ポーランドってどんな国?行く前に知っておきたい7つのこと

カトリック教会

みなさんはポーランドという国をご存知ですか?

日本でポーランドというと、よく「えっどこそれ、ポルトガル??」なんて言われたりもしますが、実はポーランド、ドイツの東側に位置するEUでも上位の国土面積を有するれっきとした国なんです。

ポーランドといえば共産主義、という感じで暗いイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、首都ワルシャワ、古都のクラクフなど美しい都市をいくつも持つ非常にこれからが楽しみな国の一つといわれています。

今日はポーランド初心者の方に少しでもポーランドについて知っていほしい7つのことをご紹介したいと思います。

ポーランドは国民大半が敬虔な信者であるカトリック大国

カトリック教会

ポーランドの国教はキリスト教のローマ・カトリック。しかも国民の92.6%がカトリック信仰でありなおかつそのうち75%が非常に敬虔な信者であると言われるほど宗教と密接な関係を持っている国です。

日曜日になると教会の鐘が美しく響き、人々が町中の教会に歩いていく光景を未だに見ることができる珍しい国です。

日本からの訪れる方にはあんまりそんなこと関係ないよ!という方も多いかもしれません。けれどもキリスト教なんて興味ない、という方にも是非足を運んでいただきたいのが教会なんです。

ミサの時間以外は自由に見学できる教会も多く、カトリックならではの豪華な教会を見ることができます。多くの人が訪れるワルシャワの旧市街には10個、クラクフの旧市街には17個もの教会があるそうです。

歴史好きにはたまらない、波乱万丈のポーランド国史

アウシュビッツ強制収容所

ポーランドといえばその歴史。

なんと2度も国が消滅するという悲劇の歴史を持っており、そのほかにもナチスドイツで悪名名高いアウシュビッツ強制収容所があった国としても知られています。

歴史好きにはたまらない国ですね。

一回目の国家消滅は1795年、当時隣接していたロシア、プロシア、そしてオーストリアの3国に分割されポーランドは消滅。独立を回復できたのは第1次世界対戦後の1918年でした。

二回目の悲劇は第2次世界大戦中。ナチスドイツとソ連によってまたまた分割されてしまうのです。その後終戦を経て独立を再び果たしますが、ソ連下の共産圏に組み込まれ1989年まで社会主義政権が実権を握っていました。

アウシュビッツ強制収容所が建てられたのは第2次世界大戦中ですね。アウシュビッツは古都クラクフからツアーやバスで1時間半ほどととてもアクセスの良いロケーションも伴って現在は観光名所になっています。

EUなのに?物価の安いポーランド

ポーランドの物価

ポーランドはEU加盟国。けれどユーロは導入していません。理由は物価が日本と比べてとっても安いから。ユーロ導入するには物価が追いついていないのです。

ではどれくらい安いのでしょう?

例えばオブヴァジェニックというクラクフの町の名物、街角に売ってるプレッツェルのようなパンは1.6zl(約45円)です。

1個でかなりお腹がいっぱいになる大きさです。現地に住んでみて感じる物価は日本の1/3程度でしょうか?ちゃんとしたレストランで食事をしても1人1200円程度で済んでしまうこともありえます。

物価の面から見れば、ポーランドは住むのにも、旅行するのにも適した国と言えますね。

とても日本大好き、親日国のポーランド

ポーランドはとっても親日国。

こちらに3年住んでいますが、嫌な思いは一度もしたことがありません!むしろ日本人とわかるとみんなとってもフレンドリーに接してくれます。

クラクフにはその名もマンガミュージアム、という美術館もあり、日本のカルチャーセンターのような感じで日本に関する催し物がたくさん開催されていますし、ワルシャワでは毎年日本祭りも開催されていて大盛況なんですよ。

各地の日本語学校の数も年々増えており、大都市の学校では生徒数が200名を超える学校も!日本人としては嬉しい限りですね。

音楽が盛んなポーランド

音楽

日本では知らない人はいないのでは、というほど有名な音楽家ショパン。

フランス人だと思っている方も多いと聞きましたが、彼、実はれっきとしたポーランド人なんです。

首都ワルシャワから西に約50kmほど行ったところの町で生まれたショパン、ポーランド各地の民族音楽に触れながらポロネーゼやマズルカに親しんだと言われています。

ショパンの心臓は、現在ワルシャワの聖十字架教会に飾られています。

また、同じくワルシャワのワジンキ公園では、毎年夏になると毎週日曜日に、ショパンのピアノ曲の野外コンサートが無料で開かれるなど、まだまだポーランドにおけるショパンの影響は大きいですね!

夜でも安心、ポーランドは治安が良い

ポーランドの良いところをあげる際に忘れてはいけないのがその治安の良さ!ポーランドの犯罪率はヨーロッパの中でも低く、治安は全体的にとても良好であると言えると思います。

3年住んでいて怖いと思ったことは一度もありませんし、そういう話を聞いたこともありません。

日本人が滞在したり、観光で泊まるようなホテル周辺、旧市街などは夜でも街灯で明るく、女性の一人歩きも注意を怠らない限り大丈夫だ、と言えると思います。

ただ、ときたま出没する酔っ払いにはご注意を!

日本人好みの味、ポーランド料理

ポーランド料理

7つのポイント最後の項目はズバリ、食。生活する上で食生活は外せないポイントですよね。

ポーランドの料理は日本人好みのものがとっても多いと思います。

例えば、伝統的なポーランド料理であるピエロギ。皮の分厚い餃子ような味で、中身は定番のお肉から、ジャガイモ、チーズ、野菜のみ、変り種はブルーベリージャムなど。

どれも優しい味です。

ほかにも日本のとんかつを薄くしたものにそっくりなカツレツなど。ポーランドに行けばお気に入りの料理が見つかること間違いなしです。

まとめ

いかがでしたか?

ポーランドのイメージが少しでも頭に浮かんだでしょうか?

日本から遠いイメージのあるヨーロッパのさらに馴染みのない国….と思われがちなポーランドですが、とっても魅力がいっぱいの尚且つ治安的にも物価的にも滞在しやすい国なので是非一人でも多くの方に足を運んでもらえたらな、と思います。

さらに、昨年までは直行便がなく、ドイツやドバイなどでも乗り換えが必須だった空の便も、2016年1月にポーランド航空から念願の直行便ができたことによってさらに身近な国になりつつあるのではないかと思います!

海外求人

【採用担当者の方へ】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. リヨンの交通機関
  2. ヤンゴン動物園
  3. ドイツのビザ
  4. 青島54広場
  5. 葡萄
  6. イギリス

おすすめ記事

  1. 飲茶
  2. タイのお土産の歯磨き粉「デンティス」
  3. ベトナム・ハロン湾の夕日
  4. 時間にルーズ
  5. タイでの転職活動
ページ上部へ戻る