海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

カトマンズの観光ならここ!ネパールの首都でゾウに乗れるネパール中央動物園とは

  • 公開日:
  • 更新日:
カトマンズの中央動物園

ネパールでもゾウに乗れます。ネパール中央動物園でゾウ体験はいかがでしょうか?普段は蜜だけのゾウに乗るだけで、「ネパールに来た」というのを実感できます。

今回はゾウに気軽に乗れるネパール中央動物園をご紹介します。

ネパール中央動物園とは

ネパール中央動物園は、首都カトマンズに近いパタン北部にあるネパールで唯一の動物園です。

始まりは1932年、ネパールの首相ジュッダ・シャムシェル・ジャンが・バハドゥール・ラナの私設動物園として設立し、1956年、ネパール政府により一般公開が始められました。

ネパールの古都であるパタンには、パタン・ダルバール広場などの世界遺産もあり、芸術的な都市として人気が高く、観光客も多く訪れます。そのため、パタンの街にはベーカリーやお土産屋さんなど、観光客や外国人が喜ぶお店もたくさんあります

動物園では外国人も見かけますが、地元のネパール人のレジャースポット、デートスポットにもなっています。

特にネパール中央動物園ではゾウに乗ることもできるので、時間や都合によってチトワンなどの国立公園まで行けない方などにはおすすめです。

ネパール中央動物園の入場料とエレファントライドの料金

ネパール中央動物園では、まず入場料を支払い中に入ります。ここでびっくりするのが、外国人は別料金だということです。ネパール人だと、大人一人150Rs(約153円)なのに対して、外国人は750Rs(約767円)です。

料金表

600Rs(約613円)も値段が違うのかと、あまりの差に驚いたのと共に、なんだか笑えてきてしまいました。

また、エレファント・ライドはネパール人だと200Rs(約204円)、外国人だと750Rs(約767円)でした。

料金表

不公平な気もしますが、男の人の平均の月給が10,000Rs(約10,225円)ほどのネパールにとって、外国人からの観光収入で利益を得るのは普通のことのようです。そう思うと少し納得できるような……。

ネパール中央動物園のエレファント・ライド

日本では動物園で、ゾウに触ったり、乗ったりできる機会もなかなかありません。そして、日本でエレファント・ライドをするとなるともっと値段がかかります。ということで、ぜひネパールでエレファント・ライドに挑戦してみてください!

エレファント・ライドは、動物園の一角をゆらりゆらりと散歩してくれます。10分ほどの短い時間ですが旅の素敵な思い出ができるはずです。

私事ですが、チトワン国立公園に行ったときは、1時間ほどエレファント・ライドを楽しんだのですが、思ったよりも揺れるので、車酔いならぬゾウ酔いになってしまいました。なので、車酔いする方は動物園でのエレファント・ライドがおすすめです。

ネパール中央動物園の見どころ

クマ

ネパールの動物園は、日本の動物園に比べるとそんなに整備されているわけではありません。動物の数もそれほど多くはないのですが、整備されていないからこそなぜか面白いのです。設備は自然に近く、草むらで動物を見かけたような気分になります。

娯楽があまりないネパールだからこそ、自然や動物を見て心打たれたり、楽しく感じたりもします。近くにいるネパール人の反応もとっても純粋で、つられて楽しくなってきます。

そんなしょうもないけれど楽しいネパールの動物園。気になった方は是非のぞいてみてください。

ネパール中央動物園の楽しみ方

鳥

ネパールの動物園の見どころはエレファント・ライドと、まとまりがないところです。

決まり切っていないからこそなぜか面白く、「こうあるべきだ」という日本人の固定概念の予想が外れるとなんだか笑えてきたりします。

例えば同じブースにシカばっかりが並んでいたり、モルモットがたくさんいると思ったら、実はヘビの餌用だったりします…。

動物園の中には、アヒルボートなどもあり、気が向かないながらも乗ってみると、本気で楽しんでいるネパール人につられてこちらも楽しくなってくるかもしれません。

動物園の真ん中には休憩所もあるので、スナックや飲み物を持って友人と共に寛ぐのも一つの楽しみ方です。

基本情報

  • 名称:ネパール中央動物園(central zoo)
  • 住所:パタン44700
  • 営業終了時間:17:00
  • ウェブサイト:http://www.centralzoo.info/

まとめ

ネパールのカトマンズから近いパタンにあるネパール中央動物園(セントラルズー)は、決まりきらない面白さがある動物園です。

日本の整備された動物園を思い浮かべて「しょぼい」と思う方もおられるかもしれませんが、しょぼいからこそ自然で面白いということもあるのです。

エレファント・ライドは日本ではなかなか体験できないので、チトワン国立公園まで足が延ばせない方などには、旅の思い出におすすめです。

突っ込みどころ満載のネパールの動物園にぜひ足を運んでみてくださいね!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
ボーリー

ボーリー

投稿者プロフィール

ネパールの人の良さに惹かれ住み続けて5年目。タイムスリップしたような生活とゆっくり流れる時間を楽しんでいます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る