうしても白以外のものを着たい場合は、淡いブルーなど白に近い薄い色のものがよいでしょう。ストライプや柄物もあまり好ましくありません。

また、ボタンダウンは避け、レギュラーカラーにしておくことをおすすめします。ボタンダウンが好きな方も多いと思いますが、もともとスポーティーなシャツでドレスシャツではないため、おすすめできません。

ワイドカラーでも構いませんが、あまりワイドすぎない方が無難です。

シングル二つボタンのスーツに白のレギュラーカラーなんてちょっとダサいかなと思うかもしれませんが、スーツの最も基本的な着こなしです。

海外就職面接の服装3. ネクタイは派手すぎないものを

ネクタイ

ネクタイは基本的には趣味でかまいませんが、あまり派手なものやキャラクターものなど受けを狙ったようなデザインは避けましょう。スーツの色に合ったものならそれほど迷うことはありません。

海外就職面接の服装4. その他小物

ビジネスシューズ

靴:かかとまできれいにしておく

黒の革靴が基本ですが、ダークブラウンでもかまいません。オーソドックスなデザインのものの方が真面目感を演出できます。

靴は意外と見られるポイントです。かかとがすり減っていたらリペアに出しておきましょう。

靴下:明るい色はNG

黒や紺など濃い色のものを選んでください。間違っても白は履かないようにします。

また、短いパンツ丈にくるぶしまでのソックスも面接の時は避けましょう。

ベルト:黒が基本

ベルトは基本的には靴の色に合わせます。黒なら大丈夫です。

あまりいないと思いますが、面接時にはサスペンダーはちょっとおしゃれすぎるでしょう。

かばん:ビジネス用のものを

普段、仕事で使っているもので構いませんが、もしリュックなどの場合はA4のビジネスバッグを用意した方がいいでしょう。

素材は革でもナイロンでも大丈夫ですが、自立するかばんの方が何かと便利です。

時計:意外と目につくアイテム

時計は特に買い替える必要はありませんが、スーツの時にGショックをしているとちょっと手元が浮いてしまいます。

また、時計は意外と気にして見ている面接官も多いです。時計で年収を判断されるケースもあるので、実はチェックされているポイントだということを覚えておくといいでしょう。

海外就職面接の服装指定、「自由」「私服」の意味とは

私服で待つ

前述した通り、一般的には海外就活の面接でもスーツを着るのが基本ですが、中には「服装は自由」とか「私服で」という海外企業もあります。ただ、これはちょっとひっかけ問題みたいなところがあります。

「自由」「平服」ならスーツで

「服装は自由」の場合は自由なのでスーツで行っても大丈夫です。また「平服でお越しください」の場合、スーツで行くのと同じようなものです。

「平服」というのは「礼装でない」という意味なので、タキシードやモーニングでなくても大丈夫ということです。平服はスーツからカジュアルまで幅広い意味を持ちますが、面接の場合はオフィスカジュアルを指すことが多いです。

「私服」と言われたら要注意

問題は「私服」です。この場合、ビジネススーツは避けた方がいいでしょう。なぜなら面接先はあなたのセンスを確かめようとしているからです。

私服を指定してくるのは現地メーカー、アパレル企業やベンチャー企業、またはクリエイティブ系の職種の場合がほとんどです。普段仕事でもスーツを着ない職業ですね。

私服を指定する理由としては、

  • 企業文化としてビジネススーツを推奨していない
  • 社風が自由であることをアピールしている
  • TPOが判断できるかどうか確かめようとしている
  • 社風に合うかどうか判断しようとしている
  • ビジネスにマッチするかどうか私服のセンスを見たい

などがあげられます。

「私服」指定の海外就活面接には何を着て行けばいいの?

服

では私服と指定された場合、どんな服装がベターなのでしょうか。

アパレル企業の場合、プレステージブランドなのかカジュアルブランドなのか、また、そのブランドの服を着ていくのかどうかなど、考慮しなければならないポイントが多いので、ここでは一般企業の場合を考えていきます。

私服でセンスが試されているといっても何でもありというわけではありません。クリエイターさんやデザイナーさんなどは、Tシャツに短パンにサンダルというスタイルで仕事をしている方もめずらしくありませんが、面接時はまた別の話です。

「オフィスカジュアル」とは

オフィスカジュアルとかビジネスカジュアルといいますが、実際に厳密な定義はありません。また、業界や職種によってカジュアル度合いはさまざまです。

以前、プレミアムフライデーならぬカジュアルフライデーが日本で推奨されたことがあります。

金曜日にカジュアルな格好で出社するというムーブメントでしたが、「カジュアル」の定義がわかりにくかったため、ゴルフウェアで出社するおじさんやジーンズにTシャツの若手が続出して結局定着しませんでした。

女性の場合は基本がオフィスカジュアルですが、スーツに慣れた男性は「カジュアル」の度合いがつかみにくいものです。ここでアイテムごとに考えてみましょう。

ジャケットを着ておけば安心

とりあえずはジャケットを着ておくとカジュアルでもビジネス感が出るので便利です。雰囲気を見て、ちょっと堅すぎたらジャケットを脱げば大丈夫です。柄物よりも無地の方が安心です。

襟付きのシャツを

シャツは襟のあるものやポロシャツがいいでしょう。TシャツやVネックなどは面接ではだらしない印象を与えがちです。ストライプや柄物でもかまいませんが、赤、黒、紫など派手すぎる色は控えた方がいいですね。

私服感を出したいのでネクタイはしなくて大丈夫です。

パンツはジャケットに合わせて

無地のウールかチノパンをおすすめします。コットンでもカーゴパンツは避けましょう。

ジャケットに合うパンツを選ぶとおのずから決まってくると思います。

靴は革で

靴はやっぱり革靴をおすすめします。ビジネスシューズでちょっとデザイン性の高いものがオフィスカジュアルっぽいでしょう。

スニーカー、サンダルはNGです。

かばんは仕事で使うものを

オフィスカジュアル用に特別にかばんを用意する必要はありません。いつも仕事で使っているかばんで大丈夫です。

普段使いしているリュックやコットンのトートバッグ、また明らかにブランド物とわかるかばんは面接には不向きです。

まとめ~服装は新たな仕事への最初のステップ

海外就活での面接時の服装は以下の通りです。

  • 基本は無地のダークスーツ、レギュラーカラーの白のワイシャツ、オーソドックスな革靴。NGは派手な柄のシャツ、白い靴下、リュック。
  • 私服指定の場合はジャケット、ジャケットに合うパンツ、襟付きのシャツ、革靴が基本。スーツはNG。またサンダル、スニーカー、短パンは避ける。

今までスーツ着用の職場だった人にはオフィスカジュアルは逆に難しく感じてしまい、逆にカジュアルだった人にはスーツは窮屈に感じてしまうかもしれませんね。

でも、物事は形から入るのが基本です。新しい仕事に変わるファーストステップと考えて、まずは服装から入ってみましょう。服装だけでなく、シャンとした姿勢もお忘れなく。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る