海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

海外で暮らすには?海外移住する5つの方法とメリット・デメリット

  • 公開日:
車

「海外に移住したい」という気持ちはあるけれど、実際に移住するためにはどうすればいいのだろう?そのような悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では「海外移住する5つの方法」をテーマに、海外で生活するためにはどういった方法があるのかを解説していきます。

それぞれのメリットやデメリットも紹介していくので、夢の海外移住を現実にするための参考にしてみてくださいね!

海外移住する方法1・現地の学校で学ぶ

勉強

現地の学校に正規の学生として入学する

海外に住む方法の1つに、海外の学校に正規の学生として入学するという方法が挙げられます。

たとえば海外の大学を受験し、晴れて入学すると、その大学で学ぶための学生ビザが取得できます。卒業までの年数は国によって異なりますが、一般的には3~4年程度が多いでしょう。

しかし、海外の大学は日本よりも卒業の要件が厳しいところが多く、入学したからといって必ずしも卒業できるとは限りません。中には単位を落として進級できずに、大学に何年も通ったという人も。

また、大学でなくても、専門学校や職業学校に行くという方法もあるでしょう。

現地の学校に留学する

正規の学生として入学する方法のほかにも、留学生として海外に滞在するという方法もあります。

留学には短期留学(数か月程度)や長期留学(1年か2年程度)があります。期限はあるものの、「本格的な移住前に現地を見ておきたい」「自分に海外移住が本当に向いているか確かめたい」という方にはぴったりでしょう。

留学する場合も学生ビザが発行され、取得の手続きを一緒に行ってくれる学校が多いので安心です。

メリット

  • 学生ビザが取得できる
  • 留学の場合、語学力は必須ではない
  • 語学力が身に着く
  • 学校に通いつつ、現地で就職活動ができる

以上の理由から、海外の学校で学ぶという方法は移住実現までのハードルが比較的低いといえるでしょう。

デメリット

現地の学校で学ぶには期間が決まっているので、「その国に永住したい」と思っている方にとっては残念ながら向かないかもしれません

その他にも以下のようなデメリットがあります。

  • 授業料や滞在費などの費用がかかる
  • 学生ビザの期限が過ぎると帰国しなくてはいけない
  • 学生ビザでは就労を禁止している国があるので、働けない場合がある
  • 正規の学生の場合、卒業できるという保証はない

海外移住する方法2・現地で働く~企業に就職する~

会議室

次に紹介するのは、海外の企業に就職して働くという方法です。

現地の企業に採用してもらうことで、就労ビザが発行されます。必要な書類さえ企業に提出すれば、就労ビザは多くの場合企業側が用意してくれます。現地の人と同じように会社に通い、同じように仕事をすることで、海外移住を実現できるでしょう。

もしくは海外に支社のある日本企業に就職して、日本人社員として駐在するという方法もあります。海外で就職活動をする必要もないので、現在そのような企業で働いていて海外移住を目指している方にとっては、もっとも適した方法かもしれません。

メリット

  • 就労ビザが取得できる
  • 海外で暮らしながらお金が稼げる
  • 会社の同僚など、現地の人と親しくなりやすい

デメリット

現地で働くには、その国の言語で現地の社員とスムーズな意思疎通ができることが求められますが、中には「語学不問」の求人もあります。

しかし現地の人ではなく外国人を採用するには、高いスキルや実績など、その人でなくてはならない理由が必要です。

わざわざ就労ビザ発行などの手間をかけてまで「雇いたい」と思ってもらえる人材でないと、海外企業での就職は難易度が高いかもしれません。

海外企業での就職のデメリットをまとめると、以下のようになります。

  • スキルや実績を求められるためハードルが比較的高め
  • 語学力が必要な場合もある

海外移住する方法3・現地で働く~ワーキングホリデーやインターンシップをする~

働く女性

海外企業で社員として働くという方法以外にも、ワーキングホリデーやインターンシップなどの制度を利用して働くことも可能です。

これらのメリットは、高度なスキルや資格などを必要としないでしょう。ワーキングホリデーは30歳以下の人しかできませんが、それを除けば参加のハードルが低いと言えます。

しかし、ワーキングホリデーやインターンシップには期限が定められています。長くても1~2年しか滞在できないため、ビザが切れた後の対処法を考えておかなくてはいけません。

メリット

ワーキングホリデーやインターンシップをするにはある程度の語学力は必要ですが、ネイティブ並みにペラペラと話せなくても大丈夫です。

最初は日常会話程度の言語しか話せなかった人でも、数週間のインターンシップを通して語学スキルがぐんと向上したという例もあります。

まずはワーキングホリデーやインターンシップで語学力を伸ばしてから、本格的な就職活動に入るという方法もあるでしょう。

その他には以下のようなメリットがあります。

  • ワーキングホリデービザが取得できる
  • 語学力がそこまで必須ではない
  • 語学力が身に着く
  • 海外で暮らしながらお金が稼げる

デメリット

  • ビザの期限が過ぎると帰国しなくてはいけない(ワーキングホリデーは1~2年間、インターンシップは数週間~半年程度)
  • 給料が安いことが多い
  • ワーキングホリデーは30歳以下の人限定
  • ワーキングホリデーができるのは日本と協定を結んでいる国のみ(オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、台湾、香港、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、オーストリア)

海外移住する方法4・現地で働く~フリーランスとして働く~

パソコン

個人で自由に働くという選択肢

海外で働くには現地企業に就職したり、ワーキングホリデーやインターンシップで働いたりという方法もありますが、どの組織にも所属せずフリーランスとして働くというやり方も1つの手ではないでしょうか。

フリーランスとは、会社に雇用されることなく、個人として仕事を受注する働き方のこと。職種はエンジニアやデザイナー、ライター、カメラマン、翻訳者などさまざまです。

自宅をオフィスにして働けばいいので、パソコンやインターネット環境などさえ整えば、海外でだって仕事ができてしまいます。働く場所を選ばないというのが大きな強みです。

フリーランスの場合、ビザはどうするの?

フリーランスとして海外で働くためには、フリーランスビザを取得する必要があります。ただしフリーランスビザを発行してくれる国には限りがあるほか、面倒な手続きをすべて自分で行わなくてはいけないというデメリットもあります。

ビザの取得が大変そうであれば、ワーキングホリデーの傍らでフリーランスとして働くという選択肢もあるでしょう。その場合は期限付きですが、ワーキングホリデービザを取得できます。

一方、観光目的で入国して観光ビザの有効期限まで滞在し、期限が切れたら別の国に移る、という方法もあります。ビザの期限が切れても滞在し続けている場合、不法就労になってしまうので注意してください。

さまざまな国を転々とするという生き方も、視野が広がり面白いことでしょう。

メリット

  • 自由が多い
  • 働く場所や時間を選ばない
  • 海外で暮らしながらお金が稼げる

デメリット

  • 自力でビザを取得する必要がある
  • フリーランスビザが取得できない国も多い
  • 収入が不安定

海外移住する方法5・海外ボランティアに参加する

ボランティア

最後に紹介するのは、海外でボランティア活動に参加するという方法です。有名なものだとJICAの「青年海外協力隊」がありますが、ほかにも「国際ボランティアNGO NICE」や「一般社団法人CIEE」などでもボランティアができます。

青年海外協力隊では、隊員として原則2年間海外に赴任することになります。語学力は中学卒業程度(英検3級程度)の英語力でいいと言われており、求められるスキルは高くありません。

しかし発展途上国に派遣されること、派遣先によっては生活がハードになることなどから、生半可な気持ちで参加すると後悔してしまう可能性もあります

メリット

  • 青年海外協力隊の場合、費用がかからない(生活費が支給される)
  • 青年海外協力隊の場合、ビザなどの申請はJICAが行ってくれる
  • 語学力がそれほど高くなくていい
  • 語学力が身に着く

デメリット

  • 選考に合格しなくてはならない
  • 費用がかかる場合がある(青年海外協力隊はかからない)
  • ビザなどの申請に手間がかかる(青年海外協力隊はかからない)
  • 青年海外協力隊の場合、派遣先を選べない
  • 派遣先によってはハードな生活の場合もある

まとめ

海外で暮らすにはビザを取得しなければいけません。ビザを取るには煩雑な手続きが必要で、なかなか簡単にはいかないことでしょう。

さらに海外で住居を契約したり、仕事を探したり、銀行口座を開設したりと、移住のためのステップはまだたくさんあります

しかしそれらの難関さえクリアできれば、夢の海外移住を自分の手でつかみ取れるはず。

移住したい国が決まっている方はもちろん、「日本が合わないのでとにかく飛び出したい」という方も、移住に向けた具体的な一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

未経験から海外転職を進める時にやっておきたい「たった一つ」のこと

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

松本マユ

投稿者プロフィール

北海道出身。大学時代にドイツ語に惚れ込み、ドイツ南西部のトリーアに留学する。帰国後、食品系メーカーで広告ディレクション・役員秘書を経験。現在はフリーライターとして活動し、留学・海外旅行・ペットなどの記事を中心に執筆している。
趣味は海外旅行、ラーメン屋巡り、犬と遊ぶこと。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る