メルボルンでワーキングホリデー、オーストラリアは多国籍の友達ができる職場

メルボルン

オーストラリアでワーキングホリデー。今回ご紹介する渡辺さんは、ワーキングホリデイビザでメルボルンに滞在し、多国籍のバイト仲間と働いています。

仕事探しはどうやったのか、日本とオーストラリアの違いをどう感じているか、またオーストラリアで見つけた休日の過ごし方などもご紹介します。

海外就職者プロフィール

29歳(女性)

海外就職先:メルボルン(オーストラリア)

給料:月収25万円程度

海外の勤務先:レストラン(アルバイト)

オーストラリアでの求人の探し方

メルボルンで仕事を探すために直接お店に履歴書を配り歩いたり、情報サイトで探したりしました。1ヶ月位仕事を探していましたが、なかなか見つかりませんでした。

そこでホストマザーに相談したところ、ホストマザーが昔アルバイトしていたレストランにたまたま求人があるとのことで、紹介してもらい、レストランで仕事をすることになったのです。

関連:オーストラリアでの仕事の探し方マニュアル。足で探す仕事探しを実践してみよう!

多国籍の友達ができる職場

ワーキングホリデイビザでメルボルンに滞在していた為、物価の高いオーストラリアでの生活費を稼がねばなりませんでした。

また、海外で英語を使用して日本人以外と働く経験をしたかったんです。

オーナーがオーストラリア人だったので国で定められた最低賃金以上の時給で雇って貰えた点や、バイトメンバーが多国籍だったので色々な国籍の友達ができるという点が、大きな決め手になりました。

関連:憧れのメルボルンで働きたい!留学やワーホリで働ける仕事と給料

オーストラリアは自由でフランク

自分が客としてレストランへ行くときもそうですが、スタッフと客との関係がとてもフランクです。

バイトメンバーのオーストラリア人の男の子は、仕事中に初対面のお客さんのテーブルへ行き、空いている席に座って談笑していることもよくあります。

チップをもらう習慣があるので、お客さんを楽しませてたくさんチップを貰っていました。

接客方法や服装、メイク、ネイル、髪型も何もかもが自由で、働いていて楽しいです。

文化の違いを肌で感じられる

例えば、オーストラリアには、日本に比べてベジタリアンやビーガンの人がたくさんいます。オーストラリアに来るまで私の周りにそのような人たちはいなかったので、初めは驚きました。

ですが、彼らは何故自分がベジタリアンなのか、ビーガンなのか、自分の考えをハッキリと主張します。

どの考え方も人それぞれで、知ることが面白いです。これまで触れることのなかった考えや文化をたくさん知ることで、自分の考え方を広げることができますね。

日本人の真面目さを再確認

日本人が真面目なのはとてもいいことですが、バイトのメンバーは遅刻してくることが良くありました。

オーストラリアでは15分の遅刻は遅刻じゃないと周りは言い、誰も注意することはありませんでした。寝坊で来なかったスタッフにも同じです。

隣の店に遊びに行き、しばらく戻らないスタッフもいました。

自由さが良い点であり、悪い点だと思います。

オーストラリアの休日はのんびり過ごす

自然とカフェが多い地域に居たので、休みの日はカフェ巡りや公園でボーっとのんびり過ごすことも良くあります。

日本ではボーっと公園で過ごす事はなかったんですが、自然に癒されることの気持ち良さを知りました。

また、オーストラリア内で国内旅行に行くこともあります。

外国人だけと過ごさず、休みの日には日本人の友達と出かけて話を聞いてもらうことも、ストレス発散になっていると思います。

まとめ

いかがでしたか?

日本人の真面目さ、オーストラリア人の自由さ、どちらもそれぞれに良いところがあるようですね。

ベジタリアンやビーガンといった菜食主義を貫く人も、日本にはまだまだ少ないようです。そういった違いを感じられるのが、海外で働く一番のメリットかもしれません。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

海外就職や海外転職に成功した人がやっていた4つの事前リサーチとは?

20代から視野に入れたい海外就職の4つのメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. カンボジアで働くには
  2. オーストリア・ウィーンにへ行く前に知っておきたい3つのこと
  3. タイ
  4. St. Patrick’s Day
  5. スイス人
ページ上部へ戻る