Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

健康に良いというので24時間断食をやってみた

健康に良いというので24時間断食をやってみた

食欲の秋ですね。食べ物が美味しくついつい食べ過ぎてしまうのがこの季節です。 たまたま、知人から24時間断食すると、「胃腸の調子が良くなるよ」との情報をいただきましたので、試しにやってみました。

最近、お腹がポッコリでてきたところだったので、藁にもすがる思いです。 ちなみに内臓脂肪の多い人の方が、動脈硬化とか心臓病とか脳卒中になる確立が高まるとデータもあります。

やり方

やり方はシンプルで、24時間なにも食べません(水は飲んでもOK)。当たり前の話ですが、胃や腸を休ませることが目的ですので、何も食べてはいけません。

いたってシンプルなのですが、慣れないときついです。心を鬼にして、何も食べないようにしましょう。

まずは試しにやってみましょう。はじめは慣れないと思いますが、何回かやっているうちに慣れてきます。できれば2週間〜1ヶ月に一回は胃腸を休ませてあげるといいと思います。

目的

内蔵を元気にする。とりあえず、健康になることを目的にします。

現代人の1日3食は食べ過ぎと言われていることを知っていましたか?一昔前は栄養のあるものが少なかった時代のため4食食べて栄養を取ることが大切でした。

しかし、現代は、1日2食でも十分に1日の必要な栄養をとることができます。

そこで断食をすることにより、ふだん酷使している内臓を休ませ、体を元気にさせます。実は、食事をすると思った以上に、内臓に負担がかかっているのです。
 
ご飯(昼食や夕食)を食べ終わった後に、「なんか疲れたな〜」という経験がある「あなた」にこそ試してもらいたいのです。

断食の3つの効果

断食と聞くとイメージ的にヒンドゥー教か何かかと思われるかもしれませんが、ただの健康法です。スポーツのあとに体を休ませたりしますよね。しかし、食事をしたら体は休まるどころか余計疲労してしまいます。

なので、体を休めるのと同様に適度に内臓も休ませることが大事です。

 

デトックス効果

ひとつ目の効果はデトックス効果です。

24時間何もお腹に入れないことで、前日までに蓄積された老廃物が対外へ排出されやすくなります。 人間の消化は早いものではなく、本来ゆっくりとしたものです。

日々蓄えられていく老廃物をこの24時間断食で対外への排出を加速させます。私は肌がかなりキレイになりました。

空腹感がクリエイティブな発想を生む

想力が普段よりも豊かになります。

満腹感で眠いな〜と思いながら仕事をするよりも良いかもしれないですね。はじめは「お腹空いたな」と思うかもしれませんが、慣れれば意外といけるものです。

頭もスッキリした状態になるので、確かに良いかもしれません。ご飯をダラダラ食べないので、普段より有効活用できる時間が増えました。

 

体力向上!意外と疲れにくくなる

実は体力が向上すると言われています。内臓の消化器官で使われるエネルギーは実は膨大で、ご飯を食べることで内臓に負荷をかけています。

24時間断食することで、内臓を適度に休ませることができ、その余ったエネルギーを他の活動に使うことができます。そのため疲れにくくなります。

最近疲れやすくなったと感じたら、一食抜いてみるだけでも効果あるかもしれません。

でも夜はやっぱりお腹が空く

ふだんからガッツリと夕食を食べてる私にとって、一番の苦痛な時間が夕食の時間帯です。いつもなら19時頃から夕食を食べはじめるのですが、本日は心を鬼にして我慢しました。

お腹が空いたら、水を飲んで、早めに就寝するのが吉です。無理して起きてると、余計にお腹が空きますよ!

昼飯を食べてからの断食がおすすめ

朝朝から断食するのも良いかもしれませんが、オススメは昼ご飯を食べてから開始する断食です。 お昼ご飯をしっかり食べれば、夜はそんなにお腹が空かないはずです。(私はお腹が空きましたが)

昼から断食を始め、夜は早めに寝る、そして朝起きたら、お昼はすぐそこまできてますので、意外と24時間断食は楽勝です。 朝から断食すると夕方ぐらいから苦痛になると思います。 断食は苦痛になりながらやるものではなく、「意外と楽勝じゃん」ぐらいの感じでやるのがいいですね。

低血糖を防ぐ方法は?

断食の経験者の声で時折聞かれるのが、「断食中に低血糖になった」「ふらつきやのぼせを感じた」というもの。断食中は、体内の糖分から消費されていくので、軽い低血糖の発作が起きることもあるのです。

そんな時は、生姜湯を飲んで低血糖対策をしましょう。シンプルにすりおろした生姜にお湯を加えるだけでもOKです。辛すぎて飲めない!という方には、蜂蜜を加えるのもおすすめです。

蜂蜜生姜湯の作り方

  • すりおろした生姜:小さじ1~2
  • 蜂蜜:大さじ1
  • お湯:150㏄~

生姜と蜂蜜をカップに入れ、お湯を注いでよくかき混ぜれば完成です。お好みでレモン汁を加えると、蜂蜜レモンのようになり、飲みやすくなりますよ。実は、蜂蜜生姜湯を超えるおすすめドリンクがあるんです!

それは……黒糖生姜湯

黒糖は断食によって消費された糖分を補い、ミネラルやビタミンが老廃物の排出を促してくれる効果を期待できる、断食の心強い味方なんです。

黒糖生姜湯の作り方

  • すりおろした生姜:小さじ1~2
  • 黒糖:小さじ1~2
  • お湯:150㏄

こちらも、すべての材料をカップに入れ、よくかき混ぜればOKです。飲みにくいと感じる時は、黒糖生姜紅茶にしても大丈夫ですよ。

回復食で徐々に慣らしていく

断食と同じ日数をかけて

断食終了後は、すぐに通常食に戻すのではなく、回復食をいただきましょう。基本的に、断食をしたのと同じ日数をかけて回復食をいただくのが良いとされています。

つまり今回の場合は24時間断食ですので、回復食もその後の24時間いただく、ということです。胃腸に負担をかけないため、またリバウンドを防ぐためにも、少しの量からはじめて、徐々に増やしていきましょう。

消化しやすいものを

断食直後の胃腸は空っぽになっていて、通常と同じ食事内容ではびっくりし、胃もたれを起こしてしまいます。消化しやすいものを食べるように心がけましょう。

具体的には、お粥やそば、そうめんなどの柔らかいものがおすすめです。ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富な野菜をコトコト柔らかく煮るのもOK。不足しがちなタンパク質を補うため、豆類もいただきましょう。

逆に、魚や肉、揚げ物、乳製品などの消化がしにくいものは避けるようにしてください。濃い味付けは、内臓に刺激となり負担をかけてしまうので、いつもよりも薄味にすることを心がけましょう。

よく噛んで

お腹が空いているので、夢中で食べたくなってしまいますが、それもNG。消化しやすくするため、一口30回噛むことを目標に、よく噛んでいただきましょう。

アルコールは我慢

断食が終わると、達成感からお酒を飲みたくなる気持ちはとてもよく分かります。しかし、断食直後の胃は空っぽ。その状態でアルコールを摂取すると、胃腸に負担をかけますし、酔いやすくなってしまいます。

お酒をいただくのは、回復食が完全に終了するまで我慢してくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

現代人は1日3食が基本とされていますが、実は食べ過ぎで本来は1日2食がベストなんだとか。 内蔵の酷使は老化も早めますので、適度なタイミングで断食を行い内蔵を休ませ、元気にすることが健康な生活の第一歩。

試しに24時間断食はいかがでしょうか。変なダイエットするより効果がアリです。 24時間がきつい人は12時間断食から試してみましょう!

あわせて読みたい

  1. 女性トイレなのに便座が上がっている香港、その理由とは?香港の不思議な衛生観念
  2. リラックス間違し!フィリピン・セブ島でマッサージをしながら過ごす大人女子の休日
  3. おしゃれ女子必見!バンコクのおすすめカフェ10選

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

ページ上部へ戻る