海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

カナダが英語を学びたいワーホリ希望者に選ばれる理由とは?

  • 公開日:
  • 更新日:
カナダ

ワーキングホリデー(ワーホリ)制度を利用して海外渡航する目的は人それぞれです。海外で自分を変えたい!1年中サーフィンをしてみたい!外国人の友人をたくさん作りたい!と色々ある中で、多くの人が口にする目的、それは

「英語が話せるようになりたい!」

ということです。

英語圏でワーホリ滞在が可能な国にはオーストラリアやニュージーランドもありますが、英語力のアップを目指す人に特に人気があるのがカナダです。その理由とは一体何なのか、留学カウンセラーである私からご説明したいと思います。

カナダの英語の発音は美しい

英語

カナダでの留学、ワーキングホリデーを選ぶ人の多くが挙げる理由に、「カナダの英語はきれいだから」というのがあります。では、なぜカナダの英語はきれいと言われるのでしょうか?

その理由のひとつは音の聞きやすさです。カナダはアメリカ英語圏(後述)の国ですが、アメリカ人よりも英語の発音がきれいと言われ、アメリカのアナウンサーの多くがカナダ出身であったりします。

では、なぜ万人が聞きやすい英語を話せるのかと言うと、そこには歴史的な背景があります。

様々な国の影響を受けて聞きやすい英語に

バンクーバーを含むカナダの西側はかつてイギリス領でした。一方、トロントやモントリオールを含む東側はフランス領で、モントリオールは今でもフランス語が第一言語です。

隣国アメリカに加えて、イギリスやフランスなど多くの国の影響を受ける中、万人に受け入れられるように、ちょうど中間の聞きやすい英語になったと言われています。

カナダの英語は日本人に馴染みのあるアメリカ英語

世界で英語が話されている国はたくさんありますが、英語には大きく分けてアメリカ英語とイギリス英語があり、私たち日本人が義務教育で学んできたのはアメリカ英語です。そして前述したように、カナダで話されているのもアメリカ英語です。

アメリカ英語とイギリス英語には単語の違いがあります。例えば、アメリカ英語で中央を指す「Center」はイギリス英語では「Centre」、ガソリン「gasolin」は「petrol」、休暇「vacation」は「holiday」になります。

また、発音の違いもあり、イギリス英語を「なまってる?」と感じてしまう方もいるかもしれません。

アメリカ英語を使う目的があるならカナダで学ぶ価値あり

しかし、アメリカ英語とイギリス英語はどちらが正しいというものではありません。イギリスでもアメリカ英語は通じますし、逆にアメリカへ行ってもイギリス英語は通じます。

ただやはり、私たちにとってアメリカ英語の方が馴染みがあり、より安心感もあるのは事実です。特に、将来アメリカで仕事をしてみたいなどアメリカ英語を使用する明確な目的があるのであれば、カナダでアメリカ英語を勉強し続けると良いでしょう。

カナダにはバラエティー豊かな語学学校がある

カナダの語学学校の数は世界で最も多いと言われています。バンクーバーだけでも大小合わせると優に100以上はあり、カナダ全体では300を超えると言われています。

当然そこには競争原理も働くので、質の悪い学校は淘汰され、生き残るために特徴も豊富になっていきます。

スパルタから楽しさ重視まで、幅広い学校が混在

世界80ヶ国から1,000名規模の生徒を集めるワールドワイドさを売りにする学校があれば、English Only Policyを掲げて英語以外の言語を話すことを厳しく罰し、違反した生徒には最悪、退学命令を辞さない様な学校もあります。

通常、英語圏の語学学校の授業は週20~25時間程度ですが、スパルタを売りにしている学校では週30時間以上みっちり勉強できます。

そうかと思えば、先生と生徒が友達のように仲が良く、毎日イベント尽くしのフレンドリーな学校や、高い学費を設定し小規模できめ細かい授業を提供する学校、通常6~8段階くらいのレベルを17段階まで細かく分けている学校など、そのバラエティーの豊富さと質の高さは世界最高レベルと言えるかもしれません。

自分に合った学校を選べることが英語力を高める

きれいな発音のアメリカ英語を学べるというのはもちろんですが、どちらかと言えば、カナダには質が高く様々なタイプの語学学校があるために学びやすいと言った方が正しいかもしれません。

カナダからはアメリカが近い

アメリカ旅行へ行く

アメリカはカナダに隣接している国です。本当はアメリカにワーキングホリデーに行きたいけれど、ワーキングホリデー制度がないためカナダを選んだ、という方も多くいます。

つまり、アメリカに近いことがカナダの魅力の一つとも言えるわけですが、カナダからアメリカへは気軽に旅行に行けるのでしょうか?住んでいる都市にもよりますが、感覚的には東京から沖縄に遊びに行くくらいと思っていて良いです。

アメリカへ行くには

一般的には、カナダから飛行機または長距離バスでアメリカに行くことが多いです。

飛行機で行く

飛行機でアメリカに入る場合は、渡航の72時間以上前に電子渡航認証ESTAの取得が必要です。ESTAはアメリカ大使館のホームページから日本語でも簡単に申請できます。申請料は14ドル(約1,610円)です。

長距離バスで行く

長距離バスで移動する場合、ESTAは必要ないのですが、I-94Wという書類の提出と入国料6ドル(約690円)が必要です。

なお、長距離バスの場合、トロント-ニューヨーク間を最安値だとなんと1ドルで移動できる「メガバス」というバスがあります。チケット取得方法はシンプルに「早く予約する」「1ドルチケットが出ていたら即買う」だけです。

カナダからアメリカへ1ドルの旅に出かけるのも面白いかもしれません。

※この内容は2017年2月現在のものです(1USドル=約115円)。

カナダのワーキングホリデービザは比較的取りやすい

カナダのワーホリビザ申請

ワーキングホリデービザの発給は国により様々ですが、カナダのワーキングホリデービザは抽選制度になっています。つまり、抽選に漏れるとビザは発給されないのですが、実際には応募者のほとんどがビザを取得しています。

抽選制度には特徴があります。例えば、2019年度のカナダのワーキングホリデービザ発給定員は6,500名なのですが、何度かに分けて抽選が行われます。いつ抽選が行われるのか、1回の抽選で何名が当選するのかは、抽選日の5日前まで公表されません。

早めのエントリーが正解

これを踏まえた上で、当選確率を上げる方法があります。それは、単純に早くエントリーすることです。エントリーさえしてしまえば、抽選にはずれても自動で次の抽選に回されます。つまり、後からエントリーした人よりも多く抽選に参加できる仕組みになっているのです。

ただ、実際には6,500名もの枠があるため、申請の際の記載内容や提出書類にミスさえなければ、何度かはずれたとしても最終的には当選のお知らせがくる可能性が高いです。

ビザが取れるかどうか気をもまなくていい点も、ワーホリ先を選ぶ際の大きなポイントと言えますね。

まとめ~理想の環境で英語を身につけよう

ワーキングホリデー先として常に人気のカナダ。その理由は、住みやすさや自然の多い環境だけでなく、英語の美しさや勉強のしやすさにもあります。

上述したように、カナダでは自分に合う語学学校を探しやすく、卒業後の満足度も非常に高いという特徴があります。種類豊富な中から気に入った学校を選べるというのはうれしいですね。

あとは、やる気です。カナダでいい環境を手に入れたら、ぜひそのチャンスを生かし、きれいな英語を身につけて帰ってきてくださいね!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

カナダで働くには?カナダでの仕事の探し方

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
hiro

hiroライター

投稿者プロフィール

10数ヶ国の海外経験と留学カウンセラーとして約9年勤務しております。 うち半分は海外で現地カウンセラーをしておりました。私の経験が、何かのお役に立てると 嬉しいです。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る