初めての海外就職を成功させる方法

海外就職

海外での就職を視野に入れたときから、怒涛のようなリサーチの日々が続きます。地味なリサーチをくり返しながら、海外就職成功というゴールに少しずつ近づくのです。

当然のことながら、海外というフィールドをターゲットにした求職は、国内でのそれ以上に綿密な事前リサーチが必須です。しかも、世界では、エリアや業種により求められる条件も実にさまざまで、スタンダードがないも同然です。

そのような状況の中で、求職するこちら側の求める条件と一致する、あるいは近い条件を探し出さなければいけないのですから、リサーチの方法も多岐にわたります。

たとえば、海外就職とひとことで言っても、現地の企業に入りたいのか、安心の日系企業に入りたいのか、という点においても考え方には大きな差があります。

このように、「この方法なら」とシンプルに薦められるやり方はないといっても過言ではないほどなのですが、成功者が必ず試していた初めての海外就職の方法をご紹介します。

なぜ海外で働くのか?

海外で働く

目標を決めて、そのためにはどうしたらよいか、ということを考えなければならないのは、海外での求職に限らず何を始めるときも同じだと思います。

あなたのやりたい仕事、職種、行きたい地域は?

これをおろそかにしてしまい失敗する確率が上がることは、他のさまざまなシチュエーションにもあてはまることです。ですから、この場合は、自分のやりたい仕事、職種、行きたい地域、期間などの詳細を整理します。

新卒での就活にしても、転職活動にしても、どうしても早く不安な状況から脱して、就職先、転職先を決めてしまいたくなるでしょう。また、ここでの自分の目標の見極めがはっきりしていないと、目標地点に無事に着地できなくなります。

そんな状況を避けるためにも、どうか改めて自分の足元を見据え、自分の目標に十分に合う条件を熟考して下さい。ましてや、ターゲットを海外に設定するわけですから、仲間も多くありません。

それぞれが一匹オオカミのごとく、自らと向き合い、自分の目標、理想をしっかりと定めることが最重要となってきます。自分自身の中で、これだけはどうしても譲れないということを考えてみれば、おのずと目標が見えてくると思います。

関連:海外就職のきっかけは「あこがれ?」それとも「やりたいこと?」

自分の能力を生かせる仕事か、心機一転新天地に挑むのか

自分が専門的に学んだこと、それまでに経験してきた仕事などを生かせる職を探したいのか、心機一転新天地に挑みたいのかといったこともそうでしょう。

特定の外国語に自信があるのなら、行き先の国や地域を限定することができます。

また、海外をターゲットにしたきっかけからたどり、現地生活をどのくらいの年数続けたいのか、自分の希望する生活レベルを維持するための収入はどのくらい必要なのかなど、詳細を掘り下げたらいくらでもあります。

しかしながら、ここで忘れてはならないのは、この目標や理想の条件が、結果的にはすべて叶うわけではないことも多いということです。

だからと言って、匙を投げるのではなく、やはりきめ細やかな下準備が成功を導くことには変わりありません。

ですから、自分の目標、理想を考え、譲歩できることや優先させたいことなど、少々幅を持たせてリストアップできていることが大切です。

このような作業をしっかりと整理して済ませてあれば、いざ本格的に海外をターゲットにした就職活動、転職活動が始まったときに、自信をもって進んでいけると思います。

関連:海外就職や転職、海外で働くために役立つ資格まとめ

海外求人サイトを利用する

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

海外での求職とは言っても、日本語でわかりやすい情報が多く供給される海外就職向けの求人サイトはぜひ登録するべきです。

不可欠な書類の準備についての方法が説明されていたり、非常に多くの掲載求人情報の中で、自分が想定していなかった業種の情報を目にすることで、意外な目標変更が成功につながる場合もあります。

若いうちは経験や知識も少なく、どうしても希望条件を限定してしまうことも多くなります。そんなときこそ、求人サイトへの登録で多くの情報を得られることが大事になるのです。

求人サイトを利用することにより、登録者のみに公開される求人情報を得られる場合もあるかもしれません。また、希望の職種のスカウト案件の話が舞い込むこともあるでしょう。

このようなサービスは無料のところも多いですが、ときには有料のところもありますので、よく見極めて登録・利用するとよいと思います。

上手に利用できれば、自分が求職しているという状態を海外の求人マーケットに出すということが、就活を成功させるために本当に重要であることがわかります。

ですから、是非いくつものサイトでそれぞれが提供するサービスを確認し、登録してみて下さい。疲れる作業かもしれませんが、そこから第一歩が始まるといえるでしょう。

筆者が登録してみたことのある、海外就職の情報が比較的充実しているサイトをここにご紹介してみます。

是非一度、目を通してみてはいかがでしょうか。

リクナビNEXT:next.rikunabi.com

ビズリーチ:www.bizreach.biz/

カモメ中国転職+アジア:kamome.cn

Daijob.com:daijob.com

DODAグローバル:doda.jp/global

JAC:jac-recruitment.jp

スカウトもある海外求人サイトGuanxi(グアンシー):guanxi-japan.com

中でも特におすすめしたいのは、海外専門に求人を扱っているサイトで、非常に役に立ち、筆者自身もフル活用させていただきました。

筆者は利用しませんでしたが、サイトによっては、履歴書(もちろん英文)を作成してくれるサービスもあり、至れり尽くせりといった状態ですが、この書類作成代行に限っては利用する際に少し気をつけなければなりません。

先方に提出する書類は、相手方が何度も見直すことができる自分の分身ですので、その内容に注意しなければならないのは当然のことです。

それを代行サービスで作成してもらうということは、本当に自分の訴えたいこと、自分に関する情報を正しく的確に代行業者に伝え、書類ができあがった後もよく点検しなければ、かえって逆効果になってしまいます。

自分が面接でアピールしたい部分と書類上に記載されていることが一致していないなどということは絶対にあってはいけません。そのようなことが就活の失敗を招きますので、筆者の書類は、自らコツコツと書いては提出を数社くり返した記憶があります。

もし、行き先の国やエリアを自分の中で限定しているのならば、国ごとの転職サイトを探して利用してみるのもありです。それぞれの国を専門とする求人サイトに登録しリサーチをしてみましょう。

関連:失敗しない、海外で働きたい時に海外求人を見極める3つのポイント

海外転職エージェントを利用する

海外求人サイトの他に有効な方法として、海外転職エージェントを利用するというものがあります。

海外求人サイトと海外転職エージェントの違いは?

求人サイトも転職エージェントも、求人を紹介してくれるサイトですが、大きな違いがあります。

まずは求人の探し方です。

海外求人サイトの場合は、原則として自分自身で求人をリサーチします。

一方、海外転職エージェントの場合は、転職希望者に担当者(キャリアコンサルタント)が付いてくれます。その担当者が転職希望者の代わりに、その人のスキルや経験、希望にあった求人を探して紹介してくれるのです。

また海外転職エージェントには、求人サイトには出ていない非公開求人の情報がある場合もあります。

次にサポート面です。

求人サイトの場合は、応募・面接日の設定など、すべてを本人が行います。転職エージェントの場合は、そのような対応をすべて担当者が行ってくれます。

そのような違いや、それぞれのメリットを理解したうえで、賢く使い分けていくことが成功へのステップです。

海外転職エージェントの利用方法

転職エージェントの利用を決めた場合は、出来れば1社ではなく複数の海外転職エージェントに登録しましょう。

親身に相談にのり、代わりに探してくれると言っても、相手もビジネスです。

他の転職エージェントに登録しているならライバル会社に負けないようにと、良い条件の求人を探してくれますし、内定後のサポートも手厚く行い、交渉も熱心に行ってくれる場合が多いのです。

複数の転職エージェントに登録している場合、言いづらいかもしれませんが正直に伝えることは鉄則です。

実際、そのようにしている転職希望者は多くいらっしゃるので、心配しなくて大丈夫ですよ。

また、キャリアコンサルタントの仕事は求人の紹介だけではありません。業界や企業ごとの特徴、求められる人材などをよくわかっています。

面接で聞かれそうなこと、どのように答えると望ましいかなどの相談にも対応してくれます。面接の前にはキャリアコンサルタントと共にしっかり準備し、出来るだけ多くの内定をもらえるようにしましょう。

関連:海外へのスピード転職を成功に導く、海外転職サイト利用のコツ

海外就職説明会や相談会などに足を運ぶ

説明会

20代からの海外就職や転職、あるいはインターンの希望者が年々増加している昨今、そのようなニーズにこたえるようなセミナーイベントも多くなってきています。

そのような場にも足を運んでみましょう。そこには同じような志をもった人々が集まるので、自分が知らなかった多くの役立つ情報を得られることもあるはずです。

また、海外勤務のプロの方や、海外就職に関わる人材会社の方々と接することもできるかもしれません。

やはり、実際に会って話を聞いたりできることの価値は、ネット上の情報よりも勝ると思いますので、是非ともそのような場に参加してみて下さい。

特に、先ほどご紹介した就職情報サイトが開催するようなイベントはおすすめです。

主催者は、海外就職、転職に携わるプロですから、相談会などを利用することにより、海外で働くということへの認識がより現実的に深まることと思います。

FacebookやTwitterを海外就職、転職に利用する

SNS

海外就職や転職活動のためのリサーチに、FacebookやTwitterを使うということもできます。

普段、FacebookやTwitterを活用されていればわかるかと思いますが、共通の興味がある事柄に関する新しい情報を交換し合うことが可能です。

検索から、海外で働くことや海外就職の活動に関連するキーワードを入れてみると、グループや関連するページなどから発信されている情報を集めることができるのです。

細かなリサーチこそが成功への第一歩となります。

とにかく、面倒くさがらずにいろいろな角度から海外就職や転職の糸口を探ることが大切です。

現地に足を運んでみる

現地へ行く

自分の目標を定め、希望の条件を見極め、インターネットやイベントでの情報収集もだいぶ進み、それでも何か決め手に欠けるような感覚に襲われることもあるかもしれません。

行きたい国やエリアが決まっている前提でのことですが、現地を一度訪問してみることも重要だと思います。

もちろん、自分が働く地としての選択肢としてその場所を上げている時点で、以前すでに訪問したことがある場合が多いかもしれませんが、リサーチを重ねてからの自分が見る現地はまた違って見えるのではないでしょうか?

観光での訪問の経験しかないのなら尚の事、現地を一度訪問し、日本人の労働事情、生活事情、住居、通勤や休日の過ごし方まで、自分の目で見て肌で感じてくることが大切です。

日本人がよく利用するスーパーや飲食店などに足を運ぶと、現地でしか手に入らない日系人情報誌なども得ることができます。

また、在留日本人が多い都市では、日本人クラブや現地の転職エージェントもあり、直接出向いて話を聞く機会などがあれば、日本にいて知ることができる情報以上の内容があることでしょう。

納得して満足のできる仕事に就くことができ、充実した日々を送れることこそが、成功と言えます。是非、現地を訪れ、本気のリサーチをしてみることをおすすめします。

関連:海外就職する前に注目すべき「労働契約と職場環境」の4つのポイント

書類審査後の面接

晴れて面接が決まったら、面接の準備をお忘れなく。海外の面接で重視されるポイントは、日本の面接のそれとは大きく異なる場合が少なくありません。

まず、日本人特有の奥ゆかしさや謙虚さは忘れ、自分のアピールポイントをこれでもかと並べましょう。

一見マイナスにとらえがちなことも、積極的な要素として話す視点が求められます。

自分の能力、経験などをどのように効果的にアピールできるか、しっかりと考えてから臨むことが重要です。

また、自分がその企業にいかに大切な人材となりえるかをアピールすることも大切です。自分の経験やスキルが、その企業の発展にどんな良い影響を与えうるかを訴えましょう。

また、今の会社をいつ辞める予定か、いつから勤務できるかについても質問されるはずです。具体的に決まっていないとしても、大まかな日付は先方に伝えられると良いでしょう。

要注意な質問が「なぜ今の会社を辞め、転職を考えているのか」というもの。今の会社への不平・不満があったとしてもここはぐっとこらえ、「スキルアップのため」とか「可能性を試してみたい」など、ポジティブに答えるようにしましょう。

採用が決まったら

採用が決まったら、実はそこからが本番と言っても過言ではありません。まず、今の会社に退職する旨を伝え、引継ぎをしっかり行いましょう。

また採用が下りたら、まずは就労ビザの申請をします。海外で働く場合、就労ビザの取得は絶対です。企業側が全面的にサポートしてくれる場合もありますし、自分ですべての申請を行わなければいけないこともあります。

思った以上に取得に時間がかかることもあるので、早めに始めるのが良いでしょう。

また、新たな土地での家の契約準備を事前に始めておくのも賢明です。これも社宅を準備してくれる会社もあれば、自分で探す場合もあります。

関連:海外求人でチェックすべき「福利厚生」の3つのポイント

自分で探す場合は、日本人向けの不動産会社のサイトに登録しておくと、条件に合った部屋を紹介してくれるところもあります。

忘れがちな点ですが、住民票、年金、銀行などの手続きは、基本的に平日しか行っていません。平日に時間がとれるように、しっかりプランニングしましょう。

関連:海外就職したいあなたに必見!海外滞在中の住民票と住民税ってどうなるの?

まとめ

いかがでしたか?

今回は初めての海外就職する方法をご紹介してきました。

海外就職では、残念ながら落ちてしまう企業や選考途中で辞退してしまう企業も当然出てくるはずです。しかし、自分の目標、譲れない条件などを明白にしておくことが最重要であることは間違いありません。

前職を続けながら本格的に転職活動に入る場合は、それが海外、国内に関わらず、だらだらと時間をかけることは得策とはいえません。

休暇をとる必要が出てきたり、準備に時間を取られることもあり、職場の方々にも迷惑がかからないよう根回しすることも忘れてはいけません。

自分で決めた目標に向かい、強い精神力で、周囲への気遣いもうまくやり抜いてこそ、海外就職、転職の成功が待っているのです。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外勤務に挑戦!海外で働くメリットとは

海外で働きたい時に海外求人を見極める7つのポイント

海外就職したい方必見!海外滞在中の住民票と住民税ってどうなるの?

海外就職や転職、海外で働くために役立つ資格まとめ

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための18の能力

どんな人が海外での暮らしを楽しむことができる?海外に適した人の8つの特徴

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 在宅ワーク
  2. 節約
  3. 賃貸契約
  4. EUの運転免許
  5. オーストラリアの小学校
  6. クリスマス

おすすめ記事

  1. ベトナム人の二人乗り
  2. 契約
  3. ベトナム挨拶は大事!シンチャオ
  4. ニュージーランドの銀行口座開設
ページ上部へ戻る